ハイキュー!!345話最新話ネタバレ!鴎台に風向き!烏野ピンチ!

このページでは、2019年4月15日発売の週刊少年ジャンプ 2019年20号掲載の『ハイキュー!!』最新話をご紹介します!

 

前話では、星海がいかんなく才能を発揮しただけではなく、鴎台のブロック攻撃に苦しめられていましたね。

 

344話のネタバレをまだご覧になっていない方はこちらをご覧ください♪

 

前話の最後では、月島に「逃げるなよ」と言われ、分かりやすく挑発に乗っていた影山(笑)

 

345話はどうなっているでしょう?

 

早速ネタバレをご覧ください!

 

 

ハイキュー!!345話『犇犇』ネタバレ

 

烏野高校2回目のタイムアウトに、影山はまだ「逃げるなよ」を根に持っていて「俺に???言ったのか???」とガンを飛ばしまくります(笑)

 

月島は「カクニンしただけだってば」と笑いながら返しますが、確信犯ですよね~^^

 

冴子は冴子で、星海の強さだけでなく鉄壁の強さを誇る鴎台のブロックの強力さにモヤモヤ!!

 

しかも今回は星海が絶好調なようで、序盤から鴎台はノリノリです!

 

タイムアウトが終わり、試合再開となると、影山はセンターからの攻撃をしかけ、月島がアタック!

 

今回はうまく決まりますが、影山、月島はにらみ合っていてそれがまた面白い(笑)

 

ここから巻き返しを図りたいところですが、上手くいかずにじわりじわりと点差を広げられます。

 

烏野のブロックも決して反応が悪いわけではありませんが、鴎台サイド、特に星海はブロックの動きをよく見て臨機応変に攻撃を仕掛けてきます。

 

「叩きつけるだけが攻撃じゃない」と翔陽がつぶやきましたが、星海の攻撃の緩急を見ているとまさにその通りと思えてしまいますね・・・!

 

続く鴎台のサーブに、烏野サイドは崩されますが、影山がうまくフォローします。

 

しかし、トスが上がった田中のアタックがネットに阻まれ、点数に繋がらず・・・

 

常に3枚ブロックが目の前に立ちはだかっていること、点差が開いていることがプレッシャーとなり、いつも通りのプレーが難しいようです。

 

ここで流れを変えるため、リリーフサーバーとして木下が投入されます。

 

グンと伸びるサーブで鴎台を乱しますが、鴎台サイドの攻撃、星海の攻撃は、烏野ブロックにわざと当ててコート外へ弾かせました。

 

抜け道が見つからず、攻略方法が見つからないこの戦い。

 

烏野の士気は下がりつつありましたが、翔陽の「サッ 来ォォォォい!!!」の一言で再び奮い立ちます!

 

 

20-24で迎えた1セット目。

 

烏野サイドの攻撃は時間差攻撃!

 

決まったー・・・と思いましたが、2mを超える芽生のブロックに阻まれ、1セット目は鴎台に軍配が上がります。

 

20-25。

 

5点もの点差をつけられて終了してしまった第1セット。

 

2セット目は巻き返しなるか!?

 

烏野の活躍に期待です!!

 

 

ハイキュー!!345話『犇犇』感想

 

1点の取り返しが続いていた序盤に比べ、後半は星海の好調っぷりや鴎台のブロックの強さに押されてどんどん点差が広がっていったような感じがしますね。

 

鴎台はこれからもっとブロックの完成度が上がってくる可能性があるので、2セット目以降も油断はできません・・・!

 

しかし、このまま終わる烏野でもありませんよね!

 

烏野ならではの強さを鴎台に見せつけてほしいものです・・・!!

 

 

気になる346話は2019年4月22日(月)発売の週刊少年ジャンプ21号に掲載される予定です!

 

次回のネタバレもお楽しみに♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です