約束のネバーランド130話最新話ネタバレ!エマと仲間たちの想い

このページでは、2019年4月8日発売の週刊少年ジャンプ 2019年19号掲載の『約束のネバーランド』最新話をご紹介します!

 

前話では、ノーマンが仲間たちのために心を鬼にしている、その心情が明らかになりましたね。

 

 

129話のネタバレはこちらをご覧ください♪

 

 

シスロ達が農場で受けてきた屈辱は相当なものだったのでしょう。

 

未だにトラウマを抱え、発作を繰り返して苦しんでいるようです。

 

そんな彼らからしてみれば、エマの鬼を殺したくないという考えは理解できなくて当然なのでしょうね・・・

 

シスロ達の気持ちも、エマの気持ちも理解できるノーマン。

 

しかし、今のノーマンには迷うことすら許されていませんし、自分自身でもそれを許さない様子。

 

ノーマンの心の強さがうかがい知れますが、仲間たちのために自らを抑える姿、同時につらくもなりますね。

 

エマ、レイの力でノーマンの気持ちが軽くなることを願うばかりです!

 

 

それでは続きが気になる130話のネタバレ、感想をご覧ください!

 

 

 

約束のネバーランド130話『報告』ネタバレ

 

ノーマンの部屋を後にしたエマとレイは、そのまま出発したのではなく、一度共にこのアジトへ訪れた仲間たちの元へ。

 

それは”七つの壁”に行ってくるということを報告する為でした。

 

何も言わずに出発するのかと思っていましたが、きちんと説明するのがエマの良いところですよね^ ^

 

ただ、仲間たちからしたら寝耳に水!

 

ノーマンが鬼を絶滅させてくれたら必要のないことなのに、どうしてなのか?

 

エマは鬼を絶滅させることが嫌なこと、

種族を絶滅させることはどれだけの恐怖と憎しみを与えることになるのかということ、

そして自分だけでなく、仲間たちにも殺すという行為をさせたくないこと。

 

そしてレイからはムジカやソンジュも殺すのかという話にもなる、ということも。

 

鬼の絶滅という、一見平和な世界を手に入れるための得策が、実はそうではないということを仲間たちに考えさせることができました。

 

平和に皆で暮らせる!と喜んでいた仲間たちでしたが、ハッとした表情を見せます。

 

しかし、”七つの壁”にリスクがあることは仲間たちも含めて皆理解しているところでもあります。

 

そのため、エマはレイと2人で行ってくることにしたことを伝えました。

 

町に普通に暮らす鬼たち、鬼の子どもたちの姿を見ていない仲間達は、想像力が足りなかった、と鬼達の日常を壊すことで鬼達に与える途方も無い絶望に神妙な面持ちを見せます。

 

中には、鬼よりもエマ達、仲間達が大切!と泣く仲間や、ちょっと前に農園に忍び込んだ時、鬼に殺されかけたのに何故そう思えるのか?と言われることも。

 

エマが答える前にレイが「頭おかしいんだよ」とバッサリ答えてましたが(笑)

 

それでも、「それがエマだよな」と笑顔を向けてくれたのは、ドン。

 

そして、「しゃーねぇ、行って来いよ」と後押ししてくれたのもドンでした。

 

リスクを背負っても悔いのない人生を

 

それは農園からの脱走を決めた時から、いつだって選んできた彼らの自由でもあります。

 

しかし、 何故エマばかり危険な目を…と涙ぐむギルダ。

 

エマは自分がいつもそっちの道を選ぶからだと謝りながら、それと同時にもうノーマンに自分を殺させたくないと力強く言います。

 

急に出てきたノーマンの名前に皆キョトンとしますが、レイとエマは、ノーマンは昔ノーマンが出荷された時と同じことをしようとしている、と仲間達に話しました。

 

命を捨てようとしているわけではないけれど、仲間達の為に心を殺して全てを背負おうとしていること。

 

ノーマンの出荷とエマ達の脱走が、ノーマンの中では唯一の正解、成功だったのだろうけど、エマ達からすれば、ノーマンを出荷させてしまった時点で本当の成功ではなかったこと。

 

そして、その時と同じ思いをもう二度としたくもさせたくもない、更に、ノーマンに「やってみないと分からない」ことを証明したいということも伝えます。

 

鬼の絶滅を食い止め、ノーマンに全てを背負わせない。

 

大きくはこの2つの意味合いで”七つの壁”へ行き、可能性を確かめたい、というエマとレイ。

 

ただし、”七つの壁”はリスクがあるので、レイは仲間たちに、「もしもの時は皆も後悔しない道を選んでくれ」と言います。

 

ギルダはその「もしもの時」という言葉に顔を曇らせ、「嘘でもいいから生きて帰って来ると約束して」とエマに言いました。

 

エマは

「嘘はつかない、でも約束する

何がなんでも無事帰って来る 帰って来るよ」

と力強く伝えました。

 

ギルダはそんなエマに答えるように

「思う存分行ってらっしゃい!」

と言ってくれました。

 

 

ここで場面はノーマンの部屋へ。

 

部屋にはノーマン、ヴィンセントの姿が。

 

ヴィンセントがノーマンにエマ達の出立を問われると、「ノーマンは「月が出れば今夜にでも」だそうだ」と答えます。

その表情は硬く、冷たくも見えました。

 

 

そしてその日の夜。

 

空には大きな満月が。

 

エマとレイは荷物を背負い、ナイフを片手に”七つの壁”へ向かうための方法を行おうとします。

 

全ては自分達の明るい未来、そしてノーマンのため・・・

 

もう一つの答えを見つけるために、エマとレイは出発します・・・!

 

 

約束のネバーランド130話『報告』感想

 

ついに仲間たちにも本心を打ち明けたエマ。

 

しかし、今まで苦楽を共にしてきた仲間だけあってか、そしてエマの性格をよく知っているからか、理解を得られるのも早かったですね!

 

シスロ達との反応の違いは、今までの農園でどのような生活をしてきたかが鬼たちにどのような感情を持っているかが大きく異なっているからでもあるのでしょう・・・

 

仲間たちからの後押しもあり、”七つの壁”へ向かうことになったエマ達。

 

これからの展開、そして、”七つの壁”のリスクをどうクリアしていくのか?

 

この辺りも見どころになりそうですね!

 

 

目が離せない約束のネバーランド131話は2019年4月15日(月)発売の週刊少年ジャンプ20号に掲載される予定です!

 

次話の最新話ネタバレもお楽しみに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です