約束のネバーランド129話最新話ネタバレ!ノーマンの気持ちは・・・?

このページでは、2019年4月1日発売の週刊少年ジャンプ 2019年18号掲載の『約束のネバーランド』最新話をご紹介します!

 

前話では、エマがついに自分の考えをノーマンに伝えるお話でしたね。

 

128話のネタバレはこちらをご覧ください♪

 

ノーマンからの返答はとても否定的なものでしたが、希望を捨てないエマ。

 

そして、昔を感じさせるノーマンの優しさを垣間見ることもできました!

 

鬼を絶滅させない未来という選択肢の為に7つの壁に向かうことを決意したエマとレイ。

 

その目には曇り一つなく、それは鬼たちを絶滅させたくないというエマの考えであることもそうですが、ノーマンに全てを背負わせたくないという家族ならではの思いやりでもありました。

 

どんどん話が進んできた約束のネバーランド!

 

続きが気になる129話のネタバレ、感想をご覧ください!

 

 

約束のネバーランド129話『背負うべきもの』ネタバレ

 

エマとレイが去り、部屋に1人になったノーマン。

 

これ以上誰も死なせないためにも、『間違える』わけにはいかない、と考えるノーマン。

 

 

ノーマンはザジを連れて、ある地下の部屋に入っていきます。

 

おそらくこの部屋はノーマンとその腹心たちしか知らない部屋なのでしょう。

 

大きな扉を開けたその部屋の中にはすでにシスロ、バーバラ、ヴィンセントがいました。

 

目の前には手錠を嵌められ、めった刺しにされた鬼の姿が。

 

鬼は既に死んでいて、おそらく過去に倒した鬼なのでしょう。

 

この部屋に来るのは久しぶりだというノーマンですが、シスロはよく来るようで、この部屋に来ると落ち着くそうです。

 

シスロはレイたちの話が何だったのかを尋ね、ノーマンはエマ達から聞いた話を要点のみ話します。

 

ヴィンセントにどうするのかを尋ねられ、「計画に変更はない」と答えるノーマン。

 

エマ達も7つの壁の約束を結び直すまではその予定ですしね。

 

そして、『邪血の少女』が生きていることについて話し、エマ達の友達であることも話します。

 

驚く腹心たちですが、バーバラは激しく動揺します。

 

鬼たちに過去に受けた雪辱を思い出し、激しい頭痛を起こすバーバラ。

 

ヴィンセントの薬をもらい、一時的に発作を抑えますが、この発作は頻繁に起きているようで、バーバラだけでなく、シスロやヴィンセントも同じように苦しんでいるそう。

 

そして、最近は薬の量も頻度も増え、症状も悪化しているようです。

 

鬼にとって、人間は物以下、家畜以下。

 

そんな存在なんだと言い捨てるバーバラ。

 

鬼さえいなければ・・・と泣きじゃくるバーバラにかける言葉の見当たらないノーマン達。

 

シスロはノーマンの留守中にエマとレイたちと一緒に話をしたこと、本当にいい奴らだと思うことを告げます。

 

しかし、鬼たちから受けてきた屈辱、雪辱からエマ達の考えには賛同できないシスロ。

 

ノーマンに対し

「ボスはこっち側だよな?」

「迷ってなんかないよな?」

とすがるように聞きます。

 

ノーマンは

「ここまでやったんだ 無論後には退かないよ」

と答えます。

 

 

真っ暗で全体が見えなかった部屋の中。

 

そこには大きな鬼だけではなく、ホルマリン漬けのようにされた鬼たちの臓器、目玉、頭部に胎児のようなものまで、大小様々なビンが無数に並んでいました。

 

 

ここで回想シーン、ラムダを潰した時、2047年2月へー・・・

 

ラムダの研究データを全て手にしたノーマンでしたが、食用児についての情報がほとんどであり、鬼についての情報はほぼありませんでした。

 

当時のノーマンは「鬼のデータが全く足りない」ととらえていたラムダの職員、看守たちに目を向けました。

 

ホルマリン漬けにされているのは、おそらくこの時殺した鬼たちなのでしょう・・・

 

 

回想シーンはそれだけで終わっていました。

 

 

そして、地下室から一人で去るノーマン。

 

ノーマンはすべて自分で初めて、自分が手を下したからこそ、全て自分が背負うべきだと考えています。

 

エマもレイも優しいけれど、優しいだけでは世界に勝つことができない。

 

それが分かっているからこそ、エマ達もシスロ達も皆、仲間たち全員を救いたいと思っているノーマン。

 

そのためなら『神にでも悪魔にでも喜んでなる』

 

それがノーマンの考えなのです。

 

鬼たちに対して冷酷な面を見せながらも、仲間たちに対して絶対的な優しさを持つノーマン。

 

続きが気になりますね・・・

 

 

約束のネバーランド129話『背負うべきもの』感想

 

全て自分で始めたことだからと、自分ですべてを背負うつもりのノーマン。

 

それは前話でエマもレイも分かっていましたね。

 

やはり、彼らの仲間を想う気持ちの強さ、お互いを考える、理解する気持ちの強さは凄いですね・・・

 

それでもノーマンが作戦を変えずにいるのは、今まで自分がやってきた行いのためと、ラムダで得た仲間たちのためでもあるのでしょう。

 

現に、ノーマンのやり方が成功すれば、確実に安全な世界を得ることができます。

 

冷酷ではありますが、理にはかなっているんですよね・・・

 

エマ達、そしてシスロ達両方の気持ちを理解することはできるノーマンだからこそ、悩むところなのでしょうけれど、悩んだり迷ったりしてしまってはいけないのでしょうね、ボスとして・・・

 

エマ達が自分達で動いているのに対し、シスロ達はノーマンにすがっているように感じられますが、ラムダでの扱いがよっぽどのもので、ラムダを破壊したノーマンを神のように慕っているから仕方ないのかもしれません。

 

ノーマンの強くも重い胸の内。

 

エマとレイの力で解決されることを願います・・・!

 

続きが気になる約束のネバーランド130話は2019年4月8日(月)発売の週刊少年ジャンプ19号に掲載される予定です!

 

次話のネタバレもお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です