ワールドトリガー【22巻】最新刊ネタバレ!ヒュースがベイルアウト?!絶体絶命のピンチに千佳が?!

21巻から始まったB級最終ランク戦の結末までが集録されている、激熱のワールドトリガー22巻

激アツの展開からまさかの結末までが一気に読めるのでめちゃくちゃ面白い巻になっています!
これまで読んできた人も、読んでいない人も絶対に興奮すること間違い無いのでこの記事を読むか、ワールドトリガー22巻を買って見て下さいね!。

U-NEXTなら!

B級最終ランク戦の
激熱な結末が集録された22巻。
絵で見なきゃ損!

僕はU-NEXTの無料ポイントで
22巻無料で読んじゃいました!
 
それにワートリのアニメも31日間タダで見放題

 

>>U-NEXTで今すぐ無料で読む!

 

(31日間の無料期間中に解約でお金は一切かかりません)

 

緊急脱出(ベイルアウト)寸前のヒュースの結末は?

21巻の最後では、千佳のメテオラが弓場隊の外岡に阻止され、ヒュースが生駒隊、弓場隊、二宮隊に囲まれるという絶体絶命な場面が描かれていました。

強い3部隊に完全に囲まれているのに、ここまでしのげているのは凄すぎると解説の王子も絶賛。
囲んでいる部隊もそれぞれ警戒し合い、それぞれの思惑があり、ヒュースを倒し切るのではなく、あえて生き残らせることで、他の部隊の出方を伺っています。

ヒュースは、通常弾(アステロイド 本当は変化弾(バイパー))とエスクードを駆使して、脱出しようとしますが、犬飼と水上の中距離に強い二人に邪魔をされてしまう。

解説の小南は「早く隠し玉使いなさいよ。」と言いますが、ヒュースは隠し玉を出しません。
この隠し玉とは、通常弾(アステロイド)に見せかけた変化弾(バイパー)のことです。

隠し玉の存在を知っている犬飼は、「出し惜しみする必要無いでしょ。」と隠し玉に警戒できていますが、変化弾(バイパー)だとは知らず、他の部隊は隠し玉の存在にも気付いていません。

烏丸は「ヒュースはきっちり弾道を弾くことができる。どんな相手にも一発目は刺さるはずだ」と言います。

ヒュースは生駒が旋空を出すタイピングでエスクードで生駒を飛ばし、一気に自分も飛んで囲みを抜けようとしました。
しかし、飛ばされても生駒はアクロバティックな旋空でヒュースに攻撃。エスクードで飛ぼうとしたヒュースでしたが、旋空を警戒して回避しようとしましたが、足を切られてしまいます。

この時、エスクードの角度から、ヒュースはエスクードでジャンプして、囲いを抜けて一気に二宮の元まで行こうとしていました。これを見て王子は「ヒューストンは隠し玉を二宮さんに使いたかったみたいだね。ヒューストンが二宮さんを倒すというのが玉狛の筋書きだったのかな?」と解説します。

それが失敗に終わり、ヒュースの顔には亀裂ができ、ベイルアウト間近。囲んでいる部隊はヒュースが落ちた後の戦闘を意識し始めました。

激戦の中、再び生駒が旋空を仕掛けます。このタイミングでヒュースは生駒に攻撃します。
しかし、生駒の動きはフェイクで、海がヒュースに向かって斬りかかっていました。

‥ここ!!

小南が叫ぶ。

生駒へ向けた攻撃は変化弾(バイパー)で、生駒のシールドを避け、生駒の体を貫きます
生駒はこれでベイルアウト。海にヒュースを託しました。

しかし、生駒を貫いたバイパーはまた曲がり、海の前にまで迫ってきた。
那須さんかよ!」と海が言い、当りかけましたが、水上がシールドで海を守り、ヒュースはそのまま斬られて緊急脱出(ベイルアウト)してしまいます。

そして、水上はシールドをしたため、反応が遅れ、弓場に落とされてしまいました。

千佳はヒュースが落とされたことを自分のせいだと責めますが、ヒュースは「訓練通り打たせてやれなくて悪い。遊真と修を頼む」と言われ、千佳は戸惑いつつも、覚悟を決めたような顔をします。

 

ヒュースが落とされた後、過熱する激戦

ヒュースを囲っていた各部隊が次々と戦います。
弓場隊の弓場と帯島の二人がひとりになった海を崩しにかかりました。

しかし、犬飼が二宮達と合流することを危惧する弓場に、帯島は「南沢先輩は自分が倒すっす!犬飼先輩を追って下さい!」と決意の一言。その顔を見て弓場は帯島に海を任せることに。

