ワールドトリガー 【第174話】最新話のネタバレ!東隊の撹乱に揺れる修…!

2019年2月4日発売、ジャンプSQ3月号の最新話!

ワールドトリガーを読んだので、

【第174話】「東隊②」のネタバレ・感想をまとめました。

 

〜東隊との一騎打ちとなった玉狛第二。
追い込まれた東隊は、一体どう出る!?~

 

前話・次話
前話【第173話】「東隊」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

ワールドトリガー【第173話】最新話のネタバレ!千佳ちゃんがまさかの行動に!?

2019年1月5日
次話【第175話】「ヒュース⑦」はこちらからどうぞ!

ワールドトリガー 【第175話】最新話のネタバレ!ROUND7 ついに決着!!

2019年2月4日

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

【第174話】「東隊②」のネタバレ

小荒井と奥寺の考え

ヒュース
「単独2位まであと何点だ?」

空閑
「あと3点」

ヒュースと空閑の他、足を失った小荒井と東はバッグワームを付けてモールに潜伏しています。

唯束
「さあB級ランク戦ROUND7も大詰め
生き残っているのは2部隊5名!」

数の有利となった玉狛第二は、
千佳を南の高台に陣取らせて、ヒュースと空閑で索敵に向かいます。

ヒュースはエスクードを発動し、モール内に大量の壁を作り、東隊の逃げ道を狭めていきます。

嵐山
「なるほど 玉狛第二は…

大穴が開いた南側は雨取隊員がカバーし

反対側からヒュース隊員が圧をかけ

それに東隊が反応したところを
空閑隊員が奇襲するという構えのようですね」

犬飼
「東隊も玉狛の狙いには気づいてそうだけど
どう対処するのかな?」

東隊長は無線を通じて、小荒井と奥寺に質問を投げかける。


「玉狛の動きはこっちをじわじわ追い詰める手だ
時間が経つほどやれることは少なくなるぞ

二人の答えを聞かせてくれ」

奥寺
「……撤退しましょう」

奥寺は勝算の低い今の状況だと、被害を最小限に抑えるべきだと述べる。


「奥寺は撤退か 小荒井はどうだ?」

小荒井
「オレはやられっぱなしは性に合わねーっす…って言いたいところだけど……
成功率低そうなんだ捨て身はやめます 撤退に一票で」


「……わかった」

小荒井
「けどオレ足やられてて逃げ切れるか微妙っスよ
グラスホッパー使ったらたぶん見つかるし
逃げ道もバンバン塞がれてる」

摩子
「ビーコンがまだ残ってるから多少は誤魔化せるでしょ
逃走ルートはこっちで指示するわ」

小荒井
「摩子さん頼んます!」

 

ブラフ

東は、残ったビーコンを南側に向かわせる。

ビーコンが向かったことにより、レーダー反応が千佳の方に当たりをつけたように見える。

玉狛からするとブラフにしか見えない陽動ですが、修はこれを見て考え込む。


「(これはたぶんビーコンを使った陽動…
千佳のメテオラでビーコンを壊させるか?

……いや攻撃を誘ってこっちの位置を確認する狙いかとしれない……)」

ヒュース
まやかしだ

オレたちを守りに入らせるための牽制だ
放っておいていい」

宇佐美
「まあ普通に考えればそうなんだけど…」

相手が東隊長なだけに、慎重になる修と宇佐美。

ヒュース
「表はチカが押さえているし
他の出口はオレがほぼ塞いでいる

敵が脱出する動きを見せればすぐに捉えられる
東たちが建物から出た可能性は低い

バレバレの撹乱を仕掛けてきたのは
それだけ向こうが追い詰められてる証拠だ」

修の考えもヒュースと同じではあるが、
万が一の事態を考えてしまいます。

そうしている間に、南側に向かっている反応のうち2が消失する。


「……!? 反応が二つ消えた…!?」

犬飼
「うわあ さらに余計な情報を増やす」

唯束
「東さんがやりそうな揺さぶりですね」

犬飼
さあ今度は また玉狛が対処する番だ

マークが南側に向かっている以上、千佳を動かすのが得策のように思えるが、
南側からの援護がなくなってしまうため、動かしづらい玉狛。

嵐山
「東隊の仕掛けをフェイクと断定して攻めを継続するか

万が一を考えて攻めを捨てて雨取隊員の守りに入るか

あるいは〝第3の選択肢〟か

犬飼
「けどまあ三雲くんの性格からして
雨取ちゃんの守りを捨てるっていう選択肢は…」

嵐山
「選ばない気がしますね」

犬飼と嵐山の予想通り、作戦室の修は攻撃中止の指示を送る。


……攻撃中止だ!千佳のカバーに入ってくれ!

