ワンピース934話最新話ネタバレ!キッド脱獄!ルフィはどうなる!?

このページでは、2019年2月25日発売の週刊少年ジャンプ 2019年13号掲載の『ワンピース』最新話をご紹介します!

 

前話では、オロチに歯向かった花魁の小紫が狂死郎に斬られてしまうシーンが特に印象的でしたね・・・

 

ロビンはこのタイミングでブルック、ナミ、そしてしのぶと合流!

 

 

933話の詳しいネタバレはこちらをご覧ください♪

 

一方チョッパー、モモの助たちは、記憶喪失のビッグマムを連れて兎丼へ向かうことを決めます!

 

一体どうなるワノ国編!?

 

934話のネタバレもまとめてみましたよ~!

 

 

ワンピース934話『花のヒョウ五郎』ネタバレ

 

場面はワノ国近海からスタート!

 

キングの攻撃により海に投げ出されたビッグマム。

 

共にワノ国を目指してきたビッグマム海賊団の船はひっくり返ることはなく、航海を続けられています。

 

しかし、キングの守りがあると分かった以上、迂闊に近づくことができなくなってしまいました。

 

能力者であるビッグマムが海に落ちてしまったことを心配する一行ですが、ビッグマムのビブルカードが無事であることからビッグマム自身も無事であることを悟ります。

 

ただ、ビッグマムが無事であったとしても、ただ一人敵地にいることは確か!

 

元々カイドウとビッグマムは仲間だったという恐ろしい情報も盛り込まれつつ、ビッグマムの命が取られてしまうのでは・・・という心配も。

 

そんな心配をよそにペロスペローは

「ビッグマム海賊団 改め ペロスペロー海賊団か・・・」

とちょっと嬉しそうですが、

「次期船長はカタクリだろう!!!」

という熾烈なツッコミも!

 

その時点でビッグマム、勝手に死んだことにされてますけど・・・(笑)

 

そんな無駄な喧嘩の仲裁に入ったのはスムージー。

 

「必ず帰って来る!!

ママを常識で計るな 愚か者共!!」

 

という仲裁の言葉。

 

確かに・・・と納得できちゃいますね。

 

 

ここで場面は変わり、九里『編笠村』-・・・

 

チョッパー、モモの助、そしてビッグマムとお玉たちは兎丼へ向かっています。

 

お玉は道中、飛徹にその旨を連絡。

 

しかし、錦えもんからモモの助のことを守るようにと頼まれているが故、危険な兎丼へ行くことを猛反対!!

すぐに戻るように伝えます。

 

お玉は『くの一』としてモモの助を守ると言いますが、飛徹は半人前にもなっていないお玉にモモの助が守れるわけがないと叱ります。

 

そこにお菊が仲裁に入りますが、まだまだ怒っている飛徹との連絡を無理やり切ってしまいます。

 

そのまま進んでいく一行は、九里『荒野』に差し掛かります。

 

ビッグマムは未だ記憶喪失で、先ほどの連絡で聞こえてきた『ビッグマム』という言葉に聞き覚えはあるようですが、それでもまだ何も思い出せてはいません。

 

ビッグマムの喋る帽子もうんともすんとも言わないので、帽子も一緒に記憶喪失なのか、まだ気を失っているのか・・・?

 

チョッパーたちは皆ワニガメに乗って移動中。

ビッグマムも乗れるほどの大きなワニガメですが、ビッグマムが2回殴って大人しくさせました・・・(笑)

 

お腹が空いたビッグマムは「早くうどんに着きたいねぇ・・・お腹が空いたねぇ・・・」と言い、よだれをたらながらチョッパーをガン見!

チョッパー、身の危機を感じます(笑)

 

お菊はビッグマムにワノ国の大まかな地図を見せ、兎丼までが結構遠いこと、それぞれの郷が大きな川で区切られていて、その川を渡らなければ兎丼へはいけないことを説明してくれます。

 

そのことを聞き、ビッグマムは「・・・遠いねぇ」とまたよだれをたらしながらチョッパーをギロリ。

 

チョッパー、無事兎丼にたどり着けるでしょうか・・・(笑)

 

モモの助はというと、ワニガメの上にも関わらず、竹刀を振るい鍛錬を続けます!

 

「スナ~ッチ!!」という掛け声とともに竹刀を振りますが、お菊がその掛け声に反応。

 

モモの助はこの掛け声はゾロが教えてくれた海外の掛け声で、勇気が出ない時に心を奮い立たせてくれるおまじないだと言います。

 

しかし、お菊はその言葉の使用を禁じました。

 

その理由は、偶然かもしれないけれど、九里の古い方言にもそのような掛け声があり、モモの助が使うにふさわしい意味の言葉ではないから。

 

どのような意味なのかは触れられていませんが、お菊が強く禁止しているあたり、かなり良くない意味合いなのでしょう・・・。

 

 

 

ここでまた場面は変わり、ワノ国『鈴後』”北の墓場”-・・・

 

ロビンとナミ、ブルックにしのぶは合流からここまで逃げてくることができました!

 

カン十郎は、狂死郎の名を知らず、20年前のヤクザの大親分と言えば「花のヒョウ五郎」一択だったと言います。

 

ロビンは逃げることができたけれど、その途中遊郭に届けたトコの身を案じます。

 

そこでナミは確認がてら町のお風呂屋さんに行くことを提案します。

疲れも取れるし一石二鳥!というところのよう。

 

しのぶは「お湯」「飲み水」はすべてオロチの経営なので、変装が必要だと言います。

 

ロビンも休憩をすることに賛成しますが、欲しかった情報を全て得ることはできなかったようで、不甲斐ない・・・と落ち込みます。

 

しかし、ロビンが持ち帰った情報は

 

決戦当日のオロチの起床時間

「将軍行列」が鬼ヶ島へ運ぶ貢ぎ品の内容

開宴時間

カイドウの好物

手下の組織図

兵力また武器の数およびオロチ軍の兵力と武器

 

などなど、途中でカン十郎が思わず「有能!!!」と叫んでしまうほど多数の情報でした(笑)

 

そして、ブルックからはポーネグリフを見つけたという情報も!

