ハイキュー!!336話最新話ネタバレ!桐生のボールと勝負の行方は!?

このページでは、2019年2月4日発売の週刊少年ジャンプ 2019年10号掲載の『ハイキュー!!』最新話をご紹介します!

 

前話では、木兎の中学時代の回想シーンが見られたのと、吹っ切れた桐生の放ったアタックの行方が気になるところで終わっていました。

335話のネタバレをまだご覧になっていない方はこちらをご覧ください♪

 

果たして桐生の放ったボールの行方は・・・!?

 

 

ハイキュー!!336話『バケモノたちの行くところ』ネタバレ

 

桐生の放った鮮烈なアタック!!

 

それは梟谷コートにまっすぐ落ちるー・・・

 

かと思いきや、小見がなんとか拾い上げます!!

 

調子のいい時の木兎は、他の選手たちの調子も引っ張り上げることができ、小見や赤葦はもちろん、敵である桐生も持ち上げられた張本人。

 

小見によって生かされたボールは、赤葦の采配で猿代に上げられ、貉坂コートにたたきつけられます!

 

 

ここで貉坂高校はタイムアウトを要求し、流れを変えようとします。

 

監督も桐生の表情を見て、今日の桐生は好調だと安心します。

 

木兎のサーブは強いけれど、上に上げればどうにかなるという監督の言葉と、乱れた球は全部俺へという桐生の言葉でチームに統一感を持たせる貉坂。

 

 

一方梟谷は、お互いを褒め合い高め合います。

 

木兎も赤葦に、「圧が凄い」と言いつつも、「試合で100%出すってみんなができることじゃない」と鼓舞します。

 

 

タイムアウトが終了し、コートに戻る両チーム。

 

サーブは梟谷サイド、木兎のサーブ。

 

相変わらず沸き上がる場内からは、『木兎コール』が上がります♪

 

そして放たれた木兎のサーブはー・・・

 

まさかのコート前部に落とす緩やかサーブー・・・!!!!

 

いつも強烈なサーブを打ち込む木兎。

 

タイムアウトで木兎の強烈なサーブを拾うことに念頭を置いていた貉坂は相当構えてみましたから、コートが乱れたのは言うまでもありません^^;

 

なんとか拾い返しますが、その球はダイレクトにアタックされ、梟谷が点数を重ねます。

 

19-22の貉坂VS梟谷。

 

 

3回目の木兎サーブに流れは完全に梟谷!

 

木兎サーブは上げられ、桐生のアタックを警戒する梟谷ですが、その考えを利用した貉坂のセッター臼利がツーで梟谷コートにボールを落とし込みます!

 

ここで貉坂に1点が追加され、20-22と2点差になった貉坂VS梟谷の試合。

 

続く桐生サーブは、木兎サーブ以上に強烈なもの!!

 

木兎が拾い上げますが、サーブで吹っ飛ばされてしまいます。

 

赤葦は誰に球をあげるか考えます。

 

みんな準備万端で誰にでも上げられるー・・・と思っていたところ、バックアタックで決めようとする木兎の姿が!!

 

 

さきほど吹っ飛ばされたはずの木兎に驚く赤葦。

 

先ほどタイムアウトの時に、試合で100%を出すのは簡単ではないと赤葦に言っていた木兎。

 

でも俺には120%をちょうだいー・・・

 

木兎と赤葦のコンビネーションがどう決まるのか気になるところで336話は終了しています・・・!!

 

 

 

ハイキュー!!336話『バケモノたちの行くところ』感想

 

木兎も桐生も高校生とは思えないパワフルさでまさにバケモノといったところでしょうか。

 

それについて行けるチームメイトたちもなかなかですけれどね^^;

 

 

ただ、木兎と桐生のカリスマ性は目を張るものがあると感じました。

 

特に、木兎はとにかくがむしゃら!かと思いきや、サーブで揺さぶってみたりと、実は誰よりも冷静なのかな、と。

 

かと思いきや、サーブで吹っ飛ばされたはずなのに早々に立ち直しアタックを決めようと走りこんでくるという・・・

 

もうどういうことなの木兎さん(笑)

 

 

誰よりも勝利に貪欲な木兎に振り回されているようにも思われる赤葦ですが、次の采配はいったい誰に・・・!?

 

 

 

続きの337話は2019年2月11日(月)発売の週刊少年ジャンプ11号に掲載される予定です!

続きが気になるところではありますが、337話のネタバレもお楽しみにどうぞ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です