ハイキュー!!338話最新話ネタバレ!2人の小さな巨人!

このページでは、2019年2月18日発売の週刊少年ジャンプ 2019年12号掲載の『ハイキュー!!』最新話をご紹介します!

 

 

前回ではついに梟谷VS貉坂の試合に決着がつきました!!

どちらのチームも揺るぎない絶対的エースの存在、そしてそれを支える仲間たちの姿、信頼の厚さが印象的でしたね!

 

337話のネタバレをまだご覧になっていない方はこちらをご覧ください♪

 

そして、次はBコートで行われる男子準々決勝の話になります!

 

今回は試合開始3時間前に起こった各校のお話!

 

 

気になる338話のネタバレも一気にどうぞ!!

 

 

ハイキュー!!338話『小さな巨人決定戦』ネタバレ

 

試合応援のため会場入りしようと話をしながら進む烏野高校に弟を持つ兄姉たち。

 

そこに「月島さんですよね!?お久しぶりです!」と声を掛けてきた1人の男性。

その姿に冴子は驚きを見せます・・・!!

 

 

一方場面はコート隅にあつまる烏野達の作戦会議場へ。

 

烏野から見て、鴎台の中で個人で一番厄介なのは、攻撃が超多才、サーブも強力という超人級のレフト、星海光来。

 

しかし、烏養は更に話を続け、「でも正直、星海以上に厄介なのはーーー」

 

 

ここでまたまた場面は変わります。

 

今度は伊達工業高校。

 

今回直接対決を果たす高校ではありませんが、情報収集のためでしょう、鴎台VS烏野の試合を見ようとタブレットを操作しています。

 

そして、今回特に目を付けているのは、全国トップクラスのブロックを誇る鴎台。

烏野が気になるのはもちろんですが、それ以上に鴎台が気になるということなのでしょう。

 

 

場面は再び烏野の作戦会議へ。

 

烏養は、鴎台のことを「レベルマックスまで上げた伊達工」にユースクラスのエースがいるチームだと表現しています。

「星海以上に厄介なのはーーー」の続きは明らかになっていませんが、今後試合が進んでいく中の回想シーンで明らかになってくるのではないでしょうか^^

 

これを聞き、翔陽と影山は目を輝かせます。

 

 

そして、烏養は、澤村に気合い入れを要求!

 

澤村は冷静に

「お気づきだろうか 我々今 全国ベスト8です」

 

音駒との試合があったあとからぶっ続けで行われるこの鴎台との準々決勝。

 

身体も精神もまだ完全に回復してはいないであろうこの状況で行われる準々決勝に、正直キツイと感じてはいますが、この『魔の3日目』を超えた先に待つものーーーそれは・・・

「準決勝 『センターコート』だ・・・!!」

 

体育館のど真ん中に設置されているセンターコート。

 

準決勝からはそこで試合に臨める!!

 

その言葉だけでテンションマックスの烏野の面々たち!

 

「今日も買ってウマイ晩飯を食うぞ!」と鼓舞し合っている中、影山は1人何やらノートを広げて文字を書いています。

 

それは、バレー日誌。

 

その時その時でプレイするような印象なだけに、意外だと言われますが、翔陽は「影山はアホで凶暴だけどバレーにだけじゃそうじゃない」と答えました。

 

凄いやつだけれど、最初からそうだったわけではない。

でも、翔陽よりもずっと早くからバレーをやっている影山。

普通だったら遊びたいなー、ゲームやりたいなーと思うような時でも、毎日毎日毎日バレーをやってきたような人間なのだ、と。

 

ずっと一緒に育ってきたわけではないけれど、「今までを知らなくても分かる」と翔陽は続けます。

 

そしてこんだけ褒めておきながら「だから友達も居ない」と断言して落としていました(笑)

 

いつも影山について話すことはない翔陽ですが、どの試合も面白すぎてテンションマックスの翔陽!

