食戟のソーマ295話最新話ネタバレ!サージェとの勝負の行方は!?

このページでは、2019年1月21日発売の週刊少年ジャンプ 2019年8号掲載の『食戟のソーマ』最新話をご紹介します!

 

創真が作ったブッシュドノエルの切り株にのせられた花火が気になるところで終わった前話。

 

294話をまだ読んでいない方はこちらをチェック!!

 

一体花火の中身は何なのでしょう!?

 

そして、サージェとの勝負の行方は!?

 

 

ネタバレ、感想をまとめましたので、ご覧ください♪

 

 

 

食戟のソーマ!!295話『幸平創真の異能』ネタバレ

 

砂糖を一切使わず、食材の持つ甘みのみでサラッとした甘みの、夏にも美味しいブッシュドノエルを作った創真。

 

そんな創真の作ったブッシュドノエルの飛び道具は切り株の上にのせた「花火」

 

自分の作ったチョコチップクラスター爆弾に対抗しようとした見掛け倒しの戯言だとサージェに言われますが、創真の花火は見掛け倒しのド派手な花火ではなく、例えるならば『線香花火』!

花火玉を割った中からは、無数の粒がキラキラと散っていきます!

そして、同時に花火玉から流れたクリームがブッシュドノエルの樹皮模様の溝まで染み渡ったのです。

 

これで本当の意味で完成した創真の真夏のクリスマスケーキ。

 

創真の「おあがりよ」の一声で、一口ケーキを口に運ぶと・・・

花火玉からキラキラと溢れた粒の正体が『コーヒークランブル』というそぼろ状の菓子だといういうことが分かります!

その中にみかんの皮をすりおろしたものを加えて、爽やかな酸味と香りをプラス♪

 

しかも、それだけでなく、樹皮に染み渡ったクリームもポイントに!

 

このクリームは、ケーキ自体にも使用されていたブランクリームだったんですが、気温で溶けやすい濃度にまで調整されていて、クランブルのパサつきを抑えながら食感をキープするという神業を披露しているんです!

 

そして、ここでブッシュドノエルに砂糖を一切使用しなかったもう一つの理由が明らかに!

 

それは、コーヒークランブルの酸味と苦みをしっかりと感じさせるため

 

最後まで計算し尽くされたこのブッシュドノエルの完成形に誰もが驚きを隠せません。

 

変わった調理は一切ないのにも関わらず、異能級のケーキを作った創真に納得いかず、「何の異能の持ち主なのか答えろ!」とサージェは言いますが、

創真は異能など持っておらず、強いて言うなら『定食屋の知恵』だと答えるのです。

 

 

ここで場面は少しだけ変わり、創真の父、城一郎が遠月に編入する前の話をします。

 

365日ほぼ毎日に無茶ぶりを創真にし続けてきた父。

 

定食屋は客に飽きられるわけにはいかないので、驚きのある品を提供し続ける絶対的な汎用性と対応力が必要不可欠だと語ります。

 

その力を毎日の無茶ぶりの中でこれでもか!というくらい創真には身につけさせてきたのでしょうね^^

 

お食事処 ゆきひらを『超一流』の定食屋と表現する城一郎。

 

おそらく創真も同じ気持ちなのでしょう。

 

自信に満ち溢れた表情は、親子そっくりです!!

 

 

そして、創真は自分の作ったブッシュドノエルをサージェに差し出します。

 

サージェはそのケーキを一口食べるや否や、認めたくないにも関わらず、創真への敗北を体で感じます。

 

サージェの実力派もちろん目を張るものですが、創真の目の前の状況と、客を見ようとしている精神が素晴らしかったことが認められます。

 

よって勝者はもちろん、幸平創真!!

 

創真の勝利に沸く場内!

 

そして、異能達が立ちふさがるこのトーナメントのどこまで無能力者である創真がくらいついていくことができるのでしょう!?

 

更に、サージェに朝陽へのリベンジを誓いましたが、サージェからお前のその包丁では朝陽様には絶対に勝てないと明言されます。

 

 

一方、同時刻別会場では・・・

元一席の司瑛士と才羽朝陽の対決の火ぶたが切って落とされていました!!!

 

朝陽の真の力が気になるところですが、295話はここで終了しています。

 

 

食戟のソーマ!!295話『幸平創真の異能』感想

 

無事サージェに打ち勝つことができた創真。

 

実力はもちろんですが、目の前にいるお客さんをしっかりと見据え、状況に応じたケーキを提供したというのが一番の勝因でしたね!

 

そして、それは父、城一郎が幼いころから創真を鍛え続けてきた証でもあります。

 

しかし、気になるのは、サージェの、創真の包丁では絶対に朝陽に勝てない、という発言です。

 

創真の包丁もしっかり手入れの行き届いた包丁でしょう。

 

料理人の命とも言える包丁ですが、朝陽は一体どんな包丁を持っているというのでしょう・・・^^;

 

また、司と朝陽というどちらも実力が間違いないハイレベルな戦いは一体どんな内容で、行方はどうなるのでしょうか・・・!!

 

そして、朝陽の真の実力がついに次話明らかに・・・!?!?

 

 

とにかく目が離せない296話は2019年1月28日(月)発売の週刊少年ジャンプ9号に掲載される予定です!

 

296話のネタバレも楽しみにお待ちください♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です