食戟のソーマ297話最新話ネタバレ!タクマの身にいったい何が!?

このページでは、2019年2月4日発売の週刊少年ジャンプ 2019年10号掲載の『食戟のソーマ』最新話をご紹介します!

 

前話は司瑛士が朝陽にまさかの大敗をするところで終わっていましたね。

 

朝陽の『異能』も明らかになっていました!

 

296話をまだ読んでいない方はこちらをチェック!!

 

前回最後に恵に「タクミくんが大変!!」と声を掛けられた創真でしたが、タクミにいったい何が・・・!?

 

ネタバレ、感想をまとめましたので、ご覧ください♪

 

 

 

食戟のソーマ!!297話『欠けた半月』ネタバレ

 

 

場面はタクミと『真夜中の料理人』ドン・カーマの戦い。

 

今回の試合は団体戦となっていて、それぞれサポートメンバーを用意して行うことになります。

 

ここでドン・カーマがタクミに提案したのは、お互いの調理器具を賭けないか、ということ。

 

これは朝陽がいつも相手に持ち込む提案ですが、タクミの包丁を手に入れれば朝陽も喜ぶだろうから、とドン・カーマも同じ提案をしてきたようです。

 

これに応じる応じないは定かになっていませんが、そのままドン・カーマはサポートメンバーを呼び込みます。

 

そして、会場に入ってきたのは約20人のオネエたち!!

 

ドン・カーマも口調が「~なのよ」「~するわね」のように話すので、オネエなのは想像つきましたが、まさかここで大量投入されるとは思いませんでした(笑)

 

ここまで大量のオネエを一度に見たのははじめてのタクミは驚いていましたが、そのタイミングで発表されたこの試合の対決テーマは『連携によって完成するアミューズ』というもの。

 

アミューズというのはフランス料理の前菜のこと。

 

連携が大切とされるこの戦いに、オネエたちのと統率力の高さが料理を極めそうですが、タクミサイドだって期待は高いものです!

 

何故なら、タクミのサポートメンバーはたった一人であるものの、弟であるイサミだから。

 

タクミ・イサミのアルディーニ兄弟は、コンビとしての実力は他を寄せ付けないものがあります!

 

コンビの挑戦者が絶えずアルディーニ兄弟を押しかけてきたため、そのハードさからそれまでぽっちゃりだったイサミがスリムなイケメンに(笑)

 

タクミは十傑の席を守り続けている個の実力もお墨付きの存在でしたが、イサミも料理人としての腕をぐんぐんと上げ、次期十傑入りをささやかれている存在でもあります!

 

 

ですが、個々の実力以上にコンビネーションの素晴らしさは他を寄せ付けません。

まさに無敵のアルディーニ兄弟。

 

今回の戦いでも注目が集まるのは当然ですよね。

 

 

しかしー・・・

 

時間になってもイサミは現れません。

連絡をしても、既読も付かないイサミに疑問を持つタクミ。

 

 

まさかー・・・と思うタクミに、ドン・カーマは心の内で「アタシたちは手に入れたいもののためならどんな手間も惜しまないの」と言います。

 

そう、イサミはドン・カーマの仲間に捕らわれてしまったのです・・・!!

 

調理を開始できないタクミをよそに、20名ほどの大勢でシェイカーを振るい、調理を開始するドン・カーマ。

 

 

ドン・カーマの調理道具はシェイカーのようですね!

これでソースづくりを進めているようです。

 

 

シェイカーを振るいながら、「そちらは1人?ということは不戦勝になるのかしら?」とわざとらしくタクミに話しかけるドン・カーマ。

 

そして、自分達のソースに絶対的自信を持つドン・カーマは、イサミ以外のサポートメンバーを呼んでも、自分達の連携に対抗できるはずがないと豪語します。

 

 

そんなドン・カーマの独り舞台のように思われた会場に1人の男が現れます。

 

「よぅタクミィ お困りのようじゃねぇか」

 

もちろん、その男というのは創真

 

タクミは「別に君を呼ぶつもりなど微塵もなかったが まぁ話が早いな」といつもの憎まれ口で答えます。

 

 

一方捕まっているイサミもドン・カーマの仲間に「こんなことをしても無駄だと思う」と言います。

 

その理由は、タクミの才能を一番に引き出せるのは自分だけど、その次にタクミを生かせる人があの会場にいるから。

 

イサミの言う自分の次にタクミを生かせる人が創真ということですよね^^

 

 

緊急事態から一変!

 

タクミ&創真のタッグはドン・カーマ達を倒すことができるのでしょうか!?

 

 

食戟のソーマ!!297話『欠けた半月』感想

 

なんともまぁ姑息な手段で戦いを止めようとしたドン・カーマ。

 

料理人なら正々堂々勝負してもらいたいものですけれどね^^;

 

腕に自信があるなら尚更ですが、さすがにアルディーニ兄弟のタッグに勝てる自信がなかったということでしょうか。

 

 

まぁ確かにアルディーニ兄弟のコンビでの料理は誰もが目を張るものなので、避けれるものなら避けたい戦いなのでしょうけれどね。

 

しかし、イサミの次にタクミを活かせるのが創真、というのは共通認識のようですね!!

 

そうでなければイサミだってあんなに大人しく捕まっていないでしょうし、創真もタクミも落ち着いていられなかったでしょうから。

 

 

恵も創真しか適任者はいない!と思ったから創真のところに駆けつけたのでしょうか?

 

いや、恵なら常に何かあったら創真のところに来てくれそう(笑)

 

でも、恵が教えてくれたおかげで戦いが続くのですからナイスアシストですよね!!

 

 

タクミ&創真のコンビネーションに、オネエたちの統率力が気になるこの戦い!!

 

 

続きが早く読みたい食戟のソーマ298話は2019年2月11日(月)発売の週刊少年ジャンプ11号に掲載される予定です!

 

298話のネタバレもお楽しみに♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です