千佳
「…!」

空閑
「ふむ」

ヒュース
「何…!?」

 

「揺れるな」の意味

ヒュース
「馬鹿を言うな!
東達をみすみす逃す気か!?」


「ここで万が一千佳が落とされたらどっちにしろ東隊に逃げられる

千佳が生きてれば東隊が逃げても爆撃で焼き出せる

千佳の安全を確保することが最優先だ!」

ヒュース
適当な事を言うな

ヒュースは、以前の戦いで東が砲弾をライフルで撃ち落としている事を修に思い出させる。
そのため、東が自由に動けるようになれば、メテオラを撃ち落とされて千佳がやられてしまうかもしれないと話します。

ヒュース
「前にも言った通りオレは
妥当性のない指示には従えない」


「…………」

千佳
「(修くん…)」


「(ヒュースの言うことがたぶん正しいってことはわかる……けど……
〝万が一〟の可能性も捨てきれない

迅さんは〝揺れるな〟って言った
この場合…どっちを選ぶのが〝揺れない〟ことになるんだ……!?)」

修が悩んでいる中、空閑が声を出します。

空閑
「じゃあ おれがチカをガードするよ」

 

チャンス

空閑
「チカとヒュースは今まで通り動けばいい」


「…!でもそれじゃヒュースが一人に…」

ヒュース
「それでいい
話は終わりだ 索敵を続行する

空閑が千佳のカバーに、ヒュースは単独で東と小荒井のいるモールに点を取りに行く。

嵐山
「両対応の動き 〝第3の選択肢〟できましたね」

黙り込む修に、空閑が声をかける。

空閑
「すまんなオサム ヒュースにチャンスをやってくれ」


「チャンス…?」

空閑
「カゲ先輩を逃したやつと オサムがユズルにやられたやつ
ヒュースはあの2点は自分のミスだと思ってんだ」


「……!」

空閑
「だから自分でその点を取り返したいのさ

あいつはまじめだからな

モール内にエスクードを生やしつづけ、小荒井を追い込んでいくヒュース。
逃げ続けましたが、ついにモール内で見つかってしまいます。

逃げる小荒井は、左足の膝から下を欠損している。

ヒュース
「(小荒井は足にダメージ)」

唯束
「ここで決まるか!?」

ヒュース
「(ここで決める!)」

ヒュースがバイパーを発動しようとするその時、
東のバッグワームがヒュースの近くに現れます。

 

ここで、174話は終了します。

 

【第174話】「東隊②」の感想

感想

悩んだ末に、撤退を選択した奥寺と小荒井。

点を取りたい玉狛に対して、戦いなれた東さんがビーコンで牽制することで、千佳の危険を感じさせました。

この辺りの駆け引きはワールドトリガーらしくて面白かったですね。

修の優しさとヒュースの点を取りたい気持ちがぶつかってしまいましたが、
空閑が落ち着いて対処したのも面白かったです。

ROUND7も佳境!ヒュースは2体1の状況をどう打破するのか!?

175話に続きます。

次話
次話【第175話】「ヒュース⑦」はこちらからどうぞ!

ワールドトリガー 【第175話】最新話のネタバレ!ROUND7 ついに決着!!

2019年2月4日

無料で読める!お得に読める!おすすめ電子書籍サイトはコレ!!

U-NEXT music.jp FOD ebookjapan まんが王国
無料 体験期間 31日間 30日間 1ヶ月間 永年無料 無し
無料期間 付与ポイント 600p 書籍:600p 動画:1,000p 合計1300p (8,18,28に 400pづつ付与) 半額クーポン (500円まで) 半額クーポン
月額金額 1,990円 500円 1,000円 1780円コース 888円 無し(0円) 300円~ 10,000円 (全8コース)
書籍数 42万冊 17万冊 15万冊 58万冊 6万冊
無料作品数 500作品 以上 1,000作品 以上 1,000冊 以上 2,000作品 以上 3,000作品 以上
購入方法 毎月 1,200p付与 月額コースの ポイント 毎月 合計1,300p付与 都度購入 月額コースの ポイント
   

↓↓↓まずは気になる電子書籍サイトで無料体験♪↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です