ワールドトリガー 【第182-183話】最新話のネタバレ!とりまるがにのまるに!

 

2019年8月3日発売、ジャンプSQ9月号の最新話!

ワールドトリガーを読んだので、

【第182話】「玉狛支部⑥」【第183話】「玉狛支部⑦」のネタバレ・感想をまとめました。

 

〜最終戦を目前に貴重な情報を得た三雲と空閑。
次なる手を考案するべく、ある者を頼る…!~

 

前話・次話
前話【第180-181話】「里見一馬」「弓場拓磨」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

ワールドトリガー 【第180-181話】最新話のネタバレ!弓場隊と草壁隊の里見が登場!

2019年7月5日
次話【第184-185話】「弓場隊」「二宮隊②」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

ワールドトリガー 【第184-185話】最新話のネタバレ!最終戦を前にイコさん面白すぎる

2019年9月4日

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

【第182話】「玉狛支部⑥」のネタバレ

緑川への借り

緑川
「あーー!迅さん!」

空閑
「おつかれー」

弓場隊の隊室を後にした空閑と緑川の2人は、廊下で迅と修と合流する。


「おーう」


「おかえり」

緑川
「迅さん個人ランク戦しに来たの!?
レアじゃん!」


「最近はちょくちょく来てるぞ」

緑川
「じゃあオレとも対戦しよう!」


「いや〜今日はもう太刀川さんたちと散々戦ったから…」

緑川
「えぇ〜〜!」

残念がりながら、緑川はちらりと空閑の方に視線を移す。
それを察した空閑。

空閑
「迅さん…じつはわたくし
今回しゅんに借りができまして…」


「ははあ…なるほど
OKOK じゃあ10本先取な」

緑川
「いやっほーーーい!」


「ありがとうございます」


「なーに 実力派エリートが大人気なのはいつものことだから」

迅と緑川は、模擬戦のブースへ歩いて行きました。


「駿と対戦するの久々だな〜
腕あがった?」

緑川
「それは勝負してからのお楽しみだね!」

情報の整理

修や空閑たちは玉狛支部の基地に戻り、
メンバーたちと情報の整理を始める。


「よし……それじゃあ
それぞれが集めた情報を整理しよう まずは弓場隊から」

空閑
「今回会ったのは2人だけど ゆばさんはかなり強かったな」

空閑曰く、弓場の射撃はログで見るより構えが早く目で追えないスピード。
トリガーの射程と弾数を切り詰めた分、威力と弾の速度にトリオンを注ぎ込んでいると、ほぼ確信している。