自分でもそれが分かっているようで「影山すら褒めたい気分」と言っていました。

 

「だがいずれたおす!!」というライバル心は相変わらずむき出しのようですがね・・・!(笑)

 

 

その一方月島と山口は2人でベンチに腰かけていました。

次が準々決勝・・・という緊張感の中、山口は月島に、

「鴎台のブロックがどんなに凄くても 俺たちのサーブ&ブロック は ぁ けないっっ」

と力強く・・・噛みました(笑)

 

更に、「俺たちの、サーブ&ブロックは、負けない!」とゆっくりしっかり丁寧に言い直す山口。

そんな山口に「よくもまあ2回も行ったね」と言葉を返し、同時に2人でブハーッと吹き出してしまいました!

 

これで完全に緊張はほぐれていそうですね!

山口、ナイス噛み!!(笑)

 

 

そして、ついに会場に入りの時間。

上着を脱ぎ、ユニフォームに身を包んだ烏野の面々たち。

 

3年生にとってはどの試合も負けたら最後の試合となります。

3年生の大きな背中をしみじみと見つめる西谷と田中。

 

そんな3年生たちが考えていたのは・・・「からあげ・サイコロステーキ・生姜焼き」

今日の晩御飯のおかずでした(笑)

ちなみにこの中で優勝したのは生姜焼き。

ご飯が進む~!!

 

そして「美味い晩飯 食うぞ」の一言と共に烏野高校は会場入りします。

 

そして、会場入りしてすぐに「翔陽ー!!」と客席から声が聞こえました!

 

見てみると、そこにいたのは冴子!!

 

冴子は翔陽に「『小さな巨人』が来てるよ!」と教えてくれます!

 

翔陽がバレーを始めるきっかけとなった『小さな巨人』。

 

翔陽は走って『小さな巨人』のもとへ。

翔陽は大興奮で

「初めまして 小さな巨人!!

おれ日向翔陽です!!

昔テレビで巨人さん見てバレー始めました!!」

と挨拶!!

 

その『小さな巨人』こそ、先ほど月島兄に声をかけた人物!

 

冴子とも同級生で、高2の頃春高に『烏野の10番』として出ていた人です。

 

影山はどんな人なのかを見るためについてきていましたが、見覚えのない人物だったようです。

 

翔陽は、現在の『小さな巨人』の所属が気になり、どこのチームでやっているのかを聞きますが、

「俺もうバレーやってないんだ」という返答をもらいます。

 

翔陽が憧れた『小さな巨人』は他にやりたいこともあったし、特にお声もかからなかったからと、高校を最後にバレーから足を洗っていました。

 

ぽかんとする翔陽に、影山は「おい、もう行くぞ」と声を掛けます。

『小さな巨人』は翔陽に「がんばれ 新小さな巨人!」と激励し、翔陽もそれに答えます。

 

テレビで見ていた『小さな巨人』。

ずっとあんな風になれたらカッコいいと思っていた翔陽にとってまさに憧れの存在。

 

そんな人がもうバレーをしていない、と知ったら、どう感じるのでしょうか。

きっとショックを受ける人が多いでしょう。

 

しかし、翔陽は違いました。

 

烏野VS鴎台のコートに立ち、試合開始のホイッスルを聞いた翔陽。

 

そんな翔陽が影山にボソッとつぶやいたのは

「なんでだろ おれ あんまがっかりしてない」

という一言でした。

 

翔陽の心境の変化を感じられるこの一言!!

 

更なる跳躍を見せてくれるのでしょうか!?

 

ついに開始した試合の行方も気になりますが、337話はここで終了しています・・・!

 

 

ハイキュー!!337話『小さな巨人決定戦』感想

 

ついに憧れの『小さな巨人』と対面できた翔陽。

 

しかし、『小さな巨人』は既にバレーを辞めていました。

 

翔陽の性格から考えると、さぞがっかりするだろう・・・と思ってしまいますが、翔陽は自分でも不思議なくらいがっかりしていないようでした。

 

翔陽の心境に起きた変化は、今までの仲間たちとの練習や、強豪校との試合によるものなのかもしれませんね・・・!!

 

そしてついに始まる烏野VS鴎台の準々決勝!!

 

主に晩御飯のことを考えている3年生たちでしたが、肩の力が抜けて良い意味でリラックスできているのかもしれませんね♪

 

 

試合の内容が気になる339話は2019年2月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ13号に掲載される予定です!

 

339話のネタバレもお楽しみに♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です