弓場は犬飼のシールドを貫通し、片腕を落とします。

一方、玉狛を静かに追いかけていた外岡は、千佳を落とすタイミングを伺っていました。
遊真と修が海を倒しに動いた後、千佳は一人になり、追跡弾(ハウンド)を打つ構えを見せます。

外岡はその瞬間に千佳を狙撃しました

しかし、これを千佳はガチッとガード。これらの動きは全てフェイクで外岡の場所を見つけるために、あえて射線が左だけ空いているビルに潜み、外岡が撃ってくる方向を絞っていたんです。

千佳はハウンドを外岡に向かって撃ちますが、かわされてしまいます。
しかし、かわした瞬間を生駒隊の隠岐がドンっと一発。撃ち抜きました
外岡はベイルアウト。

生駒隊が倒したことで外岡を打たなくてよくなったことにほっとする千佳。
すぐに、自分を戒めて「ちがう、ちがう」と自分を説得します。

その隠岐に二宮から攻撃が飛んできました。
ハウンドだろうと予測して、かわしますが、合成弾の強化追跡弾(ホーネット)でした。

ハウンドではあり得ないほどのすごい角度で曲がってきます。
二宮さんが近づいてきていると思い、逃げようとしますが、辻の旋空によってスパッと斬り落とされてしまいます。

そして、辻と二宮が犬飼のサポートに駆けつけ、遊真は帯島と海の一騎討ちのところに参入しました。

 

終盤戦、戦いの結果はいかに?

まず、遊真達のところで動きがありました。
近くに修がいると仮定すると、1vs 1 vs 2となり、帯島と海にとっては不利になるので、共闘しようとしますが、帯島は目先の一点をとるために海を落とします。

王子は「二点とるためにやってきた遊真、自分が手負いのため是非とも共闘したい海の狙いを分かった上で敵の狙い通りにさせないために1点を取ったのはエライ」と帯島を称賛。

一騎討ちとなった遊真対帯島は、激戦となりますが、 遊真がスコーピオンを投げ、そのスコーピオンを曲げて帯島に当て、そのスコーピオンをピンボールのようにグラスホッパーで反射させ、帯島を釘付けにし、なんとか抜け出したところで遊真が「帯島ちゃんは強くなるよ。俺が保証する」と言い残し、とどめの一撃を食らわせました。

そして、二宮隊三人と一人で戦っている弓場は、ピンチを迎えます。
二宮が揺さぶり、二人がとどめを刺そうとしたところに、千佳はメテオラで強襲。

しかし、二宮のホーネットが大体のメテオラを撃ち落とし、撃ち落とせなかった分はバンっと周りに落ち、爆発しますが、致命傷とはなりません。
修はこの戦いの近くで身を隠し、千佳に逐一指示を出していました。

二宮はひとりになっても攻めてくる弓場に、自分一人で攻めていき、他の二人にメテオラをさばかせます。
21巻の180話で草壁隊の里見が言っていたタイマン最強同士の熱い戦い。

突っ込んでくる弓場に頭上から時間差でハウンドを落とし、射程内まで入りましたが、ギリギリのとことで二発目のハウンドが弓場に当たり、一手の違いで二宮が勝利しました。

 

玉狛第二対二宮隊の一騎討ち!最終決戦を方のはどっちだ?!

玉狛第二と二宮隊は三人同士で残っています。
玉狛は全員バックワームをつけ、隠れていますが、二宮隊はバックワームを着ずに、周りの建物をどんどん爆撃していきました。

これは、ワイヤー陣を作らせないことと、千佳に撃たせて場所を特定する狙いがあると小南と荒船が言います。
いったん落ち着いたところで、玉狛は最後の攻撃を始めました。

遊真と修が反対側から少しずつ二宮隊に攻撃を仕掛け、千佳が攻撃する隙を作り出そうとします。
二宮隊は冷静に対応しつつ、千佳に警戒。

しかし、一瞬の隙を見逃さなかった二宮はフルアタックで遊真が大ダメージ。
二宮が遊真に近づいたところで、玉狛第二の三人が一斉に二宮を攻撃しますが、防がれてしまいました。

千佳の場所がバレたため、犬飼と辻は千佳を落としに。
修は狙っていた二宮との2vs1の状況になったので、千佳に鉛弾(レッドバレット)で二人を抑えてもらって、その隙に二宮を落とそうとします。

二宮がフルアタックをし始めた瞬間、修は二宮を攻撃。
しかし、二宮隊は千佳を攻撃するというのはフェイクで、辻はUターンして修を落としにいきます。

修が落とされかけたその瞬間、なんと千佳は辻をアイビスで一撃で撃ち落とします!