空閑
「ほかの銃手の〝射程を使ってじっくりと削る〟戦法とはそもそもの考え方がちがうっぽい」


「里見先輩は弓場さんのことを
〝1対1の近距離でよーいドンなら二宮さんにも勝つかも〟って言ってたから

今回空閑がやられたのは
弓場さんが一番得意な状況だった可能性はあるな」

空閑
「それはそうかも
シールド張るのも間に合わなかったから
見てからどうにかするのは無理だな」

空閑は対策として、分厚い壁等で攻撃を防ぎ、弾切れの隙を狙う、もしくは修のワイヤーで相手の足を鈍らせるか、等が有効ではないかと説明する。

宇佐美
「ヒュースくんのエスクードも使えそうだね!」

空閑
「あとはやっぱり ゆばさんの射程の外で戦うのが大事だと思う」


「と いうことは ぼくとヒュースの射程が長い攻撃か
千佳の鉛弾狙撃で狙うのが良さそうだな」

千佳
「………」

物言いたそうな千佳に、ヒュースは視線を送る。


「弓場さんは記録だと たまに変化弾使ったり
バッグワーム着て奇襲したりしてたけど…」

空閑
「そのへんは相手によって使い分けてるっぽいな

通常弾で割り殺せる相手には両攻撃でシールドごと押しつぶす
トリオンが高くて守りが堅い相手には
変化弾や奇襲を使って〝崩し〟を入れてくる

トリオン高いヒュースや千佳は〝崩し〟を警戒したほうがいいかも」

ヒュース
「わかった」


「弓場隊のもう1人のほうは?」

空閑
「万能手のおびしまちゃんは孤月しか見れなかったけど
動きが軽くて守りがうまい感じだったよ

最近の記録だと射手のトリガーも使ってたけど
元々は孤月メインの攻撃手なんじゃないかな

イメージとしてはなす隊の攻撃手の人みたいな…」

宇佐美
「熊ちゃんだね」


「なるほど…」

空閑
「ゆばさんのカバー役をやってることが多いっぽいから
できれば1人のときに落としたい相手だな

おれのほうはこれくらいかな
ゆばさんと直接勝負できたのはでかかったよ」

陽太郎
「ふむふむ おさむのほうはどうだった?」


「ぼくが里見先輩から聞いた話は…」

二宮対策

ヒュース
「…なるほど1対1の得意戦法か
過去の記録でもそれらしい得点シーンはあった」

宇佐美
「わたしもそれ聞いたことあるかも
二宮さんの変則両攻撃」

陽太郎
「ヒュースならにのみやと1対1で勝てるか?」

ヒュース
「トリオンならオレに分がある…が
二宮の戦法に一度でも受けにまわれば
おそらくオレでもそのまま落とされるだろう」

陽太郎
「ふむ…?なんでそうなる?」

ヒュース
「二宮の二種類の弾丸を防ぐには こちらも二種類のシールドを同時に使う必要がある
だが同時にシールドを使っている間は攻撃用のトリガーを使えない

防御はできても反撃はできず いずれは崩されてダメージを追う
固めた相手に一方的に攻撃できるのが二宮の戦法の強さの理由だ

陽太郎
「じゃあ ヒュースがおなじせんぽうをつかったら……?」

ヒュース
「その場合はオレも両手に弾丸のトリガーを装備して
なおかつ先手を取る必要があるが…
単独行動での両攻撃は防御がガラ空きになるというリスクがある」


「…!」

ヒュース
「前の試合での二宮も 敵の狙撃手の位置が判明していない時は
片手を空けて守りに使っていた

〝最後に残った2人で1対1の勝負〟という状況でもない限りは…
ノーガードのリスクを背負って両攻撃を狙うよりも
味方と合流して連携するほうが現実的だろう

実際に二宮の〝1対1〟が減っていることが それを裏付けている」

陽太郎
「ふむぅ」

空閑
「ってことはやっぱり
昨日しおりちゃんが言ってた〝チカが守ってヒュースが撃つ〟って作戦が かなりよさそうだな」


「たしかにそうなるな…
(……でも たぶんそれだけだと……)」

陽太郎
「そのことについてちかちゃんからおしらせがあります

千佳の決意


「お知らせ…?」

千佳
「…わたし 次の試合は
ふつうの弾も撃つよ


「…!?」

動揺する修と、冷静な空閑。


「ふつうの弾って… 鉛弾じゃない弾丸のことか……!?」

千佳
「うん 栞さんやヒュースくんとも話したんだけど」

ヒュース
「千佳が誘導弾や炸裂弾を素で撃てれば
かなり楽に点を取れるだろうし 二宮にも撃ち勝てる

つまりは栞の作戦案の逆パターンだ
千佳が撃ってオレたちが守る」


「……!」

確かにそれができるなら、火力で大きく有利を取れる玉狛だが、修の不安は消えない。


「千佳おまえ…本当に撃てるのか?」

黙り込む千佳と、悲しげに見つめる宇佐美。
しかし千佳は口を開く。

千佳
「…撃てると思う自分の中の撃てない理由がわかったから


「………」

空閑
「いいじゃん
チカが撃てると思ったんなら おれはやってみたらいいとおもう
決めるのはチカ自身と 隊長のオサムだ


「……!
(空閑がこう言ってるってことは 千佳は嘘を言ってないってことか…)」

千佳
「………」


「……わかった その作戦でいこう…ただし
千佳が実弾を撃つタイミングはこっちで指示する
焦って適当に撃っちゃだめだ」

千佳
「…うん…!」

空閑
「仮ににのみやさんと撃ち合うなら チカを守る役は…」

ヒュース
「トリオン能力的にオレになるだろうな
だが昨日も言ったように オレと千佳が合流できない可能性はある」

宇佐美
「うーんどっちにしろ結局 〝別案〟が必要ってことだね……」


「…… 宇佐美先輩例えばですけど…
訓練室で…こういうことってできますか?」

同時刻、商店街にて、
街を歩く烏丸のポケットの携帯が鳴り始める。

烏丸
「どうした?修」


「すみません烏丸先輩
うちの部隊に力を貸してもらいたいんですが…

烏丸
「…わかった ちょうど今そっちに向かってる」

 

