約束のネバーランド127話最新話ネタバレ!邪血の少女の一族とは?

このページでは、2019年3月18日発売の週刊少年ジャンプ 2019年16号掲載の『約束のネバーランド』最新話をご紹介します!

 

前話では、ノーマンがアジトに帰ってきて、ノーマンの作戦をエマ達が聞いていましたね。

 

 

126話のネタバレはこちらをご覧ください♪

 

その一方、エマ達の情報により、ムジカという人肉を食べずとも人型と知性を保つ鬼が現存することを知ったノーマン。

 

顔色を一気に変え、ムジカのことを「邪血の少女」の一族と表現したノーマンですが、ムジカが何故その姿形を保っているのか知っているようです。

 

続きが気になる127話のネタバレ、感想をご覧ください!

 

 

 

約束のネバーランド127話『対立』ネタバレ

 

時は遡り、約700年前ー・・・

 

場面は鬼の世界の貧困に陥っている村です。

農園から人肉が届かず、手に入っても腕や足ばかりと、満足な食事ができていない様子。

 

隣の同じように貧窮している村は全滅してしまい、みんな獣のようになってしまったと言います。

 

もうだめだ・・・と諦めかけていたその時、手を差し伸べたのは、『邪血の少女』

 

その存在はノーマンは現存することを知らず、伝え聞く限りで知っている情報は、「人を食べなくても人型の軽視k津と知能を保てる超特異個体」だと言います。

 

生年も出生も不明ですが、記録の上では700年前に初めて存在が確認されたそうで、それは約束よりも後の、農園システムが確立される前だったそう。

 

『邪血の少女』はその飢餓している村の救世主だったと言います。

 

その理由は、彼女の血を一口でも口にすれば、その力を他者に伝染させることができたから

 

つまり、邪血の少女の血を口にした鬼は人肉を口にせずとも人型、そして知性を保つことができるようになったのです。

そして、その力を得たものは同じように、血を分け与えることで、『邪血の少女』の能力を伝染することができるようになりました。

 

その事実に衝撃を覚えたエマとレイ。

 

そして、同時にエマは、ムジカの血を分け与えてもらえれば、鬼を殺さずとも共存が可能になるのではないか!?と考えます。

 

しかし、ノーマンの話は続き、その700年前、『邪血の少女』についての噂が王や貴族の耳に入り、調査が行われたそうです。

 

王家や五摂家は『邪血の少女』と彼女と同じ能力を持つ鬼たちを全員捕らえて、その血を持つ全員を食い殺したというのです・・・

 

唖然とするエマ。

 

飢えを解消できるのであれば、彼女たちの血を鬼たち皆に分け与えればいいのに、と思いますよね。

 

 

しかし、王家、五摂家は、彼女の血を恐れ、そして彼女たちを全滅させたのです。

 

おそらくムジカ自身が『邪血の少女』なのですが、逃げ延びて生きており、今もなお王家や五摂家、そしてラートリー家にも追われている身なのだろう・・・とノーマンは考えます。

 

 

レイは、ムジカと共にしているソンジュはムジカの血で退化を免れた生き残りであること、そして、王家、五摂家も『邪血の少女』の能力を分け与えられた者たちを食したことから、ムジカ達と同じ能力を有していると察します。

 

ここが以前のギーラン家が復讐を遂行させることにこだわるもう一つの事情にもつながるのですが、王家、五摂家を殺し、食べることで自分達も人肉がなくても今後飢えなどに困ることがない体を得ようとしているのです。

 

つまり、王家や五摂家は、食料を絶ったところで意味がないということをノーマンは分かっていたので、王たちに関しては元より直接始末する予定だったようです。

 

レイが心配していたノーマンの作戦が土台から崩れてしまうという心配はないということですね。

 

 

ノーマンやレイが話をどんどん進めていく中、一人取り残されていたエマ。

 

そもそも飢えの解決になるかもしれなかったのに、なぜ王家たちはムジカの仲間を殺し、食べてしまったのか。

その血をうまく使用すれば、今だった退化に悩む鬼はいなくなるだろうし、人を食べる必要もなくなるのではないか。

 

