ハイキュー!!341話最新話ネタバレ!鴎台のブロックの凄さ!!

このページでは、2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ 2019年15号掲載の『ハイキュー!!』最新話をご紹介します!

 

前話では、烏野VS鴎台の1点の取り合いにより1-1の同点を迎えたところで話が終わっていましたね!

 

340話のネタバレをまだご覧になっていない方はこちらをご覧ください♪

 

鴎台サイドの挑発に分かりやすくイラっとしてしまった翔陽&影山(笑)

 

準々決勝でも緊張してない感じが良いですね~。

 

341話はどうなっているのでしょうか!?

 

早速ネタバレをご覧ください!

 

 

ハイキュー!!341話『蔓』ネタバレ

 

昼神のブロックに沸く場内!

 

しかし、月島はどのチームにもすごいブロッカーはいると冷静です。

 

すごいブロッカーがいても、所詮は個人

 

全体を見ることが大切、ということですね!

 

そして、月島はどんなに優秀なブロッカーがいても、訓練された組織には敵わないとも言いました。

 

確かにそうですが、この冷静さはチームプレイが重要なバレーという種目において1人はチームにいてほしい存在かもしれませんね!

 

そして、星海サーブが続きますが、ブロックのハイレベルさは確かに気になるところですが、地道に戦っていく他ありません。

 

そのための大前提としてサーブで崩されてしまわないことはとにかく重要!

 

サーブで崩れてしまうと、トスできる先や次の攻撃が限定的になってしまうからでしょう。

 

綺麗に上がった烏野サイドのレシーブ!

 

影山からのトスに対応できる選手は

なんと4人!!!

 

セッターとリベロ以外の全員が攻撃体制に入るという同時多発位置差攻撃で鴎台を惑わします!

 

そして、アタックを決めたのは沙子姐さんの弟、龍之介!!

 

強烈なアタックをぶち込みました!

 

 

この攻撃体制には元小さな巨人も驚き!

 

ボールは烏野サイドに移りますが、サーブがネットに阻まれてしまい、再び鴎台サイドへ。

 

伸びるサーブにみだれが出ますが、影山の物ともしないフォローにより、ボールは翔陽へ!

 

翔陽には3枚のブロックがつきましたが、その高い壁を超え、見事鴎台サイドへボールを叩きつけた翔陽!

 

1ポイント目を取った時、最初のアタックからそうでしたが、鴎台は3枚のブロックが必ずついて回ってきています。

 

月島はそんな鴎台ブロックのことを、鴎台のブロックは全員が伊達工の青根さんだと思った方が良いと言いました。

 

えー、怖い(笑)

 

特に見た目が、、、と私が個人的に思ったところで341話は終了です!

 

 

ハイキュー!!341話『蔓』感想

 

開幕早々1点の取り合いで点差が開かない烏野VS鴎台の戦い!

 

お互い様子見なところもあるでしょうけれど、鉄壁とも言える鴎台のブロックは確かにとても厄介ですよね。

 

翔陽は今のところものともせず持ち前の躍進力でブロックの上からボールを叩きつけていますが、目の前にデッカイ3枚ブロックがついたらそれだけでビビってしまいそうです(笑)

 

そして、今回の烏野サイドの攻撃で印象的だったのは同時多発位置差攻撃ですね!

誰が打ってくるか分からないとブロックも付きづらいですし、影山のチョイスも優秀~!

 

翔陽は常に自分が打つ!という気持ちで飛んでいるので、それも見ていて気持ちが良いです!!

 

今のところ烏野はアタックを決めて点数を、鴎台はブロックで止めて点数を取っていっている印象ですが、これがこの先そのまま続くのか、はたまた違う展開も見せてくれるのかが気になりますね!

 

気になる342話は2019年3月18日(月)発売の週刊少年ジャンプ16号に掲載される予定です!

 

次回のネタバレもお楽しみに♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です