鬼滅の刃【第147話】最新話のネタバレ!炭治郎の成長!

2019年2月25日発売、週刊少年ジャンプ13号の最新話!

鬼滅の刃を読んだので

【第147話】「小さな歯車」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

 

前話・次話
前話【第146話】「誇り」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

鬼滅の刃【第146話】最新話のネタバレ!再開、上弦の参、猗窩座(あかざ)!!

2019年2月18日
次話【第148話】「ぶつかる」はこちらからどうぞ!

鬼滅の刃【第148話】最新話のネタバレ!猗窩座の歪んだ考え方…!

2019年3月4日

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

【第147話】「小さな歯車」のネタバレ

負けるな

無惨が作り上げた空間を、愈史郎の“眼”を借りて図面におこしていく産屋敷家の面々。
そんな時、ふと脳裏に浮かぶ両親と姉たちのすがた、妹の目からは大粒の涙が溢れた。

輝利哉(きりや)
「泣くな 絶対に手を止めるな
私たちは負けない」

涙を流す妹に声をかける輝利哉。
手を止めず、机に向かったままのその表情は読めない

輝利哉と妹たちが着々と図面を作り上げている
その部屋の入口では、宇髄天元(うずいてんげん)と
煉獄槇寿郎(れんごくしんじゅろう)の2名が守りを固めていた。

宇髄
「輝利哉さまは 御立派なことだ
父を亡くされた心痛も癒えぬ中 鬼殺隊の指揮を執り
己の使命を果たさんとしておられる なあ 煉獄さんよ」

煉獄
「…そうだよ 年端もゆかぬ子供たちが
これ程我が身を奮い立てているのだ
私も杏寿郎同様 煉獄家の名に恥じぬよう
命を賭してお守りする」

そこには、かつての酒に溺れてしまっていた槇寿郎の姿はない。

輝利哉たちのいる部屋とは別のとある一室では、
布団の中で意識のない中、息荒く、うなされている禰津子(ねずこ)と
それを守り、看病している鱗滝の姿があった。

鱗滝
(苦しんでいるように見える
お館様に協力していた珠代という鬼が寄越した薬
言われた通り使ったが)

『果たして禰津子は 人間に戻れるのだろうか
禰津子が人間に戻れば 無惨の目論見は潰(つい)える
千年以上かけて探し続けて来た 完全体の夢
太陽の克服は ふりだしに戻る
日光で消滅しない鬼は この長い年月で禰津子“一人だけ”』

禰津子の様子を見ながら、今までの戦いや苦労を思い出す。
そしてふと脳裏に浮かんでくる言葉 ――最終局面。
それを思うと鱗滝の身体は芯が震え、心拍があがっていく。

鱗滝
『この長い戦いが 今夜終わるかもしれない
まさかそこに自分が生きて立ちあおうとは
炭治郎 思えばお前が鬼になった妹を連れて来た時から
何か大きな歯車が回り始めたような気がする

今までの戦いで 築造されたものが巨大な装置だとしたならば
お前と禰津子という2つの小さな歯車が嵌まったことにより
停滞していた状況が一気に動き出した
負けるな禰津子 負けるな炭治郎

絶対に負けるな

同時掲載
同時掲載されていた作品の最新話

命と尊厳

場面は対峙した上弦と炭治郎のシーンに移る。

“ヒノカミ神楽” 『火車!!』

正面突きで向かってきた猗窩座(あかざ)の攻撃を
上空へ回転しながら避け、そのまま攻撃も与える。
その斬撃は、猗窩座の左手を捉えていた。

炭治郎
(いけ!!いけ!!いけ!!
腕くらい斬れなきゃ 頸なんて斬れない)

捉えた左腕を逃さぬよう、回転し、
地面に着地するまでの一瞬に最大限の力を込める。

ザン!!
瞬間、猗窩座の左腕は斬り落とされ血しぶきがあがる。

炭治郎
(斬れた!!攻撃も躱せた 通用する 戦える)

着地しすぐに振り返り、猗窩座を確認しようとする炭治郎。
振り向いた先には、斬られた腕をすでに再生した猗窩座が裏拳で攻めてきていた。

“ヒノカミ神楽” 『幻日虹(げんにちこう)!!』

すぐさま攻撃を行う。
寸でのところで猗窩座の攻撃をかわし、背後に回った。

ビッ!
振り返った猗窩座の顔には斜めに傷が入っている。
炭治郎の技が、顔面に傷をつけたのだった。

2人の戦いの様子を少し離れた場所から警戒していた義勇。
炭治郎の実戦での姿をみて、驚きを隠せなかった。

義勇
(炭治郎…格段に技が練り上げられている
お前のその実力は柱に届くと言っても 過言ではない
上弦の参を相手にこれ程……)

『あの日 雪の日で絶望し 頭(こうべ)を垂れ
涙を流しながら妹の命乞いをするしかなかった お前が
戦えるようになった 命を 尊厳を奪われないために』

そして猗窩座もまた、一連の炭治郎の動きを体感して自身の考えを改めた。

猗窩座
「“この少年は弱くない 侮辱するな”
杏寿郎の言葉は正しかったと認めよう
お前は確かに 弱くなかった 敬意を表する」

“術式展開”

息を荒げながらも、気を抜かず猗窩座を睨みつける炭治郎。
そんな炭治郎に薄い笑みを浮かべ言葉を吐く猗窩座。

猗窩座
「さあ 始めようか 宴の時間だ」

 

【第147話】「小さな歯車」の考察・感想

考察・感想

悲しむ時間もないくらいに、自分たちの行うべきことと向き合ってきていた
産屋敷家の人々でしたが、やはり幼い心には厳しすぎることだと感じる話の始まりでした。

そんな妹の姿にも厳しく言葉をかける、輝利哉の心の傷もどれほどのものか
考えるととても悲しい気持ちになる147話でした。

既に戦いから離れていた育手の人たちも、
はなんらかの形で参戦している姿を見ることができた今回、
この戦いが左近次の言う通り“最終局面”なのではないかと感じました。

炭治郎の成長に喜びも感じますが、それにより今まで手を抜いていたであろう猗窩座の実力。
義勇が参戦せず、果たして炭治郎は現在の力で、どこまでこの猗窩座とやりあう事ができるのか。

術式展開をした猗窩座は、童磨と同様に氷がベースの技を使用するのでしょうか。
だとすれば、氷と炎の対決になるのか。戦いの展開に目が離せません!

次回掲載日:3月4日発売 週刊少年ジャンプ14号

次話
次話【第148話】「ぶつかる」はこちらからどうぞ!

鬼滅の刃【第148話】最新話のネタバレ!猗窩座の歪んだ考え方…!

2019年3月4日

無料で読める!お得に読める!おすすめ電子書籍サイトはコレ!!

U-NEXT music.jp FOD ebookjapan まんが王国
無料 体験期間 31日間 30日間 1ヶ月間 永年無料 無し
無料期間 付与ポイント 600p 書籍:600p 動画:1,000p 合計1300p (8,18,28に 400pづつ付与) 半額クーポン (500円まで) 半額クーポン
月額金額 1,990円 500円 1,000円 1780円コース 888円 無し(0円) 300円~ 10,000円 (全8コース)
書籍数 42万冊 17万冊 15万冊 58万冊 6万冊
無料作品数 500作品 以上 1,000作品 以上 1,000冊 以上 2,000作品 以上 3,000作品 以上
購入方法 毎月 1,200p付与 月額コースの ポイント 毎月 合計1,300p付与 都度購入 月額コースの ポイント
   

↓↓↓まずは気になる電子書籍サイトで無料体験♪↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です