その疑問に答えたのは、レイ。

 

「邪魔だったから」と教えるレイに、まだ理解ができないエマ。

 

農園によって人肉の供給を支配できている王達からすれば、意図的に格差を作ることも好きなように社会を支配することも可能です。

 

そんな王達にとって、人肉がなくとも人型も知性も保つことができ、農園を必要としない鬼が増えることは厄介でしかありません。

 

つまり、その能力を邪魔だと思った王達によって、殺され、そしてその能力が独占された、ということですね。

 

レイは、そういったことも踏まえて鬼たちは”約束”を結んでいたのかもしれない、とまで推測します。

 

人間との世界を完全に分けることで、自分達で人肉を管理、統制できる社会になった方が、王家や五摂家にとってはコントロールしやすく、都合が良いと考えたのではないか、と。

 

 

エマはそのことに絶望の表情を見せますが、ノーマンは皆私利私欲で動いていて、驚くようなことではない、と言います。

みんながみんな、エマみたいに優しい気持ちでかんがえているわけではないと言われ、自分の考えが見透かされたような顔のエマ。

 

それよりも・・・とノーマンが警戒するのは、ムジカ、ソンジュの存在でした。

 

退化した鬼を人型に戻せる力が存在があるにも関わらず、鬼を全滅させようとしている食用児の反乱をどう思うのか。

食用児にとっては危険要素だ、と言い、「探し出して殺さないと」とさも当たり前のように言うノーマンに、エマとレイは目を見開きます。

 

エマは必死に「友達なの恩人なの!殺すなんてやだ!!」と必死にノーマンを止めようとしますが、ノーマンは「でも彼らも鬼なんだよ?」と諭すように言います。

 

食用児が特性は違えど自分達の仲間である鬼を滅ぼすところを黙って見ていると思うか、許せると思うかー・・・

 

 

そう問われ、エマはついに自分の気持ちをノーマンにぶつけます。

 

「鬼を滅ぼしたくない」

そう伝えたエマ。

 

そして、先ほどの話から、ムジカの血や王家、五摂家の血さえあれば鬼たちをみんな人を食べばくてもいい体にできるのであれば、争う必要なんてない、と伝えます。

 

 

それでもダメだというノーマン。

 

その理由は、必要がなくても食べたくなれば襲ってくるから。

 

王家や五摂家がまさにそうで、人だって大好きなご飯を食べるなと言われて我慢できるのか?

エマはできたとしても、同じガマンを弟妹たちに強いることができるのか?

すべての鬼が食料に情けをかけて食欲を押さえられることができると思うのか?

 

そう聞くノーマンの表情は冷酷そのものでした。

 

 

しかし、エマも食い下がります。

約束を結び直し、人間の世界へ逃げようと提案しますが、それも人間の世界が安全かどうかも受け入れてもらえるかも分からないと却下されてしまいます。

 

そして、極めつけは、なにもかも選び取れるほど世界は甘くない

鬼を絶滅させなければ家族で笑える未来はないと断言されるのでしたー・・・

 

 

約束のネバーランド127話『対立』感想

 

ノーマンとエマの間にある溝のようなものが浮き彫りになりましたね。

 

農園からの脱獄からノーマンも共にできていたら違う未来だったでしょうけれど、そうなるとここまで多くの食用児が救われてきてはなかったでしょうし、鬼たちについての知識を得ることもできなかったかもしれませんね。

 

ノーマンの言うことが正論なのは痛いほど分かりますが、ムジカのような鬼もいるとなると尚更エマも希望を持ちたくなるでしょう・・・

 

127話の『対立』、エマとノーマンとの対立のことかと思いますが、エマに味方してくれる仲間が一体何人いるのか、そして今後どうなるのか、と思うと何だか切なくなってしまいます。

 

 

目が離せない約束のネバーランド128話は2019年3月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ17号に掲載される予定です!

 

次話の最新話ネタバレもお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です