約束のネバーランド131話最新話ネタバレ! ついに七つの壁へ!

このページでは、2019年4月15日発売の週刊少年ジャンプ 2019年20号掲載の『約束のネバーランド』最新話をご紹介します!

 

前話では、エマとレイがここまで一緒に来た仲間たちに七つの壁へ行ってくる旨を伝えていました!

 

130話のネタバレはこちらをご覧ください♪

 

エマばかり危険な目に遭わなければいけないことに悲しみを覚えることもありましたが、エマの性格をよく理解している仲間たちだからこそ、最後には力強く送り出してくれることに。

 

準備が整い、ついに七つの壁へ向かうエマとレイ。

 

それでは続きが気になる131話のネタバレ、感想をご覧ください!

 

 

約束のネバーランド131話『入口』ネタバレ

 

6つの塔の天井絵から七つの壁への道を知ったエマ達。

 

以前も試したことがありますが、今回は更にその先へ行くことになります。

 

ビンに入れた水の中にナイフで手を切り、自分達の血液を流しいれたエマとレイ。

 

まだつぼみの花が付いた枝でそのビンをかき混ぜ、しばらくすると花が咲きました。

 

そのタイミングでエマは皆に「じゃあ行ってきます!」と伝えました。

 

すると、ビンを残してエマ、レイは忽然と姿を消したのです。

 

初めて目の当たりにする仲間たちも多く、驚きを隠せません!!!

 

その頃、エマ達は・・・どこかにワープしたわけではなく、同じ場所にいました。

 

しかし、エマとレイを除く他のみんなは姿を消していました。

 

代わりに現れたのが大きな扉!!

 

扉には知るはずのない文字が刻まれているにも関わらず、なぜか読むことができるのです。

 

そこに書かれているのは

『この先に進むと引き返せない

引き返すならこの扉を今すぐこの逆側の面から開けて帰るべし

”入口”へようこそ』

という文言。

 

この扉、ただ扉が立っているだけで、反対側に回り込むことができるんですよね。

 

どこでもドアみたいな感じです。

 

天井絵には金の水、月、ヴィダ、昼と夜ー・・・

 

そして5つ目の天井絵は真っ黒でした。

 

その真っ黒が何を示しているのかは明らかではありませんが、一筋縄ではいかないということなのでしょう。

 

以前この扉を前にした時には、反対側に回り、引き返すことを選びました。

 

しかし、今回は違います。

 

次に進むために、七つの壁へ行くためにここに来たのですから。

 

レイの「行こう」の掛け声に答えるように、エマは意を決して扉を開きましたー・・・!!

 

 

ここで場面は2047年11月、王都へ。

 

そこには五摂家のドッザ卿、バイヨン卿、プポ卿、ノウム卿、イヴェルク公の姿が。

 

バイヨン卿は父親が1年半以上前に失踪、その後は陛下の弟であるレウウィス大公とも連絡が取れず、ドッザ卿のルーチェやノウム卿のノウス、ノウマも行方不明というのが五摂家の見方。

 

同時期に一気に行方知らずとなったのを奇妙に思うのは至極当然でしょう。

 

ドッザ卿は、その話をバイヨン卿に振り、最初にいなくなったバイヨン卿の父親のせいではないか?と言おうとします。

 

一触即発となりそうな雰囲気でしたが、陛下の到着によりそれは阻まれます。

 

そこに現れたのは、女王のレグラヴァリマ。

 

ひれ伏す五摂家に向かい、「面を上げよ」と言ったところで131話は終了しています・・・!

 

 

約束のネバーランド131話『入口』感想

 

ついに再び”入口”へやってきたエマとレイ。

 

これはエマ自身のためでもあり、ノーマンやみんな、そしてエマ達を待つフィル達のため・・・

 

扉を開いた向こうの景色はいったいどんなものだったのでしょうか?

 

そして、王家、五摂家が集まった理由は一体!?

 

 

目が離せない約束のネバーランド132話は2019年4月22日(月)発売の週刊少年ジャンプ21号に掲載される予定です!

 

次話の最新話ネタバレもお楽しみに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です