ハイキュー!!333話最新話ネタバレ!赤葦復活は?一球入魂の意味

今回は、2019年1月7日発売の週刊少年ジャンプ6・7合併特大号に掲載されたハイキュー!!最新話のネタバレをご紹介します!

 

前回不調のため、ベンチに下げられた烏谷高校セッターの赤葦。

第1セットも終盤ですが、木兎はすぐに冷静になって戻ってくることを信じています。

 

さて、赤葦はいつも通りの冷静な赤葦に戻れるのでしょうか?

 

それでは、ネタバレ、感想をご覧ください~!

 

ハイキュー!!333話『タスクフォーカス』ネタバレ

 

ベンチに戻され、思いっきり落ち込み赤葦。

 

そんな赤葦に監督は『一球入魂』の意味を問います。

 

「一球に全力・・・見たままの意味だと思います」と答える赤葦ですが、実はもっと理性的な言葉であると教えられます。

 

今、20点になったけれど、重要なのは、次の21点目じゃないか?と言われ、改めて試合の運びを客観する赤葦。

 

コートの外に立つと、おのずと全体が見渡せて、プレイする選手たちのことも落ち着いて見ることができるようになった様子。

 

烏谷の選手たちと一緒にプレイする中で、いつの間にか自分のことも他の選手たちと同じであるように思っていたことに気付いた赤葦。

 

そして、セッターであり、ボールの采配を決められるポジションであるからこそ、木兎をコントロールした気になっていたことまで冷静に自分を分析した赤葦は「なんておこがましい・・・!」と自分に言葉を向けます。

 

自分ごときが試合をどうこうしようと考えるなんて・・・と考えます。

 

ネガティブな言葉のように感じられますが、その表情はプレッシャーから解放され、リラックスした表情そのもの。

 

 

そうこうしているうちに第1セットが終了。

25-23で貉坂が先取しますが、とっても良い勝負・・・!!

 

第2セット以降の試合がどちらに軍配が上がるかは分かりませんね。

 

そしてコートチェンジ後、第2セットの始まりに、赤葦はコートに戻ります。

 

コートに立った赤葦が考えているのは、先ほどの『一球入魂』のこと。

自分がコントロールできるのは自分の思考と行動だけ、重要なのは『次』自分にできることとすべきこと、そして目の前の一球だ、と考える赤葦。

 

レシーブが長くなり、上げづらい球が回ってきた赤葦ですが、わざとブロックにあててリバウンドを取った赤葦。

 

そして、木兎にドンピシャなトスを上げ、気持ちいいくらいスカッとするレシーブを相手コートに叩き落します!

 

木兎から「最高のトスだぜ!!」という、セッターとして最上級の誉め言葉をもらい、赤葦は見事短時間で完全復活を果たしました♪

 

 

ハイキュー!!333話『タスクフォーカス』感想

 

 

赤葦の完全復活で終わった333話。

 

作中で333話タイトルのタスクフォーカスについて、『試合の最終的な結果や審判のジャッジ、対戦相手の行動

それらは自分がコントロールできないもの

自分がコントロールできるのは

自分の思考と行動だけ』という風に書かれています。

 

参考資料として『バレーボールメンタル強化メゾット』と記載があるので、ここからの応用かと思いますが、文字にすると当たり前のことでも、試合中にそのことを頭に入れておける選手ってなかなかいないのではないでしょうか。

 

高校生であれば尚更ですが、いつも冷静沈着の赤葦は監督から問われた『一球入魂』の意味を考えるだけで、そこまでたどり着けるんですから驚きですよね^^!

 

この冷静で周りを見渡せるところがセッターとして十分すぎる活躍を見せられる所以なのでしょう。

 

 

監督は『一球入魂』のことを脳筋ワードだと思っているだろうと赤葦に問いかけていましたが、確かに私はそう思っていました・・・(笑)

 

『一球入魂』・・・深いです。

 

 

さて、1セット目は惜しくも取られてしまいましたが、完全復活を果たした赤葦がコートに戻った2セット目。

まだまだ試合がどう転ぶかは分かりません!!

 

2セット目からの展開が気になるところですが、続きは334話以降のお楽しみ!

 

次話の展開にもドッキドキです!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です