約束のネバーランド123話最新話ネタバレ!

このページでは、2019年2月18日発売の週刊少年ジャンプ 2019年12号掲載の『約束のネバーランド』最新話をご紹介します!

 

前話では、レイがエマに本心を言うように伝え、エマが本当は鬼たちを殺したくないと思っていることが分かりました!

 

122話のネタバレはこちらをご覧ください♪

 

明らかになったエマの本心と、だけれどどうしようもないという葛藤。

それを聞いたレイの答えは・・・?

 

 

気になる123話のネタバレ、感想をご覧ください!

 

 

 

約束のネバーランド123話『大事な選択』ネタバレ

 

鬼を殺したくはないけれど、食用児が食べられてしまうのも嫌だというエマ。

 

どうすれば良いのか分からない、とレイに訴えかけます。

 

エマの話に耳を傾け続けたレイ。

 

レイから返ってきた言葉は・・・

 

「俺にもわからん」

 

でした(笑)

 

「え?」と拍子抜けするエマにレイは続けます。

 

その内容は、

 

エマの言う通り、七つの壁を見つけて約束を結び直しても鬼はそのうち滅びしまう

このまま人間の世界に逃げ込んでも追われるか戦争になるリスクが高い

”鬼”が特性上人間を食料とする以上、全食用児を救いたいならノーマンの方法しかない

 

 

まとめると「とりま、どうしようもないんじゃね?」というものでした(笑)

 

これを聞いてエマは大反論!!

 

エマがこういう気持ちであろうことを分かっていたうえで、何故エマの気持ちを聞いたのか!?

何か解決策やアドバイス、もしくは批判はないのか!?

なぜ折角頑張って埋めた本心を掘り起こしたのか!?

とレイへ不満をぶつけます。

 

しかし、レイは、「でもすぐ出てきたじゃん」と答えました。

 

埋めたはずの本心がすぐ出てきたことを指摘されたエマ。

 

続けて、諦めきれないことも指摘されます。

 

今までずっと苦楽を共にしてきたレイだからこそエマのこの本心が分かっていたのでしょうし、このままガマンし続けて行くと、どこかで爆発して、一番面倒な方向に1人で突っ走っていくだろうと痛いところを突きます。

 

経験上、一切の反論ができないエマ(笑)

 

 

しかし、本当にそうなってしまうと、エマはもちろん、皆に危険が及んでしまいますし、ノーマンの作戦も台無しになってしまいます。

 

レイはノーマンの言う絶滅でも納得できていますが、エマは違います。

鬼も殺したくないし、全食用児も絶対に失いたくない。

 

 

今回のことは重大な決断なのだから、納得していないならとことん向きあった方が良い、とレイに言われ、エマはもう一度自分の気持ちを整理しました。

 

鬼の絶滅は嫌で、争わない選択をしたい

しかし、方法がなく、自分以外に誰もそれを望んでいる人がいない

下手すれば皆の危険が増す可能性もある

 

これらを踏まえ、しかし、仲間をもう失いたくないという一心も揺るぎません。

 

そうなると、「どうしたい」だけでは決められず「どうしていいのかが分からない」

 

これが今のエマの気持ちでした。

 

 

一通り整理できたエマの気持ちを理解したレイは、それ込みでノーマンに話をしに行こうと提案します。

 

エマは、自分自身がこんなに迷っている状態なのに!?と言いますが、悩んでいるからこそ信頼し合える仲間であるノーマンに話しにいこうと返しました。

 

昔からエマにとってもレイにとっても特別だったノーマン。

 

更に、具体的には何も聞かされていないノーマンの作戦も気になります。

作戦次第で衝突が避けられるかもしれないのが事実。

 

そして、もう一つ、ソンジュとムジカの存在も気になります。

鬼であるにも関わらず、人間を食べずに、かつ人型で知性も備えている彼ら。

 

ノーマンの話の通りであれば、人間を食べなければ鬼たちはその姿も知性も保てないはずです。

 

考えられる要因としては、

ソンジュとムジカが嘘をついている

もしくは

人を食べなくても人型と知能を保持できる”例外”の鬼がいる

という2つ。

 

鬼がすべてムジカたちみたいだったら・・・と思う一方で、ノーマンはこのことを知っているのだろうか?と思い直すエマ。

 

ノーマンが知っているかどうかは定かではないが、もし知らなかったらヤバイとレイは言います。

 

もしもムジカたちが人を食べずとも維持していける”例外”だったとして、その”例外”の鬼がたくさんいたら・・・

かつ、その鬼たちが人間を食べたいと思っている鬼だったら。

仮に農園をつぶしたところで、人を食べずとも形質維持をできる鬼たちは退化せずに、人間の脅威のままなのです。

 

そうなると、ノーマンの作戦は根本から崩れてしまいます。

 

 

そして、逆にもしもノーマンがこの”例外”の存在を知っているのであれば、何故そんな例外がいるのかを聞くことができる、ともレイは言います。

 

場合によっては、鬼と人間が共存できる道があるかもしれない、というレイの言葉にパッと表情が明るくなったエマ。

 

 

しかし、レイは自分は鬼との共存は難しいと思うと続けます。

 

ついこないだ量産型農園にクリスのための薬を手に入れるため忍び込んだ時、エマを食べようとしたのもまぎれもない鬼なのです。

 

そんな鬼たちとの共存を難しいと考えるのは至極当然のことでしょう。

 

しかし、ソンジュとムジカに恩があるのはレイも一緒です。

ムジカたちに出会うことができなければ、レイもエマも無事ではなかったでしょうからね・・・

 

 

そして、レイはエマに

「好きに選べ 俺は肩を貸す

どんな選択でも お前なら大丈夫」

と頼もしい言葉をかけます。

 

そして、悔いのない選択ができるようにと、二人はノーマンの部屋へと向かいます。

 

 

しかし、そこにノーマンの姿はなく、代わりにいたのはヴィンセント、そして骨付きのでっかい肉を食べる女とガタイの良い男の3人でした。

 

ノーマンは急用で出かけていると聞いて、出直すと伝えましたが、『君らに興味がある』とイスに座らせられてしまいました!

 

ヴィンセントは先週も出てきましたが、この男女はいったい誰!?

 

 

気になるところではありますが、123話はここで終わっています^^;

 

 

約束のネバーランド123話『大事な選択』感想

 

ついにエマの本心が明らかになり、冷静沈着で聡明なレイから返ってくる言葉はいったいどんなものなのだろう・・・と思っていましたが、拍子抜けで逆に安心してしまいました(笑)

 

レイの口から「とりま、どうしようもないんじゃね?」なんていう軽い言葉が聞ける日が来るとは思っていませんでしたが、これもノーマンが生きていてくれて安心したから?

それとも仲間たちとの旅路の途中での心境の変化?(笑)

 

でも、こんな軽口が叩けるのも、ノーマンへの絶対的信頼感からなのでしょう。

 

農園から脱獄する時も、全員で一度に脱出を!というエマと、小さい子たちは見捨てろ、というレイの間でクッションのような存在になっていたように思えます。

 

 

あいにくノーマンは外出中でしたが、ノーマンの部屋に集まっていた人たちは誰なのでしょう??

 

アジトに住んでいるノーマンの新しい仲間たちなのか、それとも前話でヴィンセントに託していたた手紙で呼びつけた人たちなのか?

 

更に、エマ達に興味あるという2人ですが、何だか不穏な空気を感じてしまいます・・・!!

 

 

続きが気になる約束のネバーランド124話は2019年2月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ13号に掲載される予定です!

 

次話の最新話ネタバレもお楽しみに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です