約束のネバーランド128話最新話ネタバレ!エマとノーマン対立なるか!?

このページでは、2019年3月25日発売の週刊少年ジャンプ 2019年17号掲載の『約束のネバーランド』最新話をご紹介します!

 

前話では、『邪血の少女』ムジカの正体が明らかになり、エマが自分の気持ちをノーマンに告げたところで終わっていましたね。

 

 

127話のネタバレはこちらをご覧ください♪

 

ムジカの血をもってすれば、争わずとも鬼たちは人間を食べずに生きていける体を手に入れることができる。

 

そこに希望を見出したエマでしたが、ノーマンはエマの考えに真っ向反対します。

 

ここで仲間割れとなってしまうのでしょうか・・・?

 

続きが気になる128話のネタバレ、感想をご覧ください!

 

 

約束のネバーランド128話『決めた』ネタバレ

 

ノーマンに鬼を絶滅させなければ食用児の幸せはないと断言されたエマ。

 

エマも、ノーマンが正しいことを言っていると言うことは、重々承知しています。

 

でもその上で、それは確率の上での正しさだと指摘しました。

 

確実なこと、効率的なことが正しいことなのか?

 

エマは、敵だからといって鬼の子ども達まで殺し、絶滅させることが正しいとは思わない、と心の内を伝えました。

 

少なくとも、ムジカの存在から殺さなくても良い未来が見えてきたからこそ、そこに希望を持ちたいのでしょう。

 

そして、確率だけで言うのであれば、そもそも農園から脱走をせずにハウスの中で死を待っていただろうというエマ。

 

鬼を全滅させなくてはいけないということは、友達であるムジカを殺さなくてはいけないので、そんな未来なら私はもうきっと笑えないと言いました。

 

ノーマンは、絶滅を避けたいと言っても、ギーラン家と結んだ同盟を撤回することはできないと告げました。

 

エマはそのことについて承知していて、王家や五摂家の打倒までは良いが、殺してしまわずにその血で人を食べなくても良い鬼を増やしたいと言います。

 

そして、7つの壁を超えて約束を結び直すことで、人間の世界への道筋も同時につけることを提案しました。

 

全ての鬼達を退化しない体に変え、農園を潰した後に、食用児達で人間の世界へ行く。

 

これがエマの思い描いている未来です。

 

しかし、ノーマンには夢物語だとバッサリ言われてしまいました。

 

たしかに、エマは今まで鬼達と話し合えば戦わなくても良いのではないか?という考えから、危険な道を渡ってきたこともあります。

 

これはエマの優しい心によるものなので、良いことではありますけど、リスクが高いのも事実なんですよね…

 

ノーマンは7つの壁については鬼の世界にそんな場所はどこにもないこと、ラートリー家の資料にも何もそんな情報が残っていないことなどから、謎が多すぎると言います。

 

 

しかし、エマ達はこの1年半で7つの壁についての情報を得てきました。

 

あとは条件さえ揃えばいつでも行ける、というエマに驚きの表情のノーマン。

 

それでも確かに謎が多いので、「分からなければダメだというのなら、私が行ってくるよ」とエマは提案します。

 

ノーマンはあっけにとられますが、

ちゃんと約束を結び直せて、戻ってくることができたら絶滅考え直してね

とエマはノーマンの手を握りながらお願いしました。

 

エマの戻ってくることができたら、という言葉に違和感を覚えたノーマン。

 

レイの説明によると、7つの壁は入口は分かっているけど出口が分からない

入った人間は基本出てくることができない

というリスクが今のところ分かっていると言います。

 

ノーマンは「はあー!!?」と久々に感情をあらわに(笑)

 

元々行く気だったから大丈夫!

絶滅させたくないのは私だからそのくらい背負ってみせる

というエマ。

 

エマの気丈さには驚かされますよね。

 

万が一のことがあれば、戻ってくることができない大変なことにも関わらず、『そのくらい』ということにノーマンは心配の表情を見せますが、

 

エマはノーマンの方がもっと背負っている

一人で全部神様みたいに

 

エマはそのままノーマンを抱きしめて

神様になんかならなくていいんだよ

と伝えました。

 

見透かされたような表情のノーマン。

 

そして、ノーマンが本心でどう思っているのか尋ねました。

 

本心から鬼を絶滅させたいと、殺したらスカッとするのか?

また一人で全部で背負ってしまうのは嫌だ、というエマと、その様子を見守るレイ。

 

険しい表情ばかりだったノーマンですが、昔のような柔らかい表情をここで見せてくれました。

 

そのまま本心を話してくれるのかと思いましたが、ノーマンはエマから離れ、

エマの考えは分かったけれど、自分の考えは変わらないと言いました。

 

計画を止める気も、遅らせたり待ったりする気もないと言った上で、どうしても行くと言うのなら、王家、五摂家を殺させる前に戻ってくるように告げられました。

 

絶滅を止めるかどうかはその時に改めて考える、というノーマンに、エマは満足そうに頷きました。

 

もちろん、エマについて行くことを決めているレイ。

 

「二人とも必ず無事に戻ってきてね」

というノーマンの表情は、農園時代を思い出す穏やかな表情でした。

 

エマ、レイも笑顔で答えます。

 

そしてノーマンの部屋を後にしたエマとレイ。

 

部屋に一人になったノーマンの表情は複雑な、何か迷いがあるような表情でした。

 

しかし、エマは真っ直ぐ前を見据え、殺戮なんてさせないと心に決めました。

 

もう二度と、ノーマンを一人で行かせたりしない…!

と強く心に誓うエマに、レイも同調します。

 

 

約束のネバーランド128話『決めた』感想

 

ノーマンと対立してしまうのではないか!?とハラハラしていましたが、お互いがお互いの考えに理解を示したうえで、納得のいく話し合いができていましたね。

 

エマは感情に訴えがちなところはありますが、それでもノーマンのことも正しいとしっかり理解した上で、自分の考えや、譲れるところは譲ったうえでの提案をしてみせたりと、やはりこの3人は群を抜いて賢いんだなぁと改めて感じさせられました。

 

この賢さが奇しくも食用児としての価値を上げるために与えられてきたものだと思うと、何とも言えない自分にはなりますけれどね・・・

 

ただ、双方感情だけに訴えずに冷静さを持って話をしたことで、一番円満な形での話ができていたあたり、とても10代の子ども達とは思えません!

 

その冷静さ、分けてほしい(笑)

 

そして、7つの壁で約束を結び直すために行くことを決めたエマとレイ!

 

エマとレイは、ノーマンが心の底から鬼を絶滅させたいと思っているわけではないと分かっているようですね。

 

2年間でノーマンは冷徹な男に変わり果ててしまったのかと思いましたが、決してそんなことはなさそうです。

 

何だか昔のノーマンの面影を見ることができて、安心しました。

 

エマとレイは、今回もノーマンが一人で全て背負おうとしていることをやめさせるためにも、絶滅をとめるためにも、と固い決意をしました!

 

その表情には曇りは見えません!

 

まだまだ課題は山積みですが、希望が見えてきた気がします・・・!!

 

 

 

続きが気になる約束のネバーランド129話は2019年4月1日(月)発売の週刊少年ジャンプ18号に掲載される予定です!

 

次話の最新話ネタバレもお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です