食戟のソーマ294話最新話ネタバレ!アイスのスプーンが武器!?

このページでは、2019年1月7日発売の週刊少年ジャンプ 2019年6・7合併号掲載の『食戟のソーマ』最新話をご紹介します!

 

真夜中の料理人、サージェがチェーンソーを巧みに用い、爆発的なケーキを作ったのが前回までのお話。

今回は創真がケーキを作りますが、創真が自分のチェーンソーだと言い、取り出したのは、なんと木製の小さい『アイスのスプーン』!!

 

いつも驚きの展開を見せてくれる創真の料理ですが、今回は一体どんな料理が出来上がるのでしょうか・・・!?

 

ネタバレ、感想をまとめましたので、ご覧ください♪

 

 

食戟のソーマ294話『真夏のクリスマス』ネタバレ

 

冷蔵庫の中身を確認したところ、足りない食材があったようで、コンビニに買いに行っていた創真。

 

なんというか自由すぎる(笑)

 

そして、コンビニで購入してきた商品の入ったレジ袋を片手に「この袋が俺の出すケーキの決め手になってくれる予定」だと話します。

 

真夏のクリスマスにぴったりなケーキを出すと自信満々の創真ですが、サージェは何故創真がここまで勝ち進んできたのかが分からない様子。

 

 

ここで、場面は一度サージェと朝陽の出会った回想シーンへ。

 

朝陽との料理勝負の結果、完膚なきまでたたきのめされたサージェ。

 

勝った方は負けた方を好きにして良い、という条件の勝負でしたが、朝陽はサージェに手を差し伸べます。

 

サージェは驚きの表情を見せますが、朝陽から提示されたのは、配下となり、有能な包丁として活躍してくれと言います。

 

朝陽はある目的のため、自分の野望のため、という言葉を使っていて、その詳細をサージェには話していませんが、安らぐ場所がなくノワールをしていたサージェは、朝陽に従う決意をしたようです。

 

サージェは完全に朝陽を信じているので、朝陽の創真は取りに足らない雑魚だと言葉を疑うはずもありません。

 

 

ここまで勝ち進んだにしても、サージェの料理を前に、これ以上の料理を作り出すことはできまい・・・!とただただ自信にあふれているサージェをよそに、創真はケーキ作りをスタートします。

 

まずはクリーム作り。

コンビニの袋の中から創真が取り出したのは生クリーム・・・ではなく、豆腐と豆乳!!

豆乳クリームでもなく、豆腐&豆乳です!!

 

これをバナナやココアと合わせてフードプロセッサーで攪拌!

 

更に、生地作りにかかりますが、取り出した食材は、なんと山芋です!!

 

本当にケーキ作りをしているのか・・・!?と思うような材料ばかりに驚く周囲をよそに、創真は空っぽになったコンビニの袋の中に手を突っ込み、おもむろに山芋を握りつぶしだします!

 

握りつぶしてドロドロになった山芋を他の材料と併せて生地を作った創真。

 

いよいよ焼いていきますが、普通はオーブンで焼くところ、なんと創真は炭火で生地を焼き始めます!!

 

炭火の遠赤外線でふんわりとした生地を焼いていく創真ですが、通常のケーキ作りを逸脱したこの作り方に、何故こんな無理難題をこうもこなしていくことができるのか・・・!?と参加者も驚きの声をあげます。

 

 

ここで、今度は創真の回想シーンに。

 

「ゆきひら」で手伝う小学6年生の頃の創真に、父親が言ったのは一月後の新作メニューを創真に任せるという一言。

 

しかも、小学6年生にして、仕入れ値や調理時間、食中毒の心配までしながら新作メニューを考える創真。

 

その後も父親のむちゃぶりは止まりません!

 

出前20人前を5分以内に調理しろだの、砂糖や乳製品なしで甘いものを作れだの、もう無茶苦茶です(笑)

 

しかし、父親のむちゃぶりのおかげで、今まではもちろん、今回のような難関にも臆することなく立ち向かっていけている創真。

創真の父親、城一郎は最初からこうなることを予測していたのかもしれませんね。

 

 

 

そして、回想シーンは終わり、創真のケーキが完成!!

 

見た目はブッシュドノエルですが、切り株の上にはなんと、花火玉の飾りが!!

 

しかも、樹皮の模様が、通常のブッシュドノエルより数段に美しく、まるで本物のようなのです!

 

ブッシュドノエルの模様付けに使用したのは、なんとアイスのスプーン。

 

アイスのスプーンを割って、ギザギザになった面で模様を付けたのです。

 

これなら家でも簡単にできますね!

ブッシュドノエル、作れないけど・・・(笑)

 

そして、肝心のお味の方ですが、やわらかさと重層的な甘さで、参加者は天にも昇りそうな気持になっています♪

 

また、サージェのケーキとの一番の違いとして、さらりとしたほのかな甘みが指摘されます。

 

その秘密は、砕いた山芋!

山芋からほんのりとした甘み、とろみが生まれ、更に、すりおろすのではなく、握りつぶしたことで、山芋の優しい食感を残したのだとか♪

 

更に、クリームですが、実は2種類使っていたようで、バナナ、アボカド、豆乳、米飴などにポン菓子を加えたホワイトクリームと、ココアパウダーを混ぜ込んだブラウンクリームを使用していたようです。

 

実は砂糖も乳製品も一切使用していないこのケーキ。

しかし、食材自体が持つ甘さで上品な甘みを感じられるケーキを作ったのです^^!

 

創真がこのケーキを用意したのは、あくまで今、このテーブルにいる皆にふるまうため

蒸し暑い夏だからこそ、しっかりした甘さのある濃厚なケーキよりも、さっぱりとした甘さのケーキを作ったのです。

 

審査に悩む参加者たちですが、サージェは自分のクラスターボムケーキの方が、驚きもあり、パーティーが盛り上がると主張。

 

しかし、創真はそう言い切るのはまだ早いと言います。

 

何故なら、創真の用意したブッシュドノエルの切り株に載せられた花火がまだ残っているから。

 

創真が花火の導火線をグッと握ったところで294話は終了となりました~!

 

 

食戟のソーマ294話『真夏のクリスマス』感想

 

まさかの食材を使用したケーキに、一同唖然となった294話。

創真のアイディア、食材の知識には毎度驚かされますが、やはり父親の影響が大きかったんですね~!

 

でもスパスタ過ぎませんか、城一郎さん(笑)

それにくらいつく創真も凄いですよね、小6で仕入れ値まで考えて新メニューを考えるって、根っからの商売気質に驚きが隠せません!!

 

そして今回創真が作ったブッシュドノエルですが、かなり手間暇かけて丁寧に作っていますよね。

 

創真は料理の作るスピードの速さももちろん目を張るものがありますが、それ以上に創造性、そして食べてくれる人のことを何よりも一番に考えるというところが、食べた人の心を揺さぶるんでしょうね~!

 

次回はついに創真の作ったブッシュドノエルの花火に火をつける回になりそうですが、どうなるんでしょう?

 

打ち上げ花火が上がってわぁ~綺麗~・・・という展開はないでしょうから(笑)

次話も見逃せませんよ!

 

 

それでは、295話のネタバレもお楽しみに^^!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です