鬼滅の刃【第145話】最新話のネタバレ!すれ違ってしまった二人の過去!!

2019年2月9日発売、週刊少年ジャンプ11号の最新話!

鬼滅の刃を読んだので

【第145話】「幸せの箱」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

 

前話・次話
前話【第144話】「受け継ぐ者たち」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

鬼滅の刃【第144話】最新話のネタバレ!産屋敷家の想いと善逸の過去!!

2019年2月4日
次話【第146話】「誇り」はこちらからどうぞ!

鬼滅の刃【第146話】最新話のネタバレ!再開、上弦の参、猗窩座(あかざ)!!

2019年2月18日

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

 

前話までのあらすじ

過去、同じ人を師と仰いできた善逸と獪岳。
現在、そんな兄弟子は自身の声も届かない鬼という存在になってしまった。
けじめをつけるための兄弟子との戦いに決着の時が訪れる。

【第145話】「幸せの箱」のネタバレ

獪岳の過去

~獪岳回想~
圧倒的強者に跪くことは恥じゃない
生きてさえいれば なんとかなる
死ぬまでは 負けじゃない

地面に頭をこすりつけようが 家が無かろうが 泥水をすすろうが
金を盗んだことを罵られようが 生きてさえいれば
いつか勝てる 勝ってみせる そう信じて進んできたんだ

上弦の壱“黒死牟(こくしぼう)”と対峙し、
あまりの恐怖にひれ伏した獪岳に差し出された一つの誘惑。

黒死牟
「鬼となり…さらなる強さが…欲しいか…お前も…
あの方に…認められれば…我らの…仲間と…なるだろう…
強い剣士程…鬼となるには…時間がかかる…
私は丸三日かかった…

呼吸が使える者を鬼とする場合…
あの方からの血も…多く頂戴せねばならぬ…
そして稀に…鬼とならぬ体質の者も………
存在するが…お前は…どうだろうな…
有り難き血だ…一滴たりとて零すこと罷り成らぬ…
零した時には……お前の首と胴は泣き別れだ」

あの時、両の掌に注がれた鬼の血を眺め、目の前の黒死牟が語る言葉をたよりに
強くなる、生き延びることのできる一つの希望を拒絶する必要など獪岳にはなかった。

体中の細胞が 絶叫して泣き出すような恐怖
あれに比べれば こんな小物(善逸)大したことはない
力をつけた所で上弦には及ばない

我妻善逸 こいつはカスだ
いつもベソベソと泣いていた 何の矜持も根性もない
こんなカスと二人で後継だと抜かしやがった糞爺!!

獪岳
「死んで当然なんだよオオ!!
爺もテメェもォオ!!」

“雷の呼吸 弐ノ型” 『稲魂(いなだま)』
獪岳の放つ黒い稲妻のような斬撃は、
上下左右、全方向から善逸に向かっていく。

善逸
(一息で瞬きの間に五連撃)
「大勢人を喰ったな
もう善悪の区別もつかなくなったんだな?」

獪岳
「善悪の区別はついてるぜ!!」
“参ノ型” 『聚蚊成雷(しゅうぶんせいらい)』
「俺を正しく評価し認める者は“善”!!
低く評価し認めない者が“悪”だ!!」
“伍ノ型” 『熱界雷(ねつかいらい)』

獪岳
「どうだ!?血鬼術で強化された俺の刀の斬れ味は
皮膚を!!肉を!!罅(ひび)割って焼く斬撃だ!!」

“雷の呼吸 陸ノ型” 『電轟雷轟(でんごらいごう)』

捲し立てる言葉と共に、止まることなく浴びせられる斬撃。
回転しながらの波状攻撃、蛇のようにうねりながら向かってくる
黒い雷のような斬撃が、部屋中を破壊しながら善逸の身体を傷つけていく。

獪岳
「喰らった斬撃はお前の体で罅割れ続ける
目に体に焼きつけろ 俺の力を
鬼になり雷の呼吸を超えた!!
俺は特別だ お前とは違う お前らとは違うんだ!!」

 

同時掲載
同時掲載されていた作品の最新話

ハイキュー【第337話】最新話のネタバレ!決着!!