そして、修はそれに気づかず、二宮を攻撃。
しかし、二宮はさらりとその攻撃をかわしてしまいました。

失敗したのか?そう思った瞬間、修と烏丸は一言。「勝った。」と。
なんと、修の撃った弾はアステロイドではなく、ハウンドだったんです!

トリオンが元々小さかった修は、アステロイドとハウンドの見分けが付きづらく二宮の体をグシャグシャに貫きます。
そして、遊真がとどめの一撃を入れ、見事、二宮を落としました。

残った犬飼は千佳を落とし、どう転がっても、順位が変わらないことから、犬飼が自発的にベイルアウトして戦いは終わります。

U-NEXTなら!

B級最終ランク戦の
激熱な結末が集録された22巻。

え?
この激熱の展開を絵で見てないの?!
それは絵で見なきゃ損!

だって、僕はU-NEXTの無料ポイントで
22巻無料で読んじゃったし!
 
それにワートリのアニメも31日間タダで見放題

 

>>U-NEXTで今すぐ無料で読む!

 

(31日間の無料期間中に解約でお金は一切かかりません)

戦いが終わった後と解説による総評

この後、試合を終えた玉狛第二の会話や解説による試合の総評が行われます。

それに関しては、以下の記事にて詳しく解説していますので、是非読んでみて下さい。

ワールドトリガー【196話】最新話ネタバレ!解説者がヒュースに脱帽!?最終戦の全容があきらかに!

2020年5月2日

 

まとめ

この22巻は修たちの遠征選抜試験を受けられるかどうかがかかった一番難しく、一番勝ちたかった試合です。
緻密に作戦を練り、ヒュースが大健闘し、いくつもの困難を乗り越え、ついに勝利を掴むまでが描かれています。

個人的には二宮隊、弓場隊、生駒隊と敵チームにも魅力的なキャラが多く、玉狛第二の成長が感じられる巻になっていると思うので、一番好きな巻になりそうです。

今後の遠征選抜試験も毎試合、こんなに熱い試合があるのかと思うと、本当に楽しみですし、どんな展開になるのか全くわからないので、本当に時間が待ち切れないですよね!

是非、他の考察記事を読みつつ、自身でも今後の展開を予想してみて下さい。

無料で読める!お得に読める!おすすめ電子書籍サイトはコレ!!

「新刊を無料で読みたい!」
「お得にマンガが買えるところないかなぁ~」
「無料でいろんなマンガ読めるところはないのかな?」
そんなあなたの希望を叶えます!
希望を叶えるのはコチラ!
  • U-NEXTで無料ポイントをもらって、新刊を無料で読む!
  • FODで無料ポイントをもらって、新刊を無料で読む!
  • ebookjapan超お得にマンガを買う
  • まんが王国無料マンガを読み漁る
 

↓↓↓電子書籍サイト、ぞれぞれの特徴はコチラ↓↓↓

 
無料
体験
期間
無料期間
付与ポイント
月額金額 書籍数 無料作品数 購入方法

登録率
No.1

U-NEXT 31日間 600p 1,990円 42万冊 500作品
以上
毎月
1,200p付与

無料
ポイント数
No.1

FOD 2週間 合計1300p
(8,18,28に
400pづつ付与)
888円 15万冊 1,000冊
以上
毎月
合計1,300p付与

お得度
No.1

ebook
japan
永年無料 半額クーポン
(500円まで)
無し(0円) 58万冊 2,000作品
以上
都度購入

無料作品数
No.1

まんが王国 無し 半額クーポン 300円~
10,000円
(全8コース)
6万冊 3,000作品
以上
月額コースの
ポイント

↓↓↓まずは気になる電子書籍サイトを体験♪↓↓↓

U-NEXT登録率No.1

無料期間中に解約で
\お金は一切かからない!/

登録してすぐに600pもらえるから、すぐに1冊マンガが読める!
更にアニメの動画も見放題だから、特に学生におすすめ

FOD無料ポイント数No.1

無料期間中に解約で
\お金は一切かからない!/

無料ポイントが最多の合計1300p
読みたいマンガが2冊も読めちゃう!!

ebookjapanお得度No.1

\70%ポイント還元?!/

月額料金は永年無料!退会し忘れて、お金を請求させる心配なし!
ポイント還元率は電子書籍サイトの中でNo.1

まんが王国無料作品数No.1

\3000作品以上が無料で読める/

無料会員登録で3000作品以上を無料で読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です