食戟のソーマ296話最新話ネタバレ!司VS朝陽!朝陽の異能は!?

このページでは、2019年1月28日発売の週刊少年ジャンプ 2019年9号掲載の『食戟のソーマ』最新話をご紹介します!

 

創真が無事サージェに打ち勝ったところで295話は終わっていましたね。

 

295話をまだ読んでいない方はこちらをチェック!!

 

今回は、司瑛士VS才羽朝陽の対決!

 

朝陽の真の能力が明らかに!?

 

ネタバレ、感想をまとめましたので、ご覧ください♪

 

 

食戟のソーマ!!296話『交差する刃』ネタバレ

 

ついにはじまった司と朝陽の対決。

 

遠月学園元一席という素晴らしい栄光を持つ司瑛士に観客たちの期待も高まります。

 

朝陽は司に対し、「エリート様」と言ったり、「怖気ついて逃げ出すかと思った」などと挑発的な言葉を投げつけますが、そんな朝陽に対して司は涼しい顔をしながら「俺は料理のためだったらなんでもする」「この勝負を楽しむため」にここにいる、と話します。

 

司のその言葉を聞き、朝陽はニヤリと不吉な笑みを浮かべ、「俺が勝負に勝ったらお前のその剣(グレーター)をくれよ」と言います。

 

司は返事こそしませんでしたが、絶対的な自信から、一皿に全力を注ぐことに専念します。

 

料理人としての司瑛士の名は知らない人がいないといっても過言ではないほどで、ゲストたちも司の料理に興味深々な様子。

 

遠月学園に在籍していた頃の司の料理は、自分をお皿から消して、食材の声を聞き、それを最大限に生かした調理スタイルでしたが、卒業後の司の調理スタイルは、食材との対話ー・・・食材と自分が対等になることで、より食材と深く分かりあうスタイルになっていたのです!

 

その能力はまさに異能級!!

 

人々を魅了する司の調理スタイルでしたが、急にざわつきだす観客たち。

 

皆の視線の先には朝陽!

 

何事かと思えば、朝陽のホルスターに無数のナイフがあったのです!

 

そして、そこから朝陽が取り出したのはナイフ・・・ではなく、なんと注射器!!

 

食材に注射器をさし、ためらいもなく調理を進めていきます。

 

更によく見ると、ホルスターにあった異様な器具は注射器だけでなく、曲芸などで用いられるタイプのナイフや、拷問器具のようなものまであります!

 

注射器の次に、朝陽が手にしたのは・・・C・Cナイフ

 

これはサージェのものでしたが、創真に負けたサージェに命令し、朝陽が受け継いだものでした。

 

ここで疑問になってくるのが何故朝陽がわざわざ人の調理器具を使うのか、ということですが、これは朝陽の『異能』が関係してきます。

 

朝陽の異能『cross knives』-・・・

 

この異能の発動条件は、人の使ってきた何らかの道具を譲渡、もしくは勝負で強奪すること。

 

そうすることで発動されるのが、その道具の持ち主の能力がエッセンスとして朝陽の身体に吸収されるというもの。

 

更にその道具を2つクロスさせることで、2つの能力が掛け合わさり、今までにない調理スタイルが確立されるというのです・・・!!

 

これが才羽朝陽という『夜の王』の異能ー・・・

 

朝陽の異能が明らかになり、両者の料理が提供されました。

 

朝陽の料理は、ひな鳥を用いたもので、塩コショウ、マスタードの下味に、バターをかけて焼き上げた極上のグリエ!

 

グリエの下には『ブータン ノワール』という血のソーセージも仕込まています。

 

その血のソーセージが、朝陽の料理のコクとパンチというアクセントになっていますが、このソーセージを作るのに朝陽はひな鳥の血、そして豚の血をブレンドしたと言います。

 

しかし、ゲストはそのことに納得がいきません。

 

何故なら、豚の血は強い味を持つので、繊細な味のひな鳥の血が打ち消されてしまうはずだから。

 

しかし、朝陽の料理はしっかり鶏がメインの風味になっています。

 

その秘密が、朝陽が最初に取り出した注射器にありました。

 

朝陽はひな鳥から血だけでなく、注射器で脂肪分も抽出し、ひな鳥のコクを見事再現したというのです!

 

更にサージェのC・Cナイフを用いて、ひな鳥に微細な隠し包丁を入れ、すべての食材が見事にマッチする素晴らしい一皿を作り出していましたー・・・

 

司の料理ももちろん食材の魅力を最大限・・・120%引き出した完璧な一皿とゲストたちに表現されますが、朝陽の品は司と同レベルの異能を2つ完全に掛け合わしたものだと大絶賛されます。

 

この反応の違いからも分かるように、この勝負で勝ったのは才羽朝陽!!

 

元一席の司瑛士の負けに観客達はざわつきます。

 

一方、朝陽は司のグレーターを手に入れ、更なる能力も手にしたことになります。

 

司と朝陽の戦いを見ていた創真。

絶対にこの大会でリベンジを・・・と思う創真の前に、えりなが現れます。

 

創真は話しかけますが、焦っているような表情のえりなはそのまま走ってどこかへ行ってしまいました。

 

不思議に思っている創真のところに今度は恵が来ました!

 

そして、恵から知らされたのは、「タクミが大変!!」ということ。

 

一体タクミの身に何があったのでしょうか・・・!?

 

 

食戟のソーマ!!296話『交差する刃』感想

 

ついに朝陽の異能が明らかになりましたね。

 

それにしても、司が一体どんな料理を作ったのかも紹介されないまま勝敗が明らかになってしまいましたが、それだけ歴然とした差だったということなのでしょう!

 

とはいえ、元一席で、食材の声が聞け、なおかつ対話をするという一席だった頃よりもパワーアップした司に大敗させるとは、朝陽、恐るべし・・・!!

 

他の料理人の調理器具を手に入れることで、その人の能力まで奪えてしまうとはまさにチート級の異能ですよね・・・^^;

 

そんな朝陽に創真はどう対抗していくのでしょうか?

 

そして、えりなが見せた焦りの姿は何故なのか?

更にタクミに一体何があったのか?

 

 

気になること満載の食戟のソーマ297話は2019年2月4日(月)発売の週刊少年ジャンプ10号に掲載される予定です!

 

297話のネタバレもお楽しみに♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です