ここで、182話は終了します。

 

【第183話】「玉狛支部⑦」のネタバレ

仮想・二宮

玉狛支部に烏丸が帰宅し、作戦の続きが始まる。

烏丸
「…で?俺は何をすりゃいいんだ?」


「烏丸先輩には
仮想・二宮さんをやってもらいたいんです」

烏丸
「仮想・二宮さん…?」


「宇佐美先輩に訊いたところ
訓練室からトリオン量の設定もいじれるらしくて…」

烏丸
「つまり俺を二宮さんとおなじトリオン量の設定にして
おまえらと戦うってことか」


「はい」

烏丸
「俺は本職の射手じゃない
二宮さんの技術には敵わないぞ」


「記録で見つけた両攻撃のシーンがいくつかあるんで
それを真似してもらえれば…」

宇佐美
「とりまるくん器用だから大丈夫だよ〜」

空閑
「ヒュースでもにのみやさん役できそうではあるけど…」

ヒュース
「それだとオレ自身の訓練ができないからな」

烏丸
「…なるほど…ちょっと待て」

烏丸は携帯を取り出し、誰かと電話を始める。

烏丸
「…おつかれさまです すみません今日の晩メシ当番代わってもらえません?
修たちの訓練に呼ばれてて…迅さんに?いや目上の人は頼みにくいでしょ…え?…まぁ…そうですね
…いや尊敬してます 尊敬してますよ本当に
今度俺が当番代わりますから…はいよろしく」

電話を切る烏丸。

烏丸
「…話はついた OKだ」


「(相手は小南先輩だなきっと…)」

隊服に着替え、訓練室に入った一同。
烏丸はなぜか服装まで二宮のスーツになっている。

烏丸
「じゃあ始めるか」


「よろしくお願いします!」

一方玉狛リビング。


「…あれ?今日の当番小南だっけ?」

小南
「代わってあげたの!あたし優しいから!」

仮想・二宮と1対1を選ぶ理由

訓練室では、二種類の攻撃でヒュースの防御を削る仮想・二宮の烏丸の姿が。
エスクードやシールドを削り切り、本体にダメージを与え、ヒュースの戦闘体は活動限界に。、

ヒュース
「やはり 先手を取られると苦しいな」

空閑
「でも今回のはけっこう耐えたじゃん
エスクードもう一個間に合えばいけるんじゃない?」

ヒュース
「いや 二宮はおそらくさらに速い」

ヒュースと空閑が対策を練っている間に、烏丸は修に問いかける。

烏丸
「…二宮さん対策なのはわかった
けどなんで〝1対1〟の設定なんだ?
二宮さんに有利を取りたいなら
両攻撃を〝使わせない〟対策をするべきなんじゃないか?」


「…僕も最初はそう思いました
…けど今はちょっと考えが違ってて

二宮さんが1対1で使う両攻撃は超強力ですけど
逆に言えば〝確定で防御が開く瞬間〟でもある

つまりこっちが1対1の状況を用意すれば
二宮さんに大きな隙を作れると思うんです

今手伝ってもらってるのは
隙ができるタイミングを覚える訓練と
1対1を長引かせて二宮さんの隙を持続させる訓練なんです」

烏丸
「…つまり 二宮さんの両攻撃を〝防ぐ〟ための対策じゃなくて
〝あえて使わせてその隙を突く〟ための対策ってことか」


「はい」

烏丸
「おまえたちの狙いは理解できる…が
二宮さんが1対1の誘いに乗ってこなかったらどうするんだ?
単独1位の二宮隊が わざわざヒュースと1対1で撃ち合う必要はないだろ」


