約束のネバーランド126話最新話ネタバレ!ノーマン驚愕?理由は…

このページでは、2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ 2019年15号掲載の『約束のネバーランド』最新話をご紹介します!

 

前話では、ノーマンがミネルヴァとしてギーラン家と同盟を締結するお話でしたね。

 

125話のネタバレはこちらをご覧ください♪

 

ノーマンの思惑通り、同盟を締結することができましたが、ノーマンはギーラン卿に、ギーラン卿はノーマンにそれぞれ嘘を吐く形での同盟締結でした。

 

お互い守るつもりがない同盟。

 

しかし、ギーラン卿がノーマンに嘘を吐いていることをノーマンは分かっていました。

 

ギーラン卿もノーマンが自分がミネルヴァであると嘘を吐いていることを見抜いています。

 

切れ者同士の同盟でもありましたね。

 

続きが気になる126話のネタバレ、感想をご覧ください!

 

 

約束のネバーランド126話『鼎談』ネタバレ

 

大ケガを負ったドミニク、松葉杖を手に一生懸命リハビリを重ねています。

 

一方、エマたちが量産型農園から盗み出した薬を使用した重症のクリスですが、未だに意識を取り戻しません。

 

心配そうにクリスを見つめるエマに、レイは時期に目を覚めるよと声をかけます。

 

それよりもっと気になるのはノーマンのこと。

 

どうやら出発してから数日アジトに戻ってきていないようです。

 

シスロ達と話をしてからス色々なことを考えていたエマ。

 

ノーマンのことが大好きという共通点を持ち、楽しくていい人達だと思う反面、鬼達のことになると人が変わったかのように憎しみ一色に染まる彼らを見て、エマは恐怖を覚えました。

 

同じ食用児として、GPにいたオリバー達も鬼達のことを憎んではいましたが、シスロやバーバラの憎しみは比にならないほどのものに感じられたのです。

 

それは鬼への同情ではなく、バーバラが鬼への憎しみを露わにした時に目の当たりにした憎しみの深さへの恐怖でもありました。

 

それでもエマは、鬼と一括りにしてしまうことに違和感を覚えていました。

 

現に食べたものを体や知能に反映されないムジカのような存在もありますし、鬼の子ども達に関しては何も知らず、与えられたものを食しています。

 

レイはエマの考えに理解を示した上で、バーバラ達の思いも分かるというように言いました。

 

シスロやバーバラがどんな酷い目に遭わされてきたのか具体的には明らかにされていませんが、エマが今までに見たことがないほど深い憎しみを感じ取ったのですから、想像を絶することをされてきたのでしょう。

 

それを他人が憎むなというのは無理なもの。

 

更に憎み出したら止まらなくてどんどん膨れ上がっていく、どうしようもない憎しみの連鎖が起きてしまうのだとレイは言います。

 

だからこそ起きてしまうのが戦争なのだ、とも。

 

殺し合い、また憎み、また殺す。

 

負の連鎖ではありますが、人間が何度も同じことを繰り返してきたことでもありますから、種族を超えた鬼と人間との間で再び戦争が起きてもおかしい話ではありませんよね

 

 

それでも納得がいかない様子のエマ。

 

私はー・・・と言いかけたところで、ついに!

 

ノーマンがアジトに帰ってきました!

 

 

エマとレイは急いでノーマンのところに駆けつけ、ノーマンに話があると伝えます。

 

ノーマンの部屋に入った3人。

 

まずはレイがノーマンの策を尋ねます。

 

「内乱か?」と尋ねるレイに、ノーマンは「そう!」と答え、作戦の詳細を教えてくれます。

 

鬼社会には身分階層があること、年々広がる格差に不満を持つ鬼達も多いこと。

 

そして、同盟を締結してきたのがギーラン家という元貴族であり、人肉を食べることを許されていない一家であることも明らかになりました。

 

それでも彼らが人型と知能を保っていられるのは農園や市井から盗みを繰り返し、ギリギリのところでその姿形を保っているからなのです。

 

ハイリスクハイリターンであることをレイも心配しますが、復讐心の強さともう一つの事情からギーラン家は復讐が終わるまで人達には手を出してこないとノーマンは言います。

 

このもう一つの事情というものにエマも引っかかっていましたが、その事情は今回明らかになりませんでした。

 

ただ、上手くやれば食用児は誰も死なないこと、そして正面から鬼達と戦うよりも何百倍もリターンが大きいことをノーマンは強調していました。

 

更に、化かし合いなら僕は負けない、と力強く言います。

 

それはノーマンの今まで生き延びてきた経験にもよるものでしょうし、何よりノーマンは奢りでも自信過剰でもなく覚悟だ、と言いました。

 

ここまでの話でノーマンの作戦を理解したエマ。

 

 

しかし、エマにはムジカという人肉を食べない鬼の友達がいます。

 

そういう鬼達がいる、という話をノーマンにしておきたかった、とサラッと伝えるエマとレイでしたが、ここでノーマンの表情が一気に凍りつきます。

 

なぜ2人がそれを知っているのか?

どこでその話を知ったのかと聞くノーマンに、これまでの経緯を話すエマとレイ。

 

そして、人肉を食べない鬼を見た、会ったということに血相を変え、信じられないというノーマン。

 

最後にノーマンの口から飛び出したのは、「”邪血の少女”の一族はまだ生きていたのか」という言葉でした。

 

ムジカの真実がついに明らかに!?というところで126話は終了しています。

 

 

約束のネバーランド126話『鼎談』感想

 

ついにノーマンに話すのか!!

どんな反応をするんだろう・・・と思っていましたが、今回はエマの思いを届けるには至りませんでしたね。

 

それより先に伝えたムジカの存在がノーマンは驚愕しているようですし、大きな衝撃を覚えたようです。

 

ノーマンの反応からも、ムジカのような鬼の存在はノーマンも知っていたようですね。

 

厳密に言うと、ムジカのように人肉を食べなくとも人型で知性を保てる鬼が過去に存在していたということを知っていた、ということ。

 

ノーマンは『”邪血の少女”の一族』と表現していましたが、その存在に顔色も表情も一気に変わりましたから、もしかするとノーマンの作戦を根本から覆してしまうほどの一大事なのかも!?

 

今まで明かされてこなかった人を食べない鬼、ムジカの秘密。

次回明らかになりそうです!!

 

 

目が離せない約束のネバーランド127話は2019年3月18日(月)発売の週刊少年ジャンプ16号に掲載される予定です!

 

次話の最新話ネタバレもお楽しみに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です