鬼滅の刃【第146話】最新話のネタバレ!再開、上弦の参、猗窩座(あかざ)!!

2019年2月18日発売、週刊少年ジャンプ12号の最新話!

鬼滅の刃を読んだので

【第146話】「誇り」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

 

前話・次話
前話【第145話】「幸せの箱」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

鬼滅の刃【第145話】最新話のネタバレ!すれ違ってしまった二人の過去!!

2019年2月10日
次話【第147話】「小さな歯車」はこちらからどうぞ!

鬼滅の刃【第147話】最新話のネタバレ!炭治郎の成長!

2019年2月25日

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

前話のあらすじ

兄弟子との戦いの決着。
今もてる力の全てを使い戦いきった善逸は獪岳の頸と共に落下する。
最後まで、善逸や師の言葉は獪岳には届かなかった。

【第146話】「誇り」のネタバレ

周りの言葉

善逸の斬撃により、頸を斬り落とされた獪岳。
分かれてしまった身体が落下していく中、獪岳には最後まで善逸の想いは届いていなかった。

七つめの技だと?
六つしか型がない雷の呼吸から七つめを編み出した?
アイツが?壱ノ型しか使えない奴が?
俺よりも劣っていたカスが?
………

耐えられない 耐えられない!!
そんな事実は受け入れられない!!
あんな奴に俺が?俺が負けるのか?
頭が変になりそうだ

いや 違う 負けじゃない
あのカスも落下して死ぬ もう体力は残ってないはず
アイツも俺と死ぬんだ

獪岳は自身が死ぬことは受け入れていたが、
その死に方は、自身が納得のいく形に考えをすり替えようとしていた。
だが、どこからともなく現れた愈史郎(ゆしろう)の言葉でそれは否定される。

愈史郎
「人に与えない者はいずれ人から何も貰えなくなる
欲しがるばかりの奴は 結局 何も持ってないのと同じ
自分では何も生み出せないから」

獪岳
「!?」

愈史郎
「独りで死ぬのは惨めだな」

獪岳
「………!!……!!!」

声にできない声を荒げ、獪岳は消えていく。
その姿を後ろに、愈史郎は意識を失った善逸を抱え
軽快に壁を蹴り上げ、安全な場所に上っていく。

意識を失っている善逸はひとり、夢を見ていた。

善逸
「爺ちゃん!!
ごめん俺 獪岳と仲良くできなかった
手紙書いたりもしてたんだ でも 返事してくんなくて」

彼岸花の咲いた、大きな川。
その対岸でじっと善逸をみつめ、立っている老人。
善逸の師であるその人は、ただじっと善逸の言葉を聞いていた。

善逸
「俺がいなかったら 獪岳もあんなふうにならなかったかもしれない
ほんとごめん!! 許して!!
何も恩返しできなくって ごめん
爺ちゃんが生きてる内に柱にもさぁ…なりたかったんだけど
ごめん じいちゃん ごめん
俺のこと嫌いになった?何か言ってくれよ 爺ちゃん…
くそっ 何だこれ 足に絡まって」

必死に師に思いの丈を叫ぶ善逸。
対岸に渡ろうとして足を動かすと、一面に咲いている彼岸花が足に絡まり動けない。

師匠 爺
「善逸」

善逸
「!!」

師匠 爺
「お前は儂の誇りじゃ」

涙を流しながら、たった一言善逸に放った言葉。
善逸はその言葉を噛みしめ、目を覚ます。

村田隊士
「どうだ!?助かりそうか!?
顔見知りなんだよ 何とかしてくれよ 頼むからな!!」

愈史郎
「うるさい 黙れ村田
味噌っかすの分際で 襲われないようしっかり周りを見てろ」

村田
「おめえ!!階級何なんだよ!
俺より下だったら 許さねぇからな!」

愈史郎
(俺は鬼なんだから階級なんぞ知るか)
「血鬼止めは使ってるが この顔の傷
罅割れが止まらなければ
眼球まで裂けるぞ 聞こえてるか?」

ペシペシ
涙を流しながら目覚めた善逸を確認した愈史郎は
頭を叩きながら善逸に声をかける。
それを村田が大声で制する。

村田
「弱ってる奴に怖いこと言うなや!!」

愈史郎
「あと止血剤も使ってるが出血が止まらない」

村田
「やめろーーーー!!
絶対大丈夫 絶対助かる
お前は死なねぇぞ 頑張れ我妻」

愈史郎の言葉に動揺を隠せないのは村田隊士たちであった。
そんな隊士たちを横目に冷静に淡々と状況を伝える愈史郎。

愈史郎
「お前の戦ってた上弦は まだ自分の術や能力を使い熟せてなかった
運のいいことだ 戦いが一年後だったら即死だったろうな」

村田
「気が滅入ることばっか言ってんじゃねーーーーーー!!!」

愈史郎
「大声出すから
鬼が来たぞ いい的だな」

―愈史郎―
無惨以外が鬼を増やせない中 珠代の力で鬼となった唯一の個体
素知らぬ顔で隊服を着用し紛れ込んでいる
隊員の救護及び援護を珠代から言いつけられていた

村田含め行動を共にしていた隊員達は
“妙な気配だなぁ”と考えつつも まさか鬼だとは思っていなかった
前述の通り 珠代が鬼にした唯一無二の者故に

村田隊士たちが襲ってきた鬼と戦っている姿に少しの煽りの言葉を発言し、
善逸を壁際に寄せながら“眼”を使い空間の様子を伺う。

愈史郎
「………まずいな 遭遇する」

 

再会と肉塊

しのぶの訃報を伝達鴉から受け取った炭治郎と義勇。
その後はひたすら空間を駆け、無惨の元へと歩を進めていた。

炭治郎
(上弦と全く遭遇しない
無惨のいる場所はまだ遠いのか!?
他のみんなはまだ無事か!?
しのぶさん……!!きっと勝ちますから
きっと皆が…俺たちが!!)

