ハイキュー!!335話最新話ネタバレ!木兎の過去と強さの秘密

このページでは、2019年1月28日発売の週刊少年ジャンプ 2019年9号掲載の『ハイキュー!!』最新話をご紹介します!

 

前話では、梟谷が2セット目を制し、流れに乗ってきたところで、貉坂のエース、桐生も仲間たちとの熱い絆を思い出したところで終了していましたね。

 

両校のエースが本領発揮となった今、試合はどうなっていくのでしょうか!?

 

 

ネタバレ、感想をまとめましたので、ご覧ください♪

 

 

 

ハイキュー!!335話『夢中』ネタバレ

 

場面は回想シーン、木兎がまだ中学生だったころからスタートします。

 

中学生の頃もバレー部として活躍していた木兎。

 

トレーニングの一環として走り込みをしていますが、張り切りまくりの木兎に対し、他の部員たちは「張り切ってんな」「マジすぎる」と不満気味。

 

「ラスト3周~」と木兎が後ろの部員たちに声を掛けると、他の部員たちはみんな近道で他の道に行っており、真面目に走っているのは木兎だけ・・・

 

そんな状態を目の当たりにしても、木兎はペースを乱すことなく、ランニングを続けていましたー・・・

 

 

ここで回想シーンが終わり、第3セットの試合運びへ。

 

12-12の同点で流れを止められた梟谷。

 

そんな時に木兎が放った一言は、

『疲れた・・・!バレーって疲れる・・・!!』

 

その場に居合わせ人、みんな一丸、思ったことは『でしょうね!!!』ということ(笑)

 

これには相手校の貉坂エースの桐生が試合中吹き出すという珍しい事態に♪

 

桐生は前話で仲間たちを信じるという強い気持ちから木兎への苦手意識を克服し、吹っ切れた様子で本領を発揮し始めます。

 

一方、流れを持って行かれたように思われた梟谷ではありますが、木兎のリバウンドを取ったところで、今度は赤葦の回想シーンへ。

 

それは、練習中赤葦がリバウンドを取ろうとしていて失敗した時に、目立つプレーを好むと思っていた木兎が、「リバウンドのやり方を教えてくれ」と聞いてきた時のこと。

 

下っ端1年の自分のミスプレーに興味を持つことを意外に思った赤葦は、リバウンドって地味なのに、どうして興味を持ったのかという疑問を木兎にぶつけます。

 

木兎から返ってきた答えは、『楽じゃなくて楽しいを考える』という木兎の昔のクラブコーチの言葉。

 

ブロックされるのも、レシーブミスするのも、サーブミスするのも、バテるのもすべて楽しくないという木兎。

 

全部決めて拾って勝ちたい、そうすれば楽しい、というまるで無邪気な子どものようなことをいう木兎とは対照的に、赤葦は『楽しい』というのはすごく困難なことのように思えたようです。

 

確かに、すべてを叶えるというのは極めて難しいことですものね。

 

 

ここで赤葦の回想シーンは終わり、場面はリバウンドを取った後、トスをあげるシーンから。

 

赤葦のトスから木兎の強烈なアタックがぶち込まれるー・・・

 

と思いきや、フェイントのフワッとプッシュ!!

 

貉坂の3枚ブロックの上からゆっくりとボールはコートに落ち、ポイントは梟谷へ。

 

疲れたとは言ったものの、まだ冷静な判断ができている木兎。

 

桐生もそんな木兎のことを見抜いています。

 

続く梟谷サーブは木兎。

 

木兎の強烈なサーブは貉坂を乱しますが、その乱れたボールを桐生がアタック!!

 

桐生のアタック、ボールの行方が気になるところで335話は終了しています。

 

 

ハイキュー!!335話『夢中』感想

 

木兎、桐生という両エースが本調子となったので、一気に試合が進んでいきそうな展開ですが、木兎、そして赤葦の回想シーンが印象的だった335話。

 

木兎のガッツ、やる気の凄さって人をグイグイ引っ張っていったり、魅了したりする不思議な力がありますが、そんな本気でやろうと思っていない、ただの部活と思っている人には疎ましがられるでしょうね。

 

それが木兎が中学生の頃の他の部員たち。

 

それでも自分のペースを乱さずに木兎がバレーを続けてこれたのは、クラブにいた頃のコーチの言葉があったからでしょう^^

 

走り込みの時も、他の部員たちは『楽』を選びましたが、木兎は、トレーニングをしっかりと行うことで得られる自分の能力の向上をこれから先のバレー人生での勝利=『楽しい』を選んだ!

 

中学生というと、どうしても楽な方を選びたがったり、他の人と同じ方に流されやすかったりする時期だと思いますが、木兎はすでに自分をしっかり持っていたのでしょうね♪

 

そういった人達が才能を開花させる存在ですし、梟谷には木兎のことを分かってくれる仲間たちもたくさんいるので、木兎が信じてきてやってきたことは決して間違ってもいませんし、無駄でもありませんでした^^

 

また、赤葦も、そんな貪欲でバレーに熱い思いを持っている木兎に惹かれているのでしょうし、常に向上心を持っている木兎という存在は、梟谷にとってなくてはならない存在といえるでしょう!!

 

 

しかし、貉坂も負けてはいません!!

 

今まで慎重でどこか臆病だった桐生も吹っ切れた良い表情をしています!

 

335話最後に放たれた桐生のアタックの行方がとっても気になります・・・!!

 

 

続きの336話は2019年2月4日(月)発売の週刊少年ジャンプ10号に掲載される予定です!

 

続きが気になるところではありますが、336話のネタバレもお楽しみにどうぞ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です