ワンピース935話最新話ネタバレ!ルフィ&ヒョウじいの運命は!?

このページでは、2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ 2019年15号掲載の『ワンピース』最新話をご紹介します!

 

前話では、小紫の死に花の都が大騒ぎになっていました!

 

それぞれが動き出した934話の詳しいネタバレはこちらをご覧ください♪

 

一方、兎丼で捕らわれているルフィはヒョウじいを助けるため看守へ攻撃を仕掛けます!

 

海楼石の手錠がはめられたままのルフィ!

 

一体どうなる!?

 

そして、ここでもう一人麦わら海賊団に心強い仲間が現れる!?

 

935話のネタバレもまとめてみましたよ~!

 

 

ワンピース935話『QUEEN』ネタバレ

場面は兎丼囚人採掘場内の幹部塔からスタート。

鍵番達が副看守長であるソリティアに海楼石の手錠の鍵が盗まれた旨を報告していました。
鍵番達は、顔がデカい男に偽の鍵を金庫にしまうように言われ、本物の鍵を盗まれたと言います。
ソリティアはまだ塔内にいるはずだから捕まえろと命令を下しました。
一方素早い動きで鍵を持ち去る顔がデカい男ー・・・
そう、その男は霧の雷ぞう
ルフィが脱獄ができるようにと時を見計らって鍵を盗んできたのです!
しかし、そのルフィはと言うと
採掘場ではルフィがヒョウじいに暴行を加えていた副看守長、ダイフゴーを殴りつけていました。
採掘場の掟として
看守への口答え1回目で両腕の切断、2回目で両足の切断、3回目で死刑。
そして、看守に手を挙げた場合、即刻死刑になるという決まりがあるのです。
ルフィがダイフゴーを思いっきり殴りつけたところを目の当たりにした看守達は口を揃えて死刑!と大盛り上がり。
ヒョウじいにも「天晴れでござんした!麦わらの人」とまるで最期のように言われますが、もちろんルフィはそんなつもりではありません。
ルフィはここから逃げるぞ!とヒョウじいに言うのです。
一方看守達は、海楼石の手錠をしているにも関わらず殴りかかることができたルフィに戸惑いも見せていました。
ルフィの息が上がっていることから、海楼石が効いていることに間違いはありませんが、最低限採掘作業ができるだけの手錠をしているにも関わらず、ルフィは走りそのままダイフゴーを殴りつけたのです。
それは、ルフィの精神力が異常だからだ、と駆けつけた看守長のババヌキが言いました。
ルフィはその言葉に対し、俺は今修行中なんだ!!これが外れた時少しでも強くなってる様に!!!と答えました。
しかし、ババヌキは明日もねぇのに強くなってどうするんだ!!と、ゾウのsmileの能力により象の鼻息と、大砲ばりの一撃をルフィに喰らわせます。
吹っ飛ばされたルフィですが、意識は飛んでいません。
覇気だけでも使えたら、とルフィが思っていると、看守達の歓声が聞こえてきました。
それは、百獣海賊団大看板『疫災のクイーン』がやってきたからなのです!
盛り上がる看守達!
クイーンはババヌキに最近困っていることランキングを聞きます。
3位はキッドが脱獄したこと。
2位は海楼石の手錠が盗まれたこと。
1位はルフィが今逃走中であるということ。
クイーンの登場により注目が逸れたからその間に逃走し始めたんですね(笑)
3位から順に聞いて言ってましたが、クイーン、毎回目ん玉飛び出して驚いてました(笑)
壁をよじ登るルフィの姿を眺めるババヌキに「追えよアボンダラァ!!」とキレるクイーンですが、そりゃそうですよね(笑)
というかこの困っていることランキングだけ聞くとどんだけザルなんだこの採掘場と思ってしまいますが(笑)
ここで場面はえびす町へ。
ウソップ、フランキー、ローはヤスの案内で空き家を使わせてもらっていました。
ゾロの仲間であることは伝えたものの、そこにゾロの姿はありません。
ヤスの話によると、ゾロは刀を盗まれたと言って急に飛び出していったのだとか。
スーパー方向音痴のゾロのことだから帰れなくなった可能性が高いと考えるウソップ達。
それと同時に思い出したのがサンジのこと。
気づいたらいなくなっていたサンジ。
まさか早速!?と思ったところで場面は花の都湯屋へ。
そこではナミ、ロビンがシノブと一緒にお風呂に入っていました。
そこはまさかの混浴!
サンジ、ステルス特性なくても大丈夫っちゃ大丈夫でしたね(笑)
そこで話題となっていたのはヤクザの話題。
花のヒョウ五郎も話題となっていて、おでんも慕っていたヒョウ五郎を探し出せば事が上手く運ぶのでは!?と思うナミでしたが、シノブの話では、既に殺された噂があるとのこと。
理由は黒炭家への従属を拒んだから。
かたやヒョウ五郎と一緒に光月家を支えてきた福ロクジュはオロチに仕えることを選んだのです。
当時シノブは福ロクジュの部下でしたが、光月家はの裏切りが許せず逃亡し、今や追われる身となってしまったのだとか。
でも、シノブの忍びとして君主に仕え続けようとする姿、カッコいいですよね!
ここで場面は再び兎丼採掘場へ・・・
逃走していたルフィでしたが、あっさり捕まってしまい、百獣海賊団に入れば許してやると言われます。
しかし、ルフィがそんな申し出に首を縦に振るわけがありません。
雷ぞうもここに辿り着きますが、出て行くわけにもいかず、影から様子を見ています。
ヒョウじいは、自分はどうなってもいいが、ルフィだけは助けてくれ!と懇願します。
クイーンは「よし!決めたぞ 盛り上がるやつ考えたー!!!」と言いますが、嫌な予感しかしませんね・・・
ルフィの身を案じつつも戸惑う雷ぞうに、後ろの檻の中から声がかかります。
その声の主は、赤鞘九人男の河松
20年前のままの姿の雷ぞうに驚きながらも、モモの助の身を案じていました。
ここで河松を救い出し、ルフィを助けに走るのでしょうか!?
続きが気になるところです!

 

 

 

ワンピース935話『QUEEN』感想

 

ヒョウじいのためにためらいもなく副看守長、ダイフゴーを殴りつけたルフィ!

 

いつも通りの姿ではありますが、このルフィの姿勢にはほれぼれしますよね~!

 

今回もスカッとしました!!

 

ただ、よからぬことを考えて良そうなクイーン。

嫌な予感しかしません・・・。

 

そして、かたや河松と檻越しに再開を果たした雷ぞう!!

河松と共にルフィを救う手助けをしてくれるのでしょうか!?

 

 

気になるワンピース936話は2019年3月18日(月)発売の週刊少年ジャンプ16号に掲載される予定です!

 

936話の展開もとっても楽しみですね!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です