ワンピース929話最新話ネタバレ!将軍オロチの姿ついに明らかに!

このページでは、2019年1月7日発売の週刊少年ジャンプ 2019年6・7合併号掲載の『ワンピース』最新話をご紹介します!

 

前話では、美人すぎる花魁、小紫が初登場し、オロチ城で開かれる宴に参上するところまでで話が終わっていました。

 

928話をまだ読んでいない方はこちらをチェック!!

 

サンジは言うまでもなく、世の男性すべてを魅了してしまうほどの美貌の持ち主である小紫と共に芸者に扮したロビンもオロチ城へ潜入!

 

ここから物語が加速していきそうです!

 

ネタバレ、感想をまとめましたので、ご覧ください♪

 

 

ワンピース929話『ワノ国将軍 黒炭オロチ』ネタバレ

 

場面はワノ国『花の都』からのスタート。

 

伝説の大工の棟梁、港友の下に戻ったフランキー。

 

フランキーが港友の下にいる理由は、港友がカイドウの屋敷「鬼ヶ島」を建てた男であるため、その屋敷図を手に入れたいからなのです。

 

が、今回発覚したのは、その重要な屋敷図を10年程前に質に入れてしまったということ!!

 

屋敷図を持っているからと、何週間も港友の下で働いていたフランキーはキレて大暴れ!

クビだ!!と言われ、速攻港友のところから去ったフランキーがまず向かったのは、港友が屋敷図を売ったという質屋です。

 

ここからフランキーの怒涛の屋敷図探しがスタート!

 

質屋に売られたのは10年前ですが、屋敷図が売られることは珍しいため、質屋の主人が売った相手を覚えていました!

質屋の主人に聞き、屋敷図を買ったという長屋のクマ五郎のところへ。

 

ところが、クマ五郎は、店賃滞納の代償で、屋敷図を大家の幸ベエに持って行かれたと言います。

 

幸ベエさんは、その屋敷図をお気に入りの芸者、きせ川へ、きせ川は鍋敷きに使用していたが、時ジローに渡し、時ジローはらくだに持って行かれたと・・・

 

屋敷図、大人気すぎませんか(笑)

 

そして、らくだは顔を隠した謎の男に屋敷図を奪われたと話します。

 

更に、その男が『九里』から来たという情報もゲットしました。

 

 

フランキーは、『九里』のある廃村にいる錦えもんへこの旨を連絡します。

 

錦えもんの指示により、フランキーはそのまま都で他の任務を手伝うことに。

 

一方錦えもんは、カイドウの屋敷図を奪った九里の男に心当たりがあるようです。

 

そんな錦えもんのもとへは、食糧、武器が次々と集まります!

 

カイドウの手下たちは気付き始めているようですが、盗むを働いてきた先々には「頭山盗賊団参上 酒天丸」と書いた札を残してきています。

 

良いのか、それ(笑)

この札が今後どんな威力を発揮してくれるのか楽しみです(笑)

 

 

ここで場面は再びワノ国へ。

 

『希美』跡地を歩くゾロ。

そして、太鼓持ちのトの康、通称ヤス。

 

賭博場で大勝ちし、更には狂死郎一家の三下をいとも簡単に倒したゾロを完全にリスペクトしています。

 

そんなゾロたちがついたのは、ヤスの住む町、『えびす町』。

 

その奥には『花の都』も見えています。

 

ゾロは一度『えびす町』に立ち寄ることが予測されますが、その後どうなるのでしょうか^^

 

 

さて、そしてついに場面は『花の都』オロチ城。

 

そこではワノ国将軍のオロチと、世界政府であるCP0が取引を行おうとしています。

 

ルフィ達により、今までドフラミンゴを介して、ワノ国から武器を調達していた世界政府ですが、ドフラミンゴがいなくなった今、直接ワノ国と取引をするしかありません。

 

しかし、ワノ国は自給自足できていて、必要な物はすべて揃っており、この取引上の立場としては世界政府の方が弱い立場。

 

そこにつけこんだオロチは、武器を渡す代わりに「Dr.ベガパンク」をワノ国に引き渡せと言います。

 

CP0は「それは不可能だ!」と言いますが、その言葉を聞いた瞬間、発砲!

 

オロチは可能か不可能かは聞いていない、というセリフを吐き出します。

 

つまり、何が何でも寄越せ、ということですよね。

 

バックにカイドウがついているオロチ将軍は、怖いものなしということなのだそう。

 

 

そして取引の話は終わり、オロチは1人宴会場へ入ります。

 

そこには数々の新鮮で上質な素材を使用して作られた絶品の料理、そして、煌びやかな芸者が揃います。

 

小紫にぞっこんのオロチ、来週の”火祭り”の前哨戦として、宴が始まります。

 

 

そして場面はまたまた変わり・・・サンジとローが群衆が逃げ惑う中におり、ローはサンジに隠れるよう言います。

 

その理由は、百獣海賊団の飛六胞、ドレーク、ページワン、ホーキンスが現れたから。

 

この時点ではまだサンジとローは気付かれていません。

 

ドレークとページワンは一緒に行動していますが、ホーキンスは「ある男」を追って別行動のよう。

 

ホーキンスの「任務以上の収穫があるはずだ ドレーク」というセリフを最後に、929話は終了しています。

 

 

ワンピース929話『ワノ国将軍 黒炭オロチ』感想

 

 

今までとは打って変わって、屋敷図が手に入らなかったり、飛六胞が現れたりと、ハラハラの展開に進んできた929話。

 

今話ではルフィは登場しませんでしたが、ルフィは捕まっていて任務とは別の次元にいますもんね^^;

 

また、ロビンもオロチ城への潜入はできたようですが、小さく描かれてはいるものの、心情などの描写は今のところありません。

 

次話以降、宴が盛り上がっていく中でロビンがどんな考えでどんな行動を取っていくか分かるでしょうから、楽しみにしていたいですね^^

 

 

ルフィの脱獄はいつになるのかも気になるところですが、今話で一番気になったのは、最後のホーキンスが言った「任務以上の収穫」のことです。

 

ホーキンスのいう「任務以上の収穫」とは、何のことなのでしょう・・・

 

 

かなり不穏な空気が漂っていますが、次号掲載の930話以降のお楽しみにとっておきましょう~!!

 

ワンピース930話は、2019年1月21日(月)発売の週刊少年ジャンプ8号に掲載される予定です!

 

それでは、930話のネタバレもお楽しみに~!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です