ワンピース930話最新話ネタバレ!ビッグマムがワノ国到着!?

このページでは、2019年1月21日発売の週刊少年ジャンプ 2019年8号掲載の『ワンピース』最新話をご紹介します!

 

前話では、ホーキンス、ドレーク、ページワンがサンジやローの周辺に姿を現したところで終わっていましたね。

 

929話をまだ読んでいない方はこちらをチェック!!

 

サンジ達は見つかってしまうのでしょうか!?

 

しかも、ビッグマムがついにワノ国に到着!?

 

ネタバレ、感想をまとめましたので、ご覧ください♪

 

 

ワンピース930話『えびす町』ネタバレ

 

前回から少し話は遡り、場面はえびす町。

 

ここはゾロと共にしているトの康(通称:ヤス)の住む町です。

 

花の都のおこぼれの町と言われているえびす町にゾロとヤスが到着するや否や、町民達が出迎えます。

 

とても貧乏な町なようで、皆口々に揃えていうのは、「食べ物がない」

 

しかし、そんな貧窮した状態にもかかわらず、人々は笑顔を絶やさず、それどころか大笑いをしています。

 

そんな状況を不思議に思うゾロに、ヤスは「数ある生き物の中で笑えるのは人間だけ」だと言います。

折角笑えるんだから、どんな状況であっても笑わなければ損である、と。

 

そして、町民から昨夜嬉しいことがあったと聞かされます。

 

それは、『うしみつ小僧』が来てくれたということ。

『うしみつ小僧』というのは、正体は不明だけれど、真夜中丑三つ時にやってきては、都の悪い金持ちから盗んだ金を貧乏長屋にばら撒きながら去っていくまさにねずみ小僧のような存在!

 

この『えびす町』の町民たちにとってはまさにヒーローのような存在でしょう。

 

そんな『うしみつ小僧』からもらった金で、『えびす町』の人たちはある『ごちそう』を買ったと言います。

 

ゾロにもふるまわれたその『ごちそう』は・・・

 

『透明な水』でした。

 

ゾロがふと目をやった先には、ボロボロになった井戸があります。

 

『透明な水』がごちそうだということを聞き、よほど貧窮していることを察したゾロは、一杯の水を断ろうとしますが、町民たちに『ヤスが連れてきたんだからいい人だ』や『皆がもらう権利がある』と言われ、水をもらうことに。

 

貧乏にも負けずに笑顔を絶やさない町民たち。

 

ヤスは『みんなニコニコ笑うことをこの国では「えびす顔」っていうんですよ!だからここは「えびす町」!』と教えてくれます。

 

それを聞いたゾロの笑った顔は、どこか悲しそうな笑顔にも見えます。

 

 

 

―――場面は変わって、鬼ヶ島。

 

 

南東よりビッグマムがワノ国への入国を試みていました。

 

知られているはずのない『滝登り』の方法をビッグマムが知っていることに驚いたカイドウ。

 

砲弾で入国を防ごうとしますが、全て遮られ、船をひかせている鯉の力を借りていとも簡単に滝を登っていきます!

 

滝を突破されることを予測していなかった百獣海賊団は大慌て!

 

『上陸されたら全面戦争になるぞ!』とカイドウもご立腹です。

 

しかし、滝をあがった先に迎撃の準備が整っておらず、ビッグマムはついにワノ国に到着・・・

 

 

のはずが、ビッグマムの船が大きく後ろに傾きます!

 

その理由は、リュウリュウの実の能力者『キング』がビッグマム海賊団の船を一蹴したから。

 

キングの攻撃により、ビッグマム海賊団の船は滝から真っ逆さまに落ち、ビッグマムは海の中に放り出されます。

 

キングによりビッグマムの入国を防ぐことができ、カイドウもホッと一息ついた様子。

 

 

 

ここで場面は変わって、『花の都』。

 

狂死郎一家に手を出した蕎麦屋の『サン五郎』を探すドレーク、ページワンから逃げるべく、サンジ、フランキー、ウソップ、ローは走り回っています。

 

ローは『もし捕まっても侍たちのことやミンク族のことは履かずに殺されろ』と言いますが、死にたくないウソップは『俺は捕まりゃ全部喋って助かるぞ!』と堂々としたウソップ節を炸裂させます。

 

そんなウソップにサンジは『ふざけんなテメェ!じゃ全力で守ってやる!』とキレながら言い、その発言にローはすかさず『仲良しか!!!』とツッコミ(笑)

 

そんなちょっと笑える場面でしたが、「キャー!!!」という女の悲鳴にサンジがすかさず反応!

 

目の前で家が破壊されているのを目撃し、何事か様子をうかがっていると、ページワンが建物を破壊していました。

 

ページワンはそば屋のサン五郎を探すために、都のそば屋を片っ端から襲おうとしているのです。

 

もちろんここでサンジが出て行き、正体がバレてしまっては元も子もありません。

 

しかし、無関係な人たちが襲われている姿を見ていてもたってもいられなくなったサンジはページワンのところへ走っていき、強烈な一蹴をかまします!!

 

ページワンはドレークに連絡を取り、サン五郎を見つけたことと、場所を教え、応援を呼びます。

 

ロー達は、構うな!と言いますが、サンジは自分の正体がバレていないのをいいことに、一人で戦うと言います。

 

『こっちの戦力を増やすのも良いが、あっちを減らしとくのも良いはずだ』と、麦わら海賊団らしい考え方!

 

『バレなきゃいいんだろ?おれの正体が』というサンジの手にはレイドスーツが!

 

ついにサンジがレイドスーツを使用!?というところで、930話は終了しています。

 

 

 

ワンピース930話『えびす町』感想

 

 

930話では、ヤスの住む町の現状が明らかになりました。

 

困窮しているにも関わらず、笑顔を絶やさない人々にも胸を打たれましたが、それを知ったゾロの表情が何とも言えず・・・。

 

 

また、ワノ国へのビッグマムの侵入はハラハラする場面でしたが、キングにより阻まれてとりあえずは全面戦争が回避されましたね。

 

ビッグマムは海に投げ出されましたが、どうなるのでしょう・・・

団員もたくさん乗っていたので、助かるでしょうけれど、能力者もたくさんいますから時間がかかりそうですね^^;

 

 

そして、サンジ(サン五郎)とページワンの対決!

 

ついにサンジがレイドスーツを使用するときが来たようです・・・!!

 

ニジがルフィのポケットに忍ばせていたサンジのレイドスーツ。

 

科学の力を借りてまで強くなりたくない!と強く心に誓っていたサンジですが、ここで使用するのでしょうか・・・!!

 

捨てずにきちんと持っていましたし、使用することが予測されますが、色や能力も気になるところですね^^

 

 

 

とっても気になるところで終わった930話!

次回931話が気になります~!!

 

ワンピース931話は、次号は休載で、2019年2月4日(月)発売の週刊少年ジャンプ10号に掲載される予定です!

 

931話のネタバレもお楽しみに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です