ハイキュー!!342話最新話ネタバレ!

このページでは、2019年3月18日発売の週刊少年ジャンプ 2019年16号掲載の『ハイキュー!!』最新話をご紹介します!

 

前話では、試合序盤から接戦を繰り広げる烏野VS鴎台の試合に観客一同釘付けになっていましたね!

 

街中のテレビで翔陽の活躍を見守る友達も翔陽や同学年の影山の活躍にビックリ!!

 

341話のネタバレをまだご覧になっていない方はこちらをご覧ください♪

 

鴎台のブロックの凄さを見せつけられてはいますが、冷静にプレイを続けられている烏野の選手たち。

 

 

試合の流れはどうなる!?

 

早速ネタバレをご覧ください!

 

 

ハイキュー!!342話『理性』ネタバレ

 

観客席でも話題になっている鴎台のブロック。

 

試合開始は様子見になりがちかと思いますが、鴎台は3枚ブロックがレシーバーについて回っているようにも見えます。

 

それは、鴎台のブロッカー陣がトスが上がった人物を見てから瞬時に反応をしているから。

 

鴎台のように、真ん中にブロッカーを集めた状態で構える配置を『パンチ・シフト』というそうですが、その”パンチ”には『束』という意味があるのだとか。

 

3人が束になってブロック対応をしているからこそ、迫力を感じるのでしょう。

 

今のところはまだ翔陽の速さが勝っていますが、鴎台が翔陽の速さに慣れてきたところからが本当の勝負所となりそうですね!

 

そして、サーブ権は烏野、翔陽のサーブです。

 

翔陽のサーブは月島からも貧相サーブと思われているくらい、普通のサーブ。

 

アタックの時とはまるで別ですが、確実に入れたいところなので、月島は守りに力を入れます!

 

鴎台からの攻撃から守り、烏野サイドからの攻撃。

 

ブロックは2枚付きましたが、東峰がしっかりサイドからの攻撃で鴎台コートにボールを叩き落します!

 

鴎台サイドとしては、試合開始直後はブロックの精度を上げるための時間。

 

烏野の攻撃を実際に体感して、ブロックの精度をじわりじわりをあげていきます。

そのため、鴎台サイドとしては、点数を離されすぎないことが重要となります。

 

点数は6-5の1点差。

 

烏野サイドのサーブからはじまり、鴎台からの攻撃は星海のアタックです!

 

ここでは烏野サイド、3枚ブロックでタイミングをドンピシャに合わせていき、見事ブロックを成功!

 

月島の星海はすごいスパイカーだけれど、必要以上に恐れることはない。

タイミングを気を付けてください

という冷静な指示が功を奏して成功したようですね^^

 

普段なら星海の攻撃になれるまでに、相手チームはもっと時間を要するのに・・・と不満顔の星海に、影山は「『星海さんびっくりタイム』も終わりですね」とネット越しに挑発(笑)

 

月島の冷静沈着な様子に「ハン 『異様なチビ』には驚かねぇってか」と息をまく星海。

 

観客席では、元小さな巨人も烏野の応援を続けています!

 

1本止められてからが勝負!と言いながら試合を見守りますが、この後の試合運びも気になりますね・・・!

 

 

ハイキュー!!342話『理性』感想

 

ブロックが常について回ると、それだけで焦ってしまいそうですが、さすが場数をこなしてきた烏野!

 

中でも月島の冷静さは、チームメイト全体にも良い影響を与えてくれていますね。

 

影山の采配もバッチリですし、このまま順調に試合が進んでいってほしいところですが、鴎台のブロックが精度をあげてきてからが本当の勝負となりそうです・・・!

 

一体どうなる烏野VS鴎台!!

 

 

気になる343話は2019年3月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ17号に掲載される予定です!

 

次回のネタバレもお楽しみに♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です