約束のネバーランド124話最新話ネタバレ!ノーマンの行き先は?

このページでは、2019年2月25日発売の週刊少年ジャンプ 2019年13号掲載の『約束のネバーランド』最新話をご紹介します!

 

前話では、エマがレイに本当は鬼たちを全滅させたくないと思っていること、だけれどどうしたら良いのか分からないことなど、心の内を全てさらけ出していましたね!

 

レイはノーマンの案に賛成ではありますが、エマの気持ちも汲んでくれて、ノーマンに相談に行くことを提案してくれました!

 

 

123話のネタバレはこちらをご覧ください♪

 

 

急用で出かけていてノーマンはおらず、代わりにいたのはノーマンの腹心を含めて3人の男女でした!

 

エマ、レイに興味があると言いますが、彼らは一体・・・!?

 

 

気になる124話のネタバレ、感想をご覧ください!

 

 

 

約束のネバーランド124話『聞かせろよ』ネタバレ

 

ノーマンの部屋にいた3人は、ヴィンセント、そしてガタイのいい男はシスロ、肉を食べていた女はバーバラという名前でした。

 

かなり圧の強いシスロ、そしてバーバラ。

 

一体なぜこんな高圧的なのだろう・・・と思っていたところ、シスロの口から飛び出した一言は

「俺たちも脱走者だかんな!」

という言葉。

 

エマ、レイはイマイチ理解できずにいましたが、立て続けに

「てか俺たちの方がすげぇかんな!!

農園ぶっ潰してっかんな!!」

と言われ、対抗心で張り合っていることを知ります。

 

ヴィンセントにすまんが適当に肯定してやってくれと言われ、

「スゲーっす パネーっす

俺たちにゃできねーっす さすがっす」

と本当に適当に肯定するレイに困惑するエマでしたが、シスロ、バーバラはめちゃくちゃ嬉しそう(笑)

 

バーバラにはΛ7214のマークがあり、シスロは服で隠れて見えませんが、同じラムダからの脱獄者です。

 

レイは冷静に、ノーマンの不在時にノーマンの部屋にいるこの3人はハヤトたちよりももっと上の人間と判断し、め面倒事は避けよう、と考えます。

 

エマは、ヴィンセントにクリスとドミニクの治療をしてもらったことのお礼言います。

 

ヴィンセントは微笑みながら「よくなるといいな」と返してくれ、冷たい人かと思いきや優しい人であることが分かりました!

 

シスロ、バーバラは、そんなことより!!ともじもじしながらノーマンの話を聞かせてくれ!と言います。

 

ヴィンセントから何を隠そうこいつらはボスが大好きと暴露されますが、ヴィンセントもノーマン好きであることを暴露しかえされます。

 

ヴィンセント、ノーマンの前では口も悪いですしクスリともしていませんでしたが、実はノーマン大好き人間だったようです(笑)

 

そこからノーマンの昔話がスタート!

 

エマはノーマンはいつもフワッとニコニコほほえんでいて・・・と話しはじめますが、この時点でシスロ、バーバラは「全然ちげぇ!!」と大爆笑!!

 

エマは驚き、逆に今のノーマンがどんな感じなのか聞き返しますが、帰ってきた答えは

バーバラ「キリッ」

ヴィンセント「冬」

シスロ「帝王」

 

これには逆にレイがお茶を吹き出して笑います(笑)

 

ノーマンが帝王って・・・確かににわかには信じられませんね!!

 

そこからノーマンの話に花が咲く咲く!!

 

一通り話し終わったところで、ヴィンセントは「いい~話を聞かせてもらいました」と感激の涙を流します。

結局一番のノーマン好きはヴィンセント?(笑)

 

ノーマンは昔の話をあまりしないそうで、話が聞けたことを3人とも喜んでいました。

 

エマが今のノーマンはどんな感じなのかと聞くと、ニコニコフワフワはしていないけど、仲間想いの良いやつで、皆がノーマンに救われたと知ります。

 

元はGR出身のシスロ、バーバラ、そしてGB出身のヴィンセントは皆Λ7214で出会ったそうです。

 

Λ7214の実験で力を得た3人。

その力の使い道を教えてくれたのもノーマンだと言います。

 

ノーマンが策を立て、シスロ、バーバラ、ヴィンセント、そしてザジの4人が実行をする、というやり方で、今まで農園をつぶしてきた、という話に驚くエマとレイ。

 

ノーマンを含め、たった5人で農園をつぶしてきたことを揚々と語るシスロですが、「早く奴らを皆殺しにしてぇ」というシスロの発言に凍り付くエマ。

 

バーバラも「ぶっ殺して奴らの肉を食うとムカムカが消える」と同意します。

 

そう、バーバラが今まで食べていた肉は鬼の肉。

 

バーバラは鬼たちばっかり食用児を食べるのがむかつくからと、鬼の肉を喰らっていたのです。

 

「ただ殺すだけじゃ足りねぇ」

「ラートリー家も鬼共も一匹残らず同じ目に」

というバーバラの発言に、エマは信じられないという表情をします。

 

その表情にバーバラが気付かないはずもなく、「何 その顔」と問いかけてきました。

 

「まさかあんた鬼に同情してる?」とバーバラは詰め寄ります。

 

そして、ノーマンへの話が計画変えてとかじゃないかと勘付き、エマ達の返事を待たずに足で先ほどまで手に持っていた鬼の骨とテーブルを踏みつけメキメキと破壊します。

 

「鬼は退治すべきバケモノだろ!!」とキレ続けるバーバラですが、

「やめろ バーバラ」

というシスロの一言で、バーバラはそれ以上の行為をとどまります。

 

凍り付いた場の雰囲気。

 

ここで口を開いたのはヴィンセントでした。

 

ヴィンセントから聞かされたのは、どのみちもう遅いということ。

 

ノーマンが計画を早めたので、追いかけたとしても間に合わないし、戻る頃にはもはや誰にも止められないということ。

 

レイはノーマンは一体何をしに行ったのかヴィンセントに聞くと「駒の一つ」に会いに行っていると答えます。

 

場面はザジを連れてヴィンセントのいう「駒」に会いに行ったノーマンのところへ。

 

ノーマンは「駒」と言われる相手に「共にこの世界を破壊しましょう」と同盟を結ぶことを提案します。

 

その相手というのが・・・なんと、

そこに居合わせたのは5人の鬼だったのです。

 

鬼の世界を破壊するために鬼と同盟を結ぶというのはどういうことなのでしょう・・・?

 

124話はここで終了していますが、めちゃくちゃ気になる・・・!

 

 

約束のネバーランド124話『聞かせろよ』感想

 

シスロ、バーバラ、ヴィンセントは最初怖い雰囲気だったのに、ノーマン大好きだということが分かり、和気あいあい、仲良くなれそう!!と思っていましたが、鬼の話となるとまるで雰囲気が変わりましたね・・・

 

たしかに、シスロ達がされてきたことや、自分達が置かれている状況を考えれば、鬼を倒したいと考えるのはごく一般論なのかもしれませんが、シスロやバーバラの鬼を殺すのが楽しい、スカッとする、という考えには異常さも感じます・・・

 

一触即発とも思われましたが、シスロ、ヴィンセントにより何とか免れましたね。

 

そして、鬼たちを殲滅するためにノーマンが同盟を結びにいった相手はまさかの”鬼”!?

 

一体何がどうなっているのでしょうか・・・?

 

 

続きが早く読みたい約束のネバーランド125話は2019年3月4日(月)発売の週刊少年ジャンプ14号に掲載される予定です!

 

次話の最新話ネタバレもお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です