2019年2月10日

善逸の胸の内

獪岳に傷つけられ、崩れた部屋と共に落下していく善逸。
自分に向かって叫んでいる獪岳を見上げながら過去の情景が思い浮かんでいた。

鬼殺隊員 1
「雷の呼吸って壱ノ型が全ての型の基本だろ?
壱ノ型だけ使えないってことは結局…なぁ?
他の型ができた所で大したことねえよ
それなのにあの獪岳って奴 えらそうでよ」

鬼殺隊員 2
「柱になんかなれねぇよ どうせすぐ死ぬだろ」

心のない言葉を耳にした善逸は黙っていることができなかった。

獪岳
「上の階級の奴殴ったって? 問題起こすなカスが
お前みたいなのがいるのは本当に恥だぜ」

獪岳が俺のことを嫌っていたのは十分わかっていたし
俺だって獪岳が嫌いだった でも尊敬してたよ 心から
アンタは努力してたし ひたむきだった
いつも俺はアンタの背中を見てた 特別だったよアンタは
爺ちゃんや俺にとって特別で大切な人だったよ
だけどそれじゃ 足りなかったんだな

どんな時も アンタからは不満の音がしてた
心の中の幸せを入れる箱に 穴が空いてるんだ
どんどん幸せが零れていく
その穴に早く気づいて塞がなきゃ 満たされることはない

爺ちゃん ごめん 俺たちの道は分かれた

グルン
落ちていた身体の体制を整え、壁を蹴り上に佇む獪岳を一瞥する。

『ごめん “兄貴”』
“雷の呼吸 漆ノ型” 『火雷神(ほのいかづちのかみ)』
金の稲妻のようなその斬撃と共に善逸は、一瞬でその距離を縮め獪岳の頸を一刀両断した。

獪岳
(みっ…見えなかった!!
何だ!?今の技 速すぎる
俺の知らない型だ何を使った!?)
「畜生!!畜生!!
やっぱりあの爺 贔屓しやがったな!!
お前にだけ教えて 俺に教えなかった」

頸を斬られ、異空間を落下していくなか、
自分が知らなかったものを悔しがり、善逸や師を罵倒する獪岳。

善逸
「違う 爺ちゃんはそんな人じゃない
これは俺の型だよ 俺が考えた 俺だけの型
この技で いつかアンタと肩を並べて戦いたかった…」

 

【第145話】「幸せの箱」の考察・感想

考察・感想

今まで、恐怖の余り気絶しその後ではないと実力を出し切ることのできなかった善逸。
起きている状態で実力を出すことができて、また一歩成長したと喜びたい所でしたが、
その成長に必要だったことは、亡くした師やかつての同志を
斬ることにあったという結果がなんとも悲しい話でした。
最後の善逸のこの言葉が、せめて獪岳の心に届いてほしいと願わずにはいられない回でした。

獪岳の過去に、黒死牟が出てきましたが未だなぞのこの上弦。
『さらなる強さが欲しいか、お前も』といった黒死牟は、
やはり鬼舞辻と因縁のある花札模様の耳飾りの剣士が強さを求めた結果の姿なのでしょうか。

一筋縄ではいかない鬼たちの出現や明かされていく過去、
加速する様々な戦いなど目の離せない展開が次回も楽しみです!

次回掲載日:2月18日発売 週刊少年ジャンプ12号

無料で読める!お得に読める!おすすめ電子書籍サイトはコレ!!

無料
体験
期間
無料期間
付与ポイント
月額金額 書籍数 無料作品数 購入方法

登録率
No.1

U-NEXT 31日間 600p 1,990円 42万冊 500作品
以上
毎月
1,200p付与

無料
ポイント数
No.1

FOD 1ヶ月間 合計1300p
(8,18,28に
400pづつ付与)
888円 15万冊 1,000冊
以上
毎月
合計1,300p付与

お得度
No.1

ebook
japan
永年無料 半額クーポン
(500円まで)
無し(0円) 58万冊 2,000作品
以上
都度購入

無料作品数
No.1

まんが王国 無し 半額クーポン 300円~
10,000円
(全8コース)
6万冊 3,000作品
以上
月額コースの
ポイント

↓↓↓まずは気になる電子書籍サイトを体験♪↓↓↓

U-NEXT登録率No.1

無料期間中に解約で
\お金は一切かからない!/

登録してすぐに600pもらえるから、すぐに1冊マンガが読める!
更にアニメの動画も見放題だから、特に学生におすすめ

FOD無料ポイント数No.1

無料期間中に解約で
\お金は一切かからない!/

無料ポイントが最多の合計1300p
読みたいマンガが2冊も読めちゃう!!

ebookjapanお得度No.1

\70%ポイント還元?!/

月額料金は永年無料!退会し忘れて、お金を請求させる心配なし!
ポイント還元率は電子書籍サイトの中でNo.1

まんが王国無料作品数No.1

\3000作品以上が無料で読める/

無料会員登録で3000作品以上を無料で読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です