ワンピース936話最新話ネタバレ!ルフィ&ヒョウじいの運命は!?

このページでは、2019年3月18日発売の週刊少年ジャンプ 2019年16号掲載の『ワンピース』最新話をご紹介します!

 

前話は、赤鞘九人男の1人、河松が兎丼の牢屋の中にとらわれていることが分かったシーンで終わっていましたね。

 

935話の詳しいネタバレはこちらをご覧ください♪

 

クイーンの思い付きで何かをさせられそうになっているルフィ&ヒョウじい!

 

そして、湯屋にいるナミたちにも不穏な影が忍び寄る!?

 

936話のネタバレもまとめてみました~!

 

 

ワンピース936話『大相撲インフェルノ』ネタバレ

 

場面は兎丼からスタート!!

 

河松との再会を果たした雷ぞう。

 

なんでも13年間腐った魚を食べ繋いでいたのだとか。

 

檻の中で鎖に繋がれており、顔を見せることのできない河松ですが、物陰に隠れている雷ぞうとそのまま話を続け、決戦の日が9日後、火祭りの夜であることを知らされます。

 

河松の脱獄の為に必要な物が檻のカギと手錠のカギということを聞く雷ぞうですが、物陰として利用していた大きな滑車付きの荷物がどかされてしまい、看守たちに見つかってしまいます。

 

カギを盗んだことで捜索されていた雷ぞう、ピンチを察しして『煙遁の術』を使い、姿を消しました!

 

おそらくこの後河松の脱獄のために奔走するのでしょう。

 

一方ルフィ達はというと、処刑と称して”大相撲地獄”が行われることに。

 

ルフィとヒョウじいは首輪を嵌められます。

 

その首輪は土俵の外に出たら内側に爪が飛び出し、首がスポン!と斬られてしまうもの。

 

天竜人の首輪と同じもので、外れない作りになっていると言います。

 

ルールは、ルフィとヒョウじいが2人1組になり、土俵から2人とも落ちた場合死刑が完了するというもの。

生きたければ土俵の中で勝ち続けろ、ということですね。

 

ルフィに限っては途中で百獣海賊団に入る気になれば開放する、とクイーンは言います。

 

ただし、相手は武器あり、数あり、首輪なしと、もちろんのことではありますが、条件的にはルフィ達が圧倒的に不利!

しかも人は際限なく投入されます。

 

その代わりにクイーンは海楼石の手錠を外してくれました。

 

これにはルフィ、大喜び!!

クイーンに対し、「めちゃくちゃいい奴」「もう逃してくれたのと同じ」と言いますが、首輪の存在完全に忘れていますね(笑)

 

クイーンも目ん玉飛び出して「むしろもっとヤベーもんつけたんだが!!!」と言っています(笑)

 

2人1組だとルフィの邪魔になってしまう、と心配するヒョウじいでしたが、誰もヒョウじいの発言に反応してくれず・・・ヒョウじい、良い人なのに切ない^^;

 

そして、ルールを聞いてなかったルフィ、クイーンに対し、「お前をぶっ倒したらここから逃してくれるのか!?」と聞きます(笑)

 

クイーンも「無礼だし話聞いてねーな!?お前!!」と返していましたが、ルフィとのやり取りにある意味たじたじになっていますね・・・^^;

 

そして、土俵に上がったルフィ達の前にはたくさんの看守たちが武器を持って立ちはだかります。

勢いよくとびかかろうとしてくる看守たちですが、ルフィの覇王色で一発KO

 

ざわつく看守たちですが、その様子を檻の中から見ていた河松。

「とかくヒョウ五郎親分は死なせるなよ・・・?頼むぞルフィ太郎」とつぶやくのでした。

 

 

ここで場面は変わり、『花の都』湯屋へ。

 

なんとホーキンス、ドレークが手入れに入ってきたのです。

 

狙いは足首に逆三日月のある人物。

 

反逆者を探し出そうということですね。

 

ドレークに顔が割れているナミたちはしのぶの後ろに隠れていましたが、それに気づかれてしまい、ナミはドレークに姿を見せます。

 

その時、わざとタオルをはだけさせ、ナミの裸があらわに!!

 

その場に居合わせた人たち、ナミの絶大なるプロポーションに大騒ぎです!

 

そしてもう一人「幸せ♡パーンチ♡♡」と叫び、大量に鼻血を流しながらぶっ倒れる男が!!

 

スーツの能力で姿を隠していたサンジ・・・いや、おそばマスクですね(笑)

 

サンジの姿に驚くナミたちでしたが、サンジの力で空から逃げます!

 

ロビンは「出血大丈夫?」と冷静に聞きますが、サンジは「もはや死んでも構わねぇ!!」と答えます。

 

潔いですが、内容がただの変態です(笑)

 

足の印のことを知られたことに動揺を見せるサンジ。

 

そして、サンジの口からもう一つ知らされたのは、ベポ達が捕まってしまったということ!

 

ローをおびき寄せるためだと言いますが、一刻を争う事態になりそう・・・

 

「そんな時にあんた何してたの!?」というツッコミが入りましたが、ド正論ですね(笑)

 

 

ここでまた場面は変わり、鈴後へ。

 

ゾロはまるで「武蔵野弁慶」のような風貌の巨大な男と対峙していました!

 

聞けばリューマの墓から盗まれた逸品である名刀『秋水』はあるべき場所に返した、と言います。

 

しかし、これはスリラーバーク編でゾロが手に入れた刀であることも事実。

 

武器のコレクターか?と男に尋ねるゾロですが、「ちょうど俺たちも大量に武器が必要でね」と話を続け、「お前の武器コレクション全部もらってやる!!!」と決闘が始まりました!

 

名刀秋水の因縁はどうなるのでしょうか・・・!?

 

 

ワンピース936話『大相撲インフェルノ』感想

 

海楼石の手錠が外されたことで本領が発揮できるようになったルフィ!

ただし、首輪の存在は厄介ですね・・・

 

また、ヒョウじいも守りながらとなると、ルフィの行動も制限されてしまいそうですが、守るものがあればあるほど強くなれるルフィですから、ここは頑張ってほしい!!

 

そして、ステルスブラックとして楽しんでいるサンジ(笑)

 

科学の力を憎んでいたはずなのに・・・まぁここ数話女湯のことで頭いっぱいでしたもんね^^;

 

どうにか湯屋からは脱出できたサンジ達ですが、ベポ達の安否も気になります!!

 

また、ゾロが秋水を取り戻せるかどうかも見どころですね!!

 

 

 

盛り上がってきたワンピース936話は2019年3月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ17号に掲載される予定です!

 

937話はいったいどうなるのでしょうか!?

楽しみですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です