ハイキュー!!346話最新話ネタバレ!2セット目開始!反撃の狼煙!

このページでは、2019年4月22日発売の週刊少年ジャンプ 2019年21号掲載の『ハイキュー!!』最新話をご紹介します!

 

前話では、1セット目を20-25という5点もの差を付けられて鴎台に取られてしまったところで終わっていましたね。

 

345話のネタバレをまだご覧になっていない方はこちらをご覧ください♪

 

エース星海の調子が良い上に、元々の鴎台のブロックの強さにより、烏野大ピンチ!?

 

この試合の行方、一体どうなるのでしょうか?

 

早速ネタバレをご覧ください!

 

 

ハイキュー!!346話『思惑』ネタバレ

 

同時進行であった梟谷VS貉坂の試合では、木兎率いる梟谷が勝利!

 

その一方で烏野は鴎台相手に1セット目を落としてしまいました。

 

しかし、試合を観戦していた音駒の選手たちは、自分達の試合の時に2セット目を取り返されたことを思い出します。

 

今の鴎台との試合だって2セット目はどうなるのか分からないということですよね!

 

コートセットの最中、月島はボソッと「またフルセットかよ」とつぶやきます。

 

無意識につぶやいていたようですが、チームメイトから2セット目取る気マンマンか!と言われます。

 

更にその先に続いて言われる言葉を察した月島は、「それだけは言わないで」と言いますが、時既に遅く、

「日向みてえだな!」と言われ、ひどく落ち込みます(笑)

 

これには翔陽もふるえながら「あなたしつれいですよ」とツッコミを入れていましたが(笑)

 

 

ただ、このやり取りができるということはまだ余裕がある証拠ですよね^^

 

しかし、2m越えに漠然とビビってしまうメンバーも。

 

それでも、「ちょっとコースがずれていたら決まっていた」という翔陽。

 

それは、タラレバではなく、やられた理由を解析したもので、同じ位置からの攻撃だったからこそ偶然背の高い芽野に止められてしまったが、打つ先が違っていたら決まっていた可能性が高い、ということ。

 

鴎台のブロックはかなり精度が高いので、分断することは難しいかもしれないけれど、攻撃を多人数、多方向で行い、情報量を増やせばそれがストレスになる、と烏養は言います。

 

そして、手ごたえがないと自分たちのやっていることを無駄と思うこともあるかもしれないけれど、

少なくとも今 そんなことはない

と断言するのでした。

 

 

そして始まった2セット目。

 

鴎台はローテを回し、影山と月島が前衛に並ぶ攻撃が薄くなるローテの時に、サーブを星海、そして前衛に昼神、白馬を置き、攻撃を仕掛けてくるつもりのようです。

 

しかし、それは烏野も分かっていたようで、日向と月島を入れ替えたローテを組みました。

 

これは、鴎台が自分達の中で最も攻撃が整うローテを組んできたタイミングで、翔陽をぶち当てるためのもの。

 

鴎台のマックスの攻撃態勢をぶち破ることができるのか!?

 

続きが気になります!

 

 

ハイキュー!!346話『思惑』感想

 

1セット目は落としてしまった烏野ですが、もちろんまだまだあきらめてはいません!

 

それどころか2セット目は取る気マンマンです♪

その心持ち、大切ですよね!

 

2セット目、1点目を取れるか否かがまた重要になりそうです!

 

鴎台は自分達の攻撃最強ローテをぶち当ててきましたが、それに烏野の小さな巨人、翔陽はどう対処するのでしょうか!?

 

影山サーブではじまった2セット目!

1点目の行方から目が離せません^^

 

気になる347話は2019年4月27日(土)発売の週刊少年ジャンプ22号に掲載される予定です!

 

次回のネタバレもお楽しみに♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です