監禁嬢【3巻】ネタバレ!裕行が他の生徒と不倫?!その時麻希が取った行動は・・・?!

主人公【岩野裕行】は高校教師で、
愛する妻、そして、子供が生まれたばかりだった。

裕行は生徒たちからの信頼も厚く、充実した日々を送っていた――はずだった。

目が覚めると、全裸で監禁されていた。
そして、目の前に現れたのは見ず知らずの女“カコ”だった。

裕行は陵辱されいく。
「私はだーれだ? 思い出すまで許さない」

戦慄のエロティックサスペンス!!
 

\\\無料で読む・お得に読む方法も紹介!///

///次巻【4巻】ネタバレも公開中!\\\

 

監禁嬢【3巻】最新刊を絵付きで読みたい人は!

やっぱりマンガは絵付きで読みたいですよね!
そんな時は【U-NEXT】と【ebookjapan(イーブックジャパン)】がお得でおすすめ!

U-NEXTは600pは初回登録時にしかもらえません!
だから、一度U-NEXTに登録・退会した人は、
半額クーポンがもらえるebookjapanがオススメですね♪

U-NEXTは無料登録で600Pもらえちゃう!
無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません♪

【U-NEXT】監禁嬢3巻はココから

ebookjapanは50%クーポンがもらえるから、マンガが半額で買えちゃう!
2000冊以上も無料マンガがあるので、タダでいっぱい読めちゃいますね♪

【ebookjapan】監禁嬢3巻はココから

監禁嬢【2巻】までのあらすじ

家族をも巻き込み始めたカコをなんとかして止めたいと考える裕行。

そんな時、監禁小屋の鏡に貼ってあった写真の中に教師の柴田茜がいたことを思い出します。

柴田茜にも裏の顔があり、カコがまた何やら動き出そうとしていました。

監禁嬢【3巻】ネタバレ

究極の選択

突然現れたカコに拉致されてしまった柴田茜。

目を覚ますと、見覚えのない工場の中で体を縛り付けられ、監禁されてしまっていたのです。

はじめまして茜ちゃん……カコといいます」と自己紹介する女を前に、
茜は恐怖に叫ぶことはしませんでした。

「これから君の話をしよう……私語は厳禁でお願いね」

話していいのは自分が“よし”と言ったときだけと告げるカコ。
僅かな声を漏らした茜を容赦なく棒で殴るカコに仕方なく従います。

茜の裏の顔をカコは話していきます。

カコは茜がバカを演じてきた理由は人に“面白い”と言ってもらいたいから、
と見抜いていたのでしょう。

茜に一言“君は面白い”と告げます。
そのカコの言葉に茜は涙を零したのでした。

カコは最後に茜に選択する事を迫ります。
ここで死ぬか、わたしの為に命を燃やすか選べ

それは、どちらを選ぶか分かりきった選択だったのでした。

手を結んだふたり

茜は迷うことなく“生きる道”を選びます。
カコは彼女の拘束を解くと、再度“選択”を与えます。

「逃げてもいい、追わないであげる」と言い、その後に付け加えたようにして、
「私を選んでくれるなら、私が君を笑ってあげる」と告げます。

茜はカコの手を取り、ともに歩むことを決めたのでした。

一週間後、茜はカコと同じ髪色に染めて学校へとやってきます。
まるで雰囲気の違う柴田先生の姿に、他の教員たちは驚きを隠せない様子。

茜はカコの命令を受け、麻希の友達である神田梓の靴箱に手紙を入れます。
これこそがカコが茜を選んだ目的でした。

その頃、茜の急激な変異に違和感を覚え、裕行は麻希を美術室へ呼び出し、
相談を持ち掛けます。

そして監禁小屋に貼り出された写真に映った人物たちにもカコの情報を求めたのですが、
誰も彼女の事を知る者はいませんでした。

まだ確認できていないのは残りふたり。

ひとりはクラスメートの田原成美。
もうひとりは、裕行の元カノ・冨山葵でした。

帰宅し、ひとりお風呂の中で麻希は思い出します。

裕行がほしいと思うようになったのは、成美の存在があったからだということを……

複雑さを増す関係

麻希の母親は教育に厳しく、
何に対しても一番でなければ納得しないような人でした。
そんな生活にうんざりしていた麻希。

クラスメートの成美は麻希とは対照的に頭が良く、