 

赤い意志ではなく、”写し”を持って帰れたわけではないけれど、テャマスィーの状態で、強固な地下室にあり、木彫りの人形が並ぶ変な部屋だったとブルックは言います。

 

木彫りの人形と聞き、しのぶは”こけし”?と反応しますが、そこはスルーされました。

ワノ国のものが何なのかブルックには分かりませんしね^^;

 

その話を聞き、ロビンは”ロード ポーネグリフ”はやはり「鬼ヶ島」かもねとため息をつきますが、とりあえずお風呂へ行くこと。

ブルックは目立つからお留守番をくらいますが(笑)

 

 

ここで場面は『花の都』ー・・・

 

狂死郎が花魁 小紫を斬った話は瞬く間に広がっていました!

町中大騒ぎで、あちらこちらから悲しむ声が上がっています。

 

 

そして更に場面は変わり、『えびす町』-・・・

 

ここにも美女の死を悲しむ男がいました。

 

それは皆さんご存知、そう、サンジです!!

 

「美女の死は世界の損失だ!!」

と嘆くサンジをよそに、新聞を開き、

「葬式は明日だそうだ」

と情報を淡々と伝えるロー。

 

騒ぐサンジをよそに、ウソップ、フランキーはその場にいたはずのロビンたちの身を心配します。

 

一通り嘆いたサンジは切り替え、新聞に兎丼の、ルフィの記事はないかと尋ねます。

 

新聞にはルフィの記事は載っていませんでしたが、キッドが脱獄したことが書かれていました!

 

ここでキッドもワノ国にいることを知った4人。

 

そして、切り替えてからずっとレイドスーツを片手に「女湯」とつぶやいていたサンジでしたが、ついに「湯屋」の場所を知らないかと聞いてきました。

 

レイドスーツの透過能力で覗きする気満々ですね・・・(笑)

 

 

ここで場面は変わり、ワノ国『兎丼』”囚人採掘場”へ。

 

久々のルフィの登場ですが、場はキッドの脱獄で騒然としています!

 

キッドは脱獄こそしたものの、海楼石を付けたまま脱獄したよう。

 

ルフィは看守のアルパカマンから脱獄に加担していないか疑われますが、それ以上にひどい目にあわされていたのはヒョウじいでした。

 

ヒョウじいは「ろくに働けないはずのジジイがなぜこんなに飯の引きかえ券を持っている!?」と言われます。

 

引きかえ券はルフィからもらった大切なもの。

 

看守たちの暴力により、引きかえ券で手に入れたきびだんごを地面に落としてしまいますが、ヒョウじいは落ちたきびだんごを食べはじめます。

 

看守たちがそれを許すはずもなく、ヒョウじいを踏みつぶして吐かせようとするのです・・・!

あまりに卑劣すぎる・・・

 

しかし、ヒョウじいはあの男がくれた団子を一つも無駄にするものか!と必死に飲み込みます。

 

その間も看守からの暴力は続き、券をヒョウじいに渡した共犯者の名前を言うように言いますが、ヒョウじいは「死んでも言わねぇ!!」と返しました。

 

義を貫き弱きを助け強者に屈せず・・・!!

あの男の任侠にゃあ任侠で応えねぇと格好がつかねぇや!!!

 

というヒョウじい。

 

そう、ヒョウじいこそ、20年前「花のヒョウ五郎」としてワノ国に名をとどろかせていたヤクザの大親分だったのです!

 

昔はルフィのような男がたくさんいたのに、お前らがみんな殺しちまった・・・!!!

と嘆くヒョウじい。

 

そんなヒョウじいの危機に、居ても立っても居られないルフィは看守に向かってダイブ!!!

 

一撃をくらわそうかというところで、場面は採掘場門前へ。

 

ここにやってきたのは、大看板クイーン!!

 

ルフィのすぐそばに迫る脅威の影・・・!

次号対決となるのでしょうか!?

 

 

ワンピース934話『花のヒョウ五郎』感想

 

オロチ城から無事脱出できたロビンたち!

 

ロビンがかなりの情報を収集してきたにもかかわらず、落ち込んでいる姿は思わずツッコミを入れたくなりますね(笑)

最初の頃のロビンからは想像がつかない姿ですよねぇ。

 

 

そして、一番の見どころはやはり久々登場のルフィ!!

 

キッドの脱獄について詳しい描写やルフィの発言はありませんでしたが、知らない間に脱獄したんでしょうかね?

 

ヒョウじいの、ルフィから受けた恩をしっかりと受け取る男気に思わず涙腺が緩みそうですが、後先考えてないのは置いといて、目の前でズタボロになるヒョウじいをほっとかずに助けに走るルフィの姿は最高です!!!

 

ヒョウじいもルフィもカッコ良すぎる!!!

 

クイーンがすぐそこに迫ってきていますが、次回ルフィと対決となるのでしょうか!?

 

海楼石をはめられたままのルフィ。

一体どうなるのでしょう!?

 

 

次話ワンピース935話は14号は休載で、2019年3月11日(月)発売の週刊少年ジャンプ15号に掲載される予定です!

 

935話の展開もとっても楽しみですね!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です