約束のネバーランド122話最新話ネタバレ!エマの本心

このページでは、2019年2月9日発売の週刊少年ジャンプ 2019年11号掲載の『約束のネバーランド』最新話をご紹介します!

 

前話では、ノーマンの鬼を全滅させるという言葉に安心した仲間たちとともに、アジトでの生活をスタートさせたところで話が終わっていましたね。

 

121話のネタバレはこちらをご覧ください♪

 

 

ノーマンの鬼の全滅ということに対して、エマは心の底から賛成、というようには見えませんでしたが、久しぶりに過ごすノーマン、レイとの3人の幸せな時間を堪能でき、幸せそうな寝顔も見せていました。

 

一段落付いたように思えた前回でしたが、どのように話が進んでいくのでしょう!?

 

 

気になる122話のネタバレ、感想をご覧ください!

 

 

 

約束のネバーランド122話『本心』ネタバレ

 

ノーマン達と楽しく過ごしたアジトでの初日ー・・・

場面は2日目、朝を迎えたところから。

 

エマは目を覚ますや否や、ベッドから飛び起き、食堂へ駆けつけます!!

 

エマが慌てて駆けつけた理由は、寝坊をしてしまったから。

 

なんとエマ、これが人生初寝坊だったのだそう。

 

なんて優秀な・・・(笑)

 

しかし、ほぼ皆が寝坊していて、ちゃんと起きてきたのはオリバーだけだったよう。

 

起こしてくれればよかったのに、というエマでしたが、皆気持ちよさそうに眠っていたから、と起こさなかった理由を教えてくれたオリバー。

 

いつ振りか分からないほど安心して寝ることができたエマ達。

この場を与えてくれたノーマンには、皆言葉にできないほどの感謝を抱えていることでしょう。

 

そして場面はそんなノーマンのところへ。

 

ノーマンの部屋に訪れたのは、ヴィンセントと呼ばれるガタイのいい男。

 

ノーマンはヴィンセントに計画の修正が必要だと告げます。

 

エマがハヤトたちと量産型農園に潜入した際、姿を見られたことで、GF脱走者の生存が明らかになってしまったので、敵より先手を打つために、計画を早める必要性を伝えます。

 

他の農園に散り散りとなっているフィルたちのためにも、急ぎたいし、食用児たちの血は流させない、とも続けるノーマン。

 

そして、「この手紙を彼らに

急ぎ例の階段の手配を頼みたい」

とヴィンセントに手紙を託しました。

 

ここで場面はエマ達のもとへ。

 

洗濯ものを干すエマ達の姿は、平和そのもの。

 

そんなエマに、レイは二人きりの場面で、「ノーマンの策ってどんなだろうな」と聞きます。

 

不思議がるエマでしたが、ノーマンは策の詳細を教えてくれていないので、それを知りたいとレイは続けます。

 

エマはノーマンの策だからきっと心配いらないよ、と言いますが、レイは

本当に「よかった」?と聞きます。

 

エマはドキッとした表情でしたが、何が?と聞きかえします。

 

レイは、農園をつぶすというノーマンの話が、エマは本当は嫌なんじゃないか?と続けます。

 

レイは鬼をなくす方法があるならその方が確実だと考えていますし、エマもそれは分かっています。

 

しかし、それはエマが望む未来ではない。

 

レイはエマの性格や、今までの様子から、それを読み取っていたのでしょう。

 

そんなレイに、エマは本音を吐露しはじめます。

 

ノーマンが正しいことも、皆が喜んでいることも分かっているエマ。

 

それでも「私 鬼を殺したくない」と本心をついに口にしました。

 

皆がようやく幸せになれる道を見つけたというのに、鬼の幸せを願ってしまう自分はおかしいのではないか?

皆は、自分だけでなく、今まで頑張ってきた自分のことを想ってくれて喜んでくれているのに、ノーマンの話を聞いて、鬼との共存は難しいと分かったのに。

 

自分を責めてしまうエマでしたが、それでも鬼たちだって家族や友達がいて、考えて笑って生活をしている

 

食べているのは人間だから、それに関しては絶対嫌だけど、ただ生きるために食べているだけなのに、敵だからって根絶やしにしていいのだろうか?

 

そして、鬼には敵ばかりだけれど、ムジカという友達がいるのも事実。

 

ムジカの同族を滅ぼしたくないー・・・

 

これがエマの本心でした。

 

やっと本心を語れたエマでしたが、何故昨日言わなかったのか、とレイに言われます。

 

エマは今まで自分の意見はしっかり伝えてきました。

 

しかし、今回伝えなかった理由は、争わない選択をしたいのは自分だけで、皆は鬼を滅ぼす未来を望んでいるから。

そして何より”七つの壁”もダメだと分かってしまったから。

 

たとえ”七つの壁”を見つけたとしても、人を食べ続けなければあの姿でいられないなら、たとえ約束を結びなおせたとしても鬼は退化して絶滅してしまうという未来まで見えてしまっているのです。

 

そこまで考えて、自分の考えが言えず、混乱してしまっているエマ。

 

エマがレイに

「私 どうすればいいか分からない」

という本音をぶつけたところで122話は終了しています・・・

 

 

 

約束のネバーランド122話『本心』感想

 

やはり、エマは本心で鬼の絶滅を望んでいるわけではありませんでしたね・・・

 

しかし、仲間たちのこと、たとえ自分の思っていることを伝えたところで、他の解決策がないことを分かってしまっていること。

 

頭の回転が速い上に、人一倍のやさしさ、思いやりを持っているからこそ、誰よりも悩んでしまっているのでしょうね。

 

エマの本心を聞いたレイは、一体どんな答えをエマに返すのでしょうか?

 

そして、ノーマンが出した手紙の内容は?

また、ノーマンのいう『彼ら』とは誰なのでしょう?

 

 

続きが早く読みたい約束のネバーランド123話は2019年2月18日(月)発売の週刊少年ジャンプ12号に掲載される予定です!

 

次話の最新話ネタバレもお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です