「〝二宮隊〟はそうかもしれません でも
〝二宮さん〟は乗ってくると思います」

烏丸
「何か確信があるのか?」


「確信ってほどじゃないですけど…まあ…」

対策を練っていた空閑がこちらに手を振る。

空閑
「とりまる先輩〜ゆばさんの早撃ちもやってよ」

ヒュース
「生駒の旋空もやってくれ おまえならできる」

烏丸
「無茶言うな」


「……」

修は、過去の二宮との対戦や焼肉での会話等から、
「意外にも理屈より感情で動くタイプなのでは?」とプロファイリングしていた。


「(二宮さんが1対1の状況になったら
多少の危機があっても勝負してくる
そういう展開があるはず……!)」

最終戦に向けての追い込み

訓練を終えた玉狛支部の面々は、
リビングに集まり、小南の作ったカレーを食べている。

空閑
「こなみ先輩のカレーは最高にうまいな」

小南
「あたりまえでしょ〜!」


「ごはんのあとも烏丸先輩に手伝ってもらって対策の続き
明日は本命の千佳とヒュースの連携を軸にした訓練だ」

千佳
「…うん!」

宇佐美
「了解!」

宇佐美
「そういやあたし最終戦の解説に呼ばれたから
玉狛支部として恥ずかしくない試合しなさいよね!」

空閑
「こなみ先輩が解説…」

烏丸
「大丈夫なんすか?」

宇佐美
「ふつうにやったことあるんだけど!」


「よし…最後の追い込みだ 行こう」

そして、3月5日。
B級ランク戦 ROUND8 夜の部
最終戦の日を迎えるのでした。

 

ここで、183話は終了します。

 

【第182-183話】「玉狛支部⑥」「玉狛支部⑦」の感想

感想

最終戦を目前に具体的な対策を練っていく玉狛支部。
まさかとりまるに仮想・二宮をさせるとは思いませんでしたね〜
作中では「にのまる」と紹介されていました笑

二宮隊だけでなく、生駒隊、弓場隊と強力な相手ばかりの最終戦。
無事勝利し、遠征につなげることができるのか!?

次回、184話収録のジャンプSQ.10月号の発売日は、9月4日(水曜)です。

次話
次話【第184-185話】「弓場隊」「二宮隊②」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

ワールドトリガー 【第184-185話】最新話のネタバレ!最終戦を前にイコさん面白すぎる

2019年9月4日

無料で読める!お得に読める!おすすめ電子書籍サイトはコレ!!

無料
体験
期間
無料期間
付与ポイント
月額金額 書籍数 無料作品数 購入方法

登録率
No.1

U-NEXT 31日間 600p 1,990円 42万冊 500作品
以上
毎月
1,200p付与

無料
ポイント数
No.1

FOD 1ヶ月間 合計1300p
(8,18,28に
400pづつ付与)
888円 15万冊 1,000冊
以上
毎月
合計1,300p付与

お得度
No.1

ebook
japan
永年無料 半額クーポン
(500円まで)
無し(0円) 58万冊 2,000作品
以上
都度購入

無料作品数
No.1

まんが王国 無し 半額クーポン 300円~
10,000円
(全8コース)
6万冊 3,000作品
以上
月額コースの
ポイント

↓↓↓まずは気になる電子書籍サイトを体験♪↓↓↓

U-NEXT登録率No.1

無料期間中に解約で
\お金は一切かからない!/

登録してすぐに600pもらえるから、すぐに1冊マンガが読める!
更にアニメの動画も見放題だから、特に学生におすすめ

FOD無料ポイント数No.1

無料期間中に解約で
\お金は一切かからない!/

無料ポイントが最多の合計1300p
読みたいマンガが2冊も読めちゃう!!

ebookjapanお得度No.1

\70%ポイント還元?!/

月額料金は永年無料!退会し忘れて、お金を請求させる心配なし!
ポイント還元率は電子書籍サイトの中でNo.1

まんが王国無料作品数No.1

\3000作品以上が無料で読める/

無料会員登録で3000作品以上を無料で読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です