そして彼女もまた裕行に、恋心を抱いていました。

頭の良かった成美をバカにしたくて、
麻希は裕行を手に入れようとしていたのです。

そんなある日、あの下駄箱に入れられた手紙によって、
梓は成美に詰め寄り、追求します。

麻希がどうしたのかと事情を聞くと、梓の下駄箱に入っていた手紙に、
成美と裕行が不倫している”と書かれてあったことを知ったのでした。

成美と裕行がふたりで進路指導室へ入っていく写真まで同封されていたようです。

麻希はキッパリと「先生はそんなことしない」とみんなの前で宣言したと同時に、
「成美ちゃんも違うって言ってるじゃん」と、庇いだてします。

しかし、手紙によって“不信感”を抱いてしまった生徒たち。
クラスの中は重い空気に包まれました。

案の定、裕行の不倫疑惑は学校中に広まってしまい、
教員たちの中でも問題視されます。

厳しい注意を受ける裕行。
それを笑みを浮かべながら見つめる茜。

その頃、成美は自分を庇ってくれた麻希を呼び出して、
お礼を言います。

そんな成美に対し、麻希は嫉妬心をあらわにします。
成美にだけは負けたくないという強い想いがあったのでしょう。

成美が裕行に恋心を抱いていた事を知っていたと告白し、
早く諦めた方がいい」と釘を指したのです。

立ち去ろうとした麻希は、成美に“カコ”の存在を聞きますが、
彼女もまた“南京錠の女”については何も知りませんでした。

残るひとりは裕行の元カノの葵だけとなったのです。

密かな計画

結局、麻希の同行を拒否し、裕行はひとり葵に会いに向かいます。
しかし、葵もカコについて何も知りませんでした。

その帰り道、裕行はカコと遭遇します。

“もういい加減にしてくれ”と、カコに正体を明かすよう頼みますが、
過去から眼を逸らしてはいけない”と告げられます。

カコに近付くためには、自分の過去を遡るしかないと、改めて教えられたのです。

カコと裕行が会っていた最中、麻希は隠れて待ち構えていた葵と対面していました。
裕行は自分の“ヒモ”だったと告白し、麻希に彼の連絡先を聞こうとしますが、
葵さん可愛いから嫌”と言って、去っていってしまいます。

それから暫くして文化祭の日が迫ってきた頃、
茜とカコの恐ろしい計画が実現化されようとしていました。

一緒に殺そう

ふたりのターゲットになったのは、茜の不倫相手・教師の皮谷だったのです。

監禁嬢【3巻】感想

様々な人間関係が複雑さを増したように感じた今回の話ですが、
やはりカコの正体を知るのはなかなか難しそうに感じます。

新しく加わった梓、成美、葵も今後絡んでくるのでしょうか?

けど、ここまで女ばかりが関わってくる裕行の方が、
逆に一体何者なんだとも思っちゃいますけどね。

茜とカコが手を組み、ターゲットにしたのは皮谷って言うのにも、
何かしらの理由がありそうな気がします。

文化祭にどんなことが待ち受けているのか、見るのが怖い気もしますが、
なんだか楽しみとも感じてきちゃいますね。
 

\\\無料で読む・お得に読む方法も紹介!///

///次巻【4巻】ネタバレも公開中!\\\

 

無料で読める!お得に読める!おすすめ電子書籍サイトはコレ!!

U-NEXT music.jp FOD ebookjapan まんが王国
無料 体験期間 31日間 30日間 1ヶ月間 永年無料 無し
無料期間 付与ポイント 600p 書籍:600p 動画:1,000p 合計1300p (8,18,28に 400pづつ付与) 半額クーポン (500円まで) 半額クーポン
月額金額 1,990円 500円 1,000円 1780円コース 888円 無し(0円) 300円~ 10,000円 (全8コース)
書籍数 42万冊 17万冊 15万冊 58万冊 6万冊
無料作品数 500作品 以上 1,000作品 以上 1,000冊 以上 2,000作品 以上 3,000作品 以上
購入方法 毎月 1,200p付与 月額コースの ポイント 毎月 合計1,300p付与 都度購入 月額コースの ポイント
   

↓↓↓まずは気になる電子書籍サイトで無料体験♪↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です