約束のネバーランド132話最新話ネタバレ!七つの壁はGF!?

このページでは、2019年4月22日発売の週刊少年ジャンプ 2019年21号掲載の『約束のネバーランド』最新話をご紹介します!

 

前話では、エマ、レイが七つの壁に向かうために必要な儀式を行い、ついに扉の向こうへ入ったところまでで終わっていましたね。

 

131話のネタバレはこちらをご覧ください♪

 

扉の先に広がっていた世界とは?

 

そしてかたや王に呼び出された五摂家たち。

 

鬼たちにも何かしらの動きがあるようです!

 

それでは続きが気になる132話のネタバレ、感想をご覧ください!

 

 

 

約束のネバーランド132話『誅伐』ネタバレ

 

場面は王家、五摂家の謁見から。

 

女王レグラヴァリマのもとにあつまったのは、イヴェルク公、バイヨン卿、ドッザ卿、ノウム卿、プポ卿の五摂家。

 

話の内容は、最近各地の農園で増えている盗難についてのものでした。

 

盗難により、人肉不足となり、そこに住む鬼たちの不満が高まっていること、

今のところは他の農園から回すことでどうにかなっていること

 

それでもゆくゆくは兵による鎮圧が必要となる可能性があることが報告されました。

 

そして更に、ラムダやその系列農園が破壊されていることも。

 

内部や警備を知り尽くしているような完璧な手口で破壊されていることから、新手の盗難賊徒による仕業だと鬼たちは考えます。

 

また、ラムダやその系列農園は知能が高いので、その人肉を口にしているのであれば、その盗難賊徒は自分達に立ちはだかる一大勢力と成しえる、と話します。

 

それを聞いたレグラヴァリマは、盗難賊徒を炙り出し、討伐するよう指揮します。

 

更に、相手の目星は付いている、とも言います。

 

全軍で誅伐隊を結成し、儀式(ティファリ)までに片を付けるよう言い放ちました。

 

それにより動き出した鬼たち。

 

 

ノーマンのもとから王家たちの偵察に来ていた仲間より、鬼たちに動きがあったことがノーマンに報告されます。

 

報告を耳にし「計画通りだ」と答えるノーマン。

 

農園を襲うことで民たちの不満が増えること、賊徒討伐に王家、五摂家が動かざるを得ないことなどをノーマンは先読みしていたのです。

 

そして、ノーマンが欲しいと思っているのは、王家、そして五摂家の首。

 

ギーランと同盟を結びましたが、かつての五摂家とはいえ、今の王家、五摂家の兵力に敵うほどではありません。

 

この兵力を分断し、倒しやすくするのが今回の目的だったようです。

 

そして、王家や五摂家が、農園を破壊したのは鬼たちの仕業だと思い込んでいるのも、農園を破壊した時に支援者であるスーがそう仕込んだから。

 

目星がついていると思っている対象も、ノーマンがそこにたどり着くよう仕向けたものなのです。

 

ノーマンは自分達にたどり着くことがないよう綿密に鬼たちの絶滅までの計画を行ってきたのですね・・・

 

そして、近づく儀式の日。

 

王家や五摂家が王都に一堂に会する祭事とのことですが、盗難問題が解決しない以上、今までになく警備が薄くなることが予想されます。

 

ノーマンが狙うのはこの儀式の日です。

 

8日後の儀式の最中に王、そして貴族を殺す。

 

これがノーマンの計画です。

 

しかし、ここでヴィンセントから一言放たれます。

 

それは『邪血』の問題をどうするのか、というもの。

 

一瞬空気が張り詰めますが、ノーマンは「もちろんすでに考えてある」と答えます。

 

そして、ノーマンの今の仲間であるハヤトが向かった先。

 

それは、エマ達と共に歩んできた、そしてノーマンとも面識のあるドンとギルダの元。

 

ハヤトは2人に「ボスがお呼びです!」と伝えるのでしたー・・・

 

 

ここで場面は変わり、七つの壁へ向かうエマ、レイのもとへ。

 

扉を開いたその先。

 

天井絵では真っ黒だったところです。

 

しかし、エマとレイの目の前に広がる光景。

 

それはー・・・

 

かつて仲間たちと苦楽の日々を送った故郷、GFハウスだったのですー・・・

 

 

 

約束のネバーランド132話『誅伐』感想

 

132話、なんだかハラハラする展開ですね・・・!

 

鬼たちがそう動くように誘導し、実際その通りになっている辺り、やはりノーマンの知能は侮れない・・・凄すぎます!!!

 

ただ、それ以上に気になるのは、『邪血』の話になった時、ドンとギルダが呼び出されたこと。

 

ムジカたちと面識があることや、エマ達との付き合いが長いことも考えてこの2人が呼ばれたのかもしれませんが、かなり気になります・・・

 

ノーマンが2人を呼び出した理由は何なのでしょう?

 

そして、七つの壁に向かうエマ達の目の前に現れたGFハウス!

 

火事でなくなったはずの建物が、綺麗なまま目の前にあります。

 

これは一体どういうことなのでしょう・・・!?

 

 

目が離せない約束のネバーランド133話は2019年4月27日(土)発売の週刊少年ジャンプ22号に掲載される予定です!

 

次話の最新話ネタバレもお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です