ガガガガ ゴゴゴゴ
炭治郎・義勇
「!?」

他の隊士や亡きしのぶへの想いを胸にひた走る二人の足元、
それだけではなく周辺の空間が突如大きく揺れ始める。

義勇
「何だこの揺れは!!」
炭治郎
「ぎ 義勇さん」

義勇
「止まれ!!落ちつけ」

炭治郎
(また誰か戦ってるのか!?
また誰かが死んでしまうのか!!
…いや違う こっちに近づいてる?この匂いは……)

義勇
「上だ!!炭治郎 下がれ!!」

ドォン!!
猗窩座
「久しいなァ よく生きていたものだ
お前のような弱者が 炭治郎!!」

炭治郎
「猗窩座ァァアア!!」

匂いで誰が来るかを理解したのと同時に義勇が叫ぶ。
眼前に現れたのは、上弦の参・猗窩座であった。
猗窩座を目の前にした炭治郎には、以前の戦いを思い出し怒りを露わにした。

一方一人、鬼舞辻無惨の元で囮となり無力化していた珠代。
再生の過程で肉塊と化している無惨の塊の中で尚も意識を保ち必死に耐えていた。

珠代
(恐らくこの…肉の繭のようなものの中で
人間に戻る薬を分解しているのね
いずれ私も取り込まれる お願い誰か早く来て
お願い…!!)

【第146話】「誇り」の考察・感想

考察・感想

辛い気持ちと悔しい気持ちで戦い終えたであろう戦いが無事に終わり
夢の中だったとしても、師匠の言葉で救われた善逸。
同志のやりとりに少し、ホッと気持ちが緩まされる回でした!

ですが、全ての上弦を退けたわけでも、ましてや大元を断ち切れたわけでもない
予断を許さない状態はまだ続きます。
数名の隊士の戦いを経て、いよいよ炭次郎が上弦と対峙しました。
それも、前回戦って歯が立たなかった相手“猗窩座”。
成長した炭次郎、この上弦とどう戦っていくのか。
次回がとても楽しみですね!

次回掲載日:2月25日発売 週刊少年ジャンプ13号

次話
次話【第147話】「小さな歯車」はこちらからどうぞ!

鬼滅の刃【第147話】最新話のネタバレ!炭治郎の成長!

2019年2月25日

 

無料で読める!お得に読める!おすすめ電子書籍サイトはコレ!!

「新刊を無料で読みたい!」
「お得にマンガが買えるところないかなぁ~」
「無料でいろんなマンガ読めるところはないのかな?」
そんなあなたの希望を叶えます!
希望を叶えるのはコチラ!
  • U-NEXTで無料ポイントをもらって、新刊を無料で読む!
  • FODで無料ポイントをもらって、新刊を無料で読む!
  • ebookjapan超お得にマンガを買う
  • まんが王国無料マンガを読み漁る
 

↓↓↓電子書籍サイト、ぞれぞれの特徴はコチラ↓↓↓

 
無料
体験
期間
無料期間
付与ポイント
月額金額 書籍数 無料作品数 購入方法

登録率
No.1

U-NEXT 31日間 600p 1,990円 42万冊 500作品
以上
毎月
1,200p付与

無料
ポイント数
No.1

FOD 1ヶ月間 合計1300p
(8,18,28に
400pづつ付与)
888円 15万冊 1,000冊
以上
毎月
合計1,300p付与

お得度
No.1

ebook
japan
永年無料 半額クーポン
(500円まで)
無し(0円) 58万冊 2,000作品
以上
都度購入

無料作品数
No.1

まんが王国 無し 半額クーポン 300円~
10,000円
(全8コース)
6万冊 3,000作品
以上
月額コースの
ポイント

↓↓↓まずは気になる電子書籍サイトを体験♪↓↓↓

U-NEXT登録率No.1

無料期間中に解約で
\お金は一切かからない!/

登録してすぐに600pもらえるから、すぐに1冊マンガが読める!
更にアニメの動画も見放題だから、特に学生におすすめ

FOD無料ポイント数No.1

無料期間中に解約で
\お金は一切かからない!/

無料ポイントが最多の合計1300p
読みたいマンガが2冊も読めちゃう!!

ebookjapanお得度No.1

\70%ポイント還元?!/

月額料金は永年無料!退会し忘れて、お金を請求させる心配なし!
ポイント還元率は電子書籍サイトの中でNo.1

まんが王国無料作品数No.1

\3000作品以上が無料で読める/

無料会員登録で3000作品以上を無料で読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です