食戟のソーマ300話最新話ネタバレ!特等執行員はえりなの母親!?

このページでは、2019年2月25日発売の週刊少年ジャンプ 2019年13号掲載の『食戟のソーマ』最新話をご紹介します!

 

前話では、創真とタクミのタッグ料理により、団体戦を制したところで話が終わっていましたね♪

 

 

299話をまだ読んでいない方はこちらをチェック!!

 

 

記念すべき300話のネタバレ、感想をまとめましたので、ご覧ください♪

 

 

 

食戟のソーマ!!300話『呪願文』ネタバレ

 

見事団体戦を勝ち取った創真とタクミ。

 

ここでイサミも無事解放され、戻ってきました!

イサミの無事を確認でき、ホッとしたのもつかの間、

ドン・カーマは自分のシェイカーを朝陽に渡し、朝陽は更なる異能を手にしました。

 

ドン・カーマ、タクミに自分の道具を掛けて勝負しようと言ってたのに、自分が負けた時は朝陽に渡すのか・・・^^;

 

まぁタクミはその勝負の条件にYes もNoも言っていませんし、もらったところで困るでしょうけれども。

 

その様子を見ていた創真とタクミのところに、イストワールが先ほどの戦いっぷりを称賛しながら近づきます。

 

選手のための個室控室があるので、休憩できることを教えてくれ、激励もしてくれました!!

 

 

一方場面は特等執行員の部屋。

 

何やら不穏な空気で、トーナメント表を寄越せという特等執行員。

この大会には『彼奴』は要らんー・・・

 

特等執行員がそういったところで、場面は選手控室へ。

 

個室で眠っていた創真ですが、恵やタクミ・イサミに起こされます。

 

その起こされた理由は、トーナメント表が明らかにおかしいから

 

昨日見たはずのトーナメント表で、組み合わせは皆かなり離れてしまったようですが、反対側ブロックのえりなのブロックだけ書き換わっていたのです!

 

しかも、その書き換わり方が異常で、トーナメント方式であるにも関わらず、えりながすべての選手と当たるトーナメント表になっていました・・・!

 

創真たちがえりなのもとへ駆けつけると、えりなは勝負の真っ最中!

 

相手が全員ノワールにも関わらず、物ともしない絶対的強さで勝利を重ねているえりな。

 

このトーナメント表の異常さにはもちろん全員気付いていて、しかもWGO幹部からの説明もないことから、何度も問い合わせをしている撮影班。

しかし、いまだ回答は得られていません。

 

えりなだけこんな消耗する仕打ちを受けることに疑問を持つタクミや恵をよそに、えりなだけいっぱい戦えることが羨ましくて納得できない創真は特等執行員に物申してくる!と天守閣へ向かいます!

 

天守閣へ行き、特等執行員の部屋に入ろうとした創真でしたが、中から話声が聞こえ、入ることをためらいます。

 

特等執行員と話をしていたのは、えりな。

 

こっそり話を聞く創真のもとに、創真を止めようとやってきた恵、タクミ・イサミも追いつきます。

 

えりなは特等執行員にトーナメント表の自分のブロックを書き換えさせたのかどうかを尋ねると、特等執行員は肯定した上で「私の悲願を成就させるのに最も適したものが勝ち残るように便宜を施した」と答えます。

 

えりなは、「競わせたいのは「異能」を持つものたちだけで、その中でも唯一「神の舌」という異能には用がないということなのですね?」と言ったうえで、特等執行員に

「お母様」と呼びかけます。

 

こっそりと聞いてきた創真たちもえりなのその言葉に驚き、思わず固まります。

 

御簾ごしの話していた2人でしたが、指示により上げられた御簾。

その先にいたのは、薙切 真凪(なぎり まな)-・・・

えりなの実の母親だったのです。

 

久々の再開だったわけではありますが、先ほどの質問に対し、真凪は「答えるまでもない」と言います。

 

その発言にえりなは「この私がBLUEを制する光景をそこで見ていてごらんなさい」

「私のー・・・えりなの!!神の舌!!!その力見せつけてさしあげます!!」と啖呵を切り、部屋を後にします。

 

部屋の外にいた創真たちはえりなに見つかりますが、えりなは驚くでも起こるでもなく、「・・・居たの」とだけ言い残し、その場を去ってしまいました。

 

一体2人の間に何があったのか?

 

怒りだけではなさそうなえりなの感情。

とっても気になりますね・・・

 

 

食戟のソーマ!!300話『呪願文』感想

 

特等執行員による操作でまさかの連戦を強いられるようになったえりな。

 

しかも、ここにきてその特等執行員がえりなの母親だとは驚きですー・・・!

 

えりなの実父、薊も異常さを見せていましたが、母親までとは。

 

えりなの幼少期の悲惨さが伺えます・・・

 

次号では、特等執行員 薙切 真凪の過去が明らかになるようですが、BLUEや異能と何か関係があるのでしょうか!?

 

気になる食戟のソーマ301話は2019年3月4日(月)発売の週刊少年ジャンプ14号に掲載される予定です!

 

301話のネタバレもお